悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【191話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は191をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

191話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【190話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は190話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 秘密の性格

「ええ、よく⾒ると。⽿たぶに可愛い⼩さな斑点があるようです。それはクロエの⽿にもあります。カリンは、おそらくそれを持っていないでしょう」

アリアの視線がバイオレットの⽿に向けられる。

すると、彼女は本当に耳たぶに小さな斑点を見つけた。

それはアリアの耳にもある斑点。

(彼らは本当に似ているのね。彼⼥は私とは関係のない⼥性だと思っていたのに)

アリアはそれを⾒つけたとき奇妙に感じた。

クロエを最初に⾒たときとは違う気持ち。

⼀⾒、彼は本当に⾃分のように⾒えて、アリアは抵抗なく彼を⽗親として受け⼊れることができたが、バイオレットはそうではなかった。

けれど、バイオレットの顔をゆっくりと観察すると、彼女はクロエと⾃分に似ているように感じた。

類似点を⾒つけると、多くのことが彼⼥の⽬に浮かび始める。

「私たちがとても似ているとき、どうしてあなたを私の分⾝や私の⼦供と⾒なすことができないのですか?他の⼈がどう思うかは分かりませんが・・・、少なくとも私にとってはそう
です」

「・・・そうなのですか?」

「そうです。アリア夫人、だから私はあなたが⾃由な恩恵によってあまり負担を感じないことを願っています。それは家族がすることです。しかし、それでも不快な場合は・・・、態度を改めますね。あなたがプレッシャーを感じることはありません」

バイオレットにそうしてほしいと答えれば、それはより簡単でしょう。

ところが、優しく微笑んで⼿を握っているバイオレットの笑顔が本物だと感じて、アリアは言えなかった。

バイオレットの笑顔は、何の代償も払わずに自分に親切だったサラを⾒ているような錯覚を与える。

もしかしたらサラもアリアから何かを望んでいたのかもしれないが、少なくともこれまでのところ、常にアリアに正直であったサラは、見返りを望んでいた⼥性ではなかった。

「・・・もう少し⻑く滞在して、不快な場合はお知らせします。結婚式まで数⽇ありますから」

「ありがとう、アリア夫⼈」

 



 

それ以来、アリアはもはや⾃分の部屋に閉じこもることはなく、侯爵夫人と散歩するために外に出たり、彼⼥とお茶を飲んだりしていた。

クロエとカリンが準備をして結婚について教育を受けていたので、バイオレットとアリアだけが時間に余裕があり、ピアスト侯爵はクロエに自分の称号を渡すように教育した。

もちろん、バイオレットも伯爵夫人のポストを引き渡す準備をしなければなりませんでしたが、彼⼥は家族の問題に関与していなかったので、カリンに話すことはほとんど無かったのだ。

アリアは結婚式に出席して⼾籍を整理するために訪れていたので、他に何もすることがなく、⾃然にバイオレットと過ごす時間が⻑くなり、最初よりも快適にバイオレットといることができた。

「・・・それで、侯爵夫人も帝国の城でのパーティーや集会に出席しなかったのですか?」

「その通りです。貴族だけが集まる場所に⾏くのは不快で、王族が⾏き交う集会には我慢できませんでした」

「何か悪いことが起きたのですか?」

「というよりも、あの独特の雰囲気に耐えられなかったのです。あの鋭く緊張した雰囲気に」

そう答えたバイオレットは、思っていたよりも無防備に⾒えた。

もともと、彼⼥は他⼈との神経の戦争に耐えることができなかったようだ。

(それにもかかわらず、彼⼥はクロエを隠して育てることをどのように密かに考えたのでしょうか?)

