悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【192話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は192をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

192話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【191話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は191話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ピアスト・アリア

アリアが脚光を浴びると、バイオレットは幸せそうだった。

彼⼥の隣にいたピアスト侯爵も、バイオレットの幸せな笑顔に満⾜している。

(正体を明らかにするのはバイオレットですが、なぜ私が脚光を浴びているのですか?)

「おめでとう、ピアスト侯爵」

「ようこそ、リント伯爵」

誰もがアリアと話す機会を探していたとき、中年の男性が最初に侯爵と会話をした。

それでも、彼の⽬はアリアに向けられている。

(私を見ないでください、今⽇の主⼈公は違う人なのだから・・・)

リント伯爵がアリアの紹介を望んでいることは明らかだ。

隠すことは何もなかったので、ピアスト侯爵はアリアを⼿招きして笑顔を浮かべる。

「彼女は私の孫娘の、アリアです。ピアスト・アリアです」

ピアスト侯爵は、ロースチェントという名前をもう付けたくないかのように強調した。

「彼⼥は帝国で⽣まれ育ったので、私たちはついにお互いを知るようになりました」

ピアスト侯爵と会話をしたリント伯爵は、彼が⾔おうとしていることの意味に気づいたので、それ以上質問をしなかった。

「お会いできて嬉しいです、ピアスト・アリア夫人」

それからリント伯爵は、帝国ではなくクロア王国のメンバーとして彼⼥を歓迎するかのように、好意を持ってアリアに丁寧にお辞儀をする。

「私たちがこのような偉⼤な⼥性を帝国から奪われたことを残念に思うので、あなたがいることは素晴らしいことでした」

そして、まるでリント伯爵の⼼を表すかのように、誰かが⼤声で現れ、アリアを賞賛した。

「陛下!」

彼は他ならぬローハン。

⼈々は腰をかがめて⾮常に誇らしい顔で彼に挨拶したが、ローハンは自分に礼儀を与えた⼈々を突破してアリアの方に向かう。

「ピアスト・アリア、クロア国に⻑く滞在しませんか?」

⼿の甲にキスをするローハンの笑顔は、かなり陰湿なように見えた。

とても⾃然に素早く⼿を抜いたアリアは、明るい笑顔で挨拶に応える。

「まあ、ごめんなさい。ですが帝国に帰ろうと思っています。私を待っている大切な方がいますから」

彼⼥の⾔葉は無情だった。

それを認めなかったローハンは、⼝を上げて嘲笑し始める。

「帝国の皇太⼦は全てを手に入れていますので、アリア夫⼈がクロア国に留まっても問題はないと思います」

「それは陛下の気にする問題ではないと思います」

「確かにその通りですね。しかし、家族が久しぶりに再会し、あなたがとても冷たく帝国に戻ったとき、あなたは彼らに申し訳ないと思わないのですか?」

ローハンは侯爵夫婦を指差しながら⾔った。

彼はアリアを引き止めるために、侯爵夫婦を利用することを考えているようだ。

そしてバイオレットは、ローハンが望んでいたように、後悔の表情を消すことができず、笑顔で答えた。

「アリアが⼤⼈になった今、彼⼥が家族の腕の中に閉じ込められる時は過ぎました」

「ええ、それは私も理解しています。彼⼥がすぐに⼤⼈になると、彼⼥は⼆度と家族と⼀緒にいることができなくなるので、彼⼥がクロア国を早く去るべきかどうかは疑問に感じただけです」

ローハンは勝ったかのように意気揚々と話す。

家族の話を持ち出したので、アリアが自分に⽴ち向かうことができないだろうと思っていたようだ。

アリアは冷たく無情に答えようとしたが、不思議なことに、何かが喉を絞めているかのように答えることができなかった。

「ですから、少なくともあなたの誕⽣⽇まで滞在するのはどうでしょうか、ピアスト・アリア夫人。誕生日まではもう少しですよね?」

「・・・」

「⼀⽣⼀緒にいる皇太⼦とは異なり、本当の家族と⼀緒に最初で最後の誕⽣⽇を迎えるチャンスかもしれませんから」

何も言い返すことができない。

アリアの隣で、クロア国で誕⽣⽇を過ごすように提案されたときのバイオレットの表情が微かに⽢やかされていたから。

「まあ、それは⼩さなアドバイスなので、あまり気にしないでください。結婚を⼼から祝福します、ピアスト侯爵」

アリアの細⼼の注意にすでに気づいていたローハンは、⾃分の⾔葉だけを残して席に着く。

「気にしないで、アリア夫⼈。あなたがやりたいことをするときが、私は最も幸せですから」

バイオレットはそう⾔ったが、その言葉は彼⼥をより緊張させた。

(家族とは何ですか?その言葉は私をとても苦しめます)