それは、彼⼥にとって⼀⽣に⼀度の決意と冒険だったに違いない。

バイオレットから得るものはこれ以上ないことに気付いたアリアは、同意して会話を終了した。

「そうでしたか。話してくれてありがとうございます」

「・・・アリア夫人、私はあなたを悩ませているのではないかと⼼配しています」

バイオレットの表情が少し暗くなる。

これは、彼⼥が歴史上⻑い間続くであろう巨⼤なスキャンダルを引き起こした後、皇帝の城から追放されたためでしょう。

バイオレットがアリアの祖⺟であることが知られていれば、彼⼥は確かに良い⾔葉を聞くことはありません。

しかし、アリアはまったく⼼配していなかった。

過去には、⼝の中に何かを⼊れることが出来なかったくらいに侮辱されていた。

その上、彼⼥は弱い性格さえ持っていない。

さらに、⼀⼈だった過去とは異なり、彼⼥は現在、いくつかの強い同盟国を持っている。

アリアは⾃信を持って笑顔で答えた。

「私はとても弱く⾒えますか?」

初めて会ったら傲慢だと誰かが指さすような笑顔で。

その笑顔は、バイオレットが克服できなかった帝国の⽣活を克服できた傲慢な笑顔。

バイオレットはアリアの答えに⼀瞬⽬を⼤きく開き、アリアは驚いた視線に直⾯して顔を固めた。

おそらくそれは、バイオレットがあまりにも嬉しそうな表情を浮かべていたから。

アリアは遅ればせながら、隠していた自身の秘密の性格を⼀瞬表現したことに気づく。

「いいえ、私はアリア夫⼈が苦しむ必要のない不快感に苦しむのではないかと⼼配していました」

しかし、アリアの悩みに反して、バイオレットは「隠していたアリアの傲慢さも素敵だった」と笑顔で答える。

バイオレットは嬉しそうだったが、アリアは恥ずかしかった。

「ですが、アリア夫⼈は⼤胆な性格を持っているようで安⼼しました。それは皇室で⽣き残るのに⼗分な資質です」

「・・・」

「恥知らずなリクエストかどうかは分かりませんが、あなたが結婚したら招待状を送ってくれませんか?参加はできませんが、記念として残しておきたいと思います」

「・・・どうして参加できないのですか?」

「私の顔を覚えている⼈がまだいる場合、どうすれば参加できますか?私だけでなくあなたにも批判が浴びせられます」

「しかし、あなたは招待状を受け取ってそれを保持するだけ。参加したい場合は、参加してください」

アリアは、後悔に満ちているように⾒えるバイオレットの表情に眉をひそめた。

「あなたが私のことを⼼配してそれをするなら、それは意味がないと思います。私が⾔ったように、私はそれほど弱くはありません」

おそらくバイオレットはアリアがそのようなことを⾔うとは思わなかったのだろう。

彼女は⽬を⼤きく開いて驚いた。

「そして、私はお母様のように⼆度結婚するつもりはないので、あなたにはもうチャンスがありません」

バイオレットは答えを出さず、アリアの⾔葉に唇をぶら下げる。

(なぜ私はこんなことを⾔っているの?無視すればいいはずなのに。バイオレットが⾔ったように、彼⼥が出席しなければ噂は現れないのに、なぜ私はこんなことを⾔っているの?)

しかし、アリアは⾃分が思っていたほど他⼈を清潔で綺麗だと考えていることを無視でき無かった。

そんなに⻑くはなかったけれど、⼀緒に時間を過ごして話をしたせいかもしれません。

「・・・そうですか」

その時だけ、バイオレットは優しい笑顔を浮かべていた。

「アリア夫人、あなたはとても素敵な⼈です」

(・・・なぜ彼⼥はそのような結論に達したのですか?)

自分が何を⾔おうと、何をしようと、バイオレットはただ幸せそうに笑うだけなので、アリアは再びバイオレットに眉をひそめた。

それはアリアに対する奇妙で⽬に⾒えない反応だから。

 



 

数⽇後、ついにピアスト侯爵家の相続⼈であるクロエとカリンの結婚式が⾏われた。

クロア王国のすべての貴族は⾮常に喜んでお祝いに出席し、ついに侯爵は休むことができたと話している。

もちろん、単に祝うために出席しなかった⼈もいた。

相続⼈は誰で、侯爵は誰なのか疑問に思って出席した⼈もいた。

彼らは、皇居から追い出されたバイオレットが侯爵であり、相続⼈であるクロエが彼⼥の婚外交渉で⽣まれた⼦供であることを確認したかったのでしょう。

その好奇⼼を持って侯爵家を訪れた貴族たちは、そこで⾒た意外な人物に圧倒される。

「・・・彼女は誰でしょうか?」

「帝国の星・・・?ロースチェント・アリア?」

「彼女はどこに?」

「あちらにいます」

貴族は扇でアリアを指さす。

今⽇の主⼈公であるアリアが、明るく飾られていた。

「彼⼥が噂のロースチェント・アリアですか?」

クロア王国では、彼⼥の名前しか知られていなかったが、彼⼥の顔は知られておらず、誰もが初めて出会ったアリアの姿に魅了された。

すでに彼らの視線に気づいていたアリアは、不満を隠すのに苦労していたが、自身の優雅な姿勢を維持し続ける。

彼⼥はカリンが後で怒るかもしれないと⼼配しているようだった。

「・・・アリア夫⼈の名声と美しさは、クロアの貴族の⼼を捉えましたね」

アリアがそれを知っているかどうかにかかわらず、バイオレットは喜びと幸せの笑顔で囁いた。

 



 

バイオレットがアリアの結婚式に参加できることを願っています。

アースだったら快諾してくれるはず!

そして、クロア国の貴族たちもアリアに魅了されていますね。

ローハンは参加しているのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【192話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...