ローハンが⾔ったように、彼⼥がクロア国で誕⽣⽇を過ごしたいのなら、アリアはアースに⼿紙を送らなければならない。

 



 

「どうされるのですか、お嬢様?」

カリンの結婚式は終わり、アリアは家族の登録簿の⽚付けを終え、今や帝国に戻らなければならなかった。

カリンとクロエは正式に爵位を引き継ぐ前に短い旅⾏をするためにクロアを去ったので、アリアがクロアに留まる理由はない。

それでも、アリアは帰る準備をしないので、ジェシーは慎重に彼⼥が何をしたいのか尋ねたのだ。

「え?」

「帝国に戻ることを考えているなら、準備を始めるべきです。荷物がたくさんありますから」

「・・・その通りね」

しかし、アリアは考える時間があったにもかかわらず、まだ苦しんでいるようだった。

「気になるのでしたら、誕⽣⽇まで滞在したほうがいいのではないでしょうか?」

そう感じたジェシーはアリアに「クロア国での最初で最後の誕⽣⽇だと考えて、泊まってみませんか?」と提案する。

「・・・」

「⼿紙を送れば、皇太⼦殿下もきっと理解してくれるでしょう」

さらに、バイオレットは帝国を訪問することができない。

出⾝地だけで軽蔑されていたアリアとは異なり、侮辱される場合もあるのだから。

もちろん、アリアとバイオレットが関係しているという事実は広まり、アリアと皇太⼦を警戒して、彼らは公然と直接侮辱することはないでしょうが、バイオレットは彼らの冷たい凝視を避けることはできないでしょう。

だから、とても幸せだったバイオレットのことを考えれば、クロア国にあと数⽇滞在するのは悪くない考えかもしれません。

これまで、そして将来ずっと⼀緒にいるであろうアースとは異なり、今はバイオレットとしばらく過ごす唯⼀の時間なのだから。

「・・・紙を持ってきてください」

彼⼥が受けたことのないバイオレットの愛情は、最終的にアリアの⼼を動かした。

それはバイオレットの愛のおかげ。

バイオレットは、⺟親のカリンでさえアリアに与えなかった多くの愛を注いだのだ。

アースとバイオレットのどちらかを選ぶしかない場合は、バイオレットを選択しなかった可能性があるが、誕⽣⽇までにあと数⽇しかかからなかったため、それは可能な選択だった。

アリアはアースを怒らせないように注意深く⼿紙を書き、使用人にそれを届けるように命じた。

「・・・この手紙を送ってもいいのでしょうか?」

⼿紙を受け取ったとき、使用人はアリアの意図に気づき、とても嬉しそうに見えた。

 



 

バイオレットは、アリアがもう数⽇邸宅に留まると聞いて、しばらく話すことができず、彼⼥がどれほど驚いたかを表現した。

「・・・本当に?」

「はい、誕⽣⽇の直後に出発することを考えています」

「・・・何てことでしょうか!これは夢ではありませんよね?」

直前にのんびりとお茶を飲む光景はどこにも⾒当たらない。

優雅な侯爵夫人の姿はなかった。

孫娘が⼀緒に誕⽣⽇を迎えることに満⾜した⼥性の姿だけ。

「ほんの数⽇しかありませんので、急いで準備をしましょう!」

そう⾔ったバイオレットは、軽薄に⽴ち上がった。

彼⼥が⾔ったように、アリアの誕⽣⽇は本当に数⽇先。

そのため、バイオレットには準備することがたくさんあったのだ。

準備を急いでいたバイオレットはすぐに我に返り、⽬の前で彼⼥の誕⽣⽇を祝うつもりだった彼⼥の意⾒をアリアに尋ねる。

「アリア夫⼈はどんな誕⽣⽇パーティーが好きですか?」

「私は何も気にしません」

しかし、戻ってきた答えは無関⼼だった。

彼⼥は⾃分が招待する他の貴族を思いつかなかった。

ピアスト侯爵家のネットワークを通じて招待されたとしても、彼⼥はカリンの結婚式でしたように注⽬を集めるだけ。

だから、アリアは家族と静かに⾷事をするだけで満足だったのだ。

 



 

やはりローハンが登場しましたね!

彼はまだアリアのことを諦めていないようです。

誕生日をクロア国で過ごすことを選んだアリアですが、いっそのことアースをこちらに呼べばいいのでは?

アリアの誕生日に、ローハンが訪れることは間違いないでしょうから・・・。

悪女は砂時計をひっくり返す【193話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は193話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...