悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【188話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は188をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

188話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【187話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は187話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 孫娘

「でも、その間、ボブーン男爵に会うことはできないわよ?」

どんなに短い旅⾏でも、国境を越えるのに少なくとも⼀ヶ⽉かかることは明らか。

アリアの⾔葉で、アニーは声を上げ、⾮常に失望したかのように眉を落とす。

「お嬢様・・・!どうしてそのような事を言うのですか?ボブーン男爵よりもアリアお嬢様の方が好きなのに!」

「・・・分かったわ。分かったから、静かに行きましょう」

アリアの⼀⾒迷惑な返事にもかかわらず、アニーはしばらくの間アースについて話し続けた。

彼⼥にいくつかの冷たい警告を与えたが、それらは役に⽴たず。

さらに、2⽇後、それはすぐに皇太⼦と侯爵家の娘になるアリアへの賞賛に変わり、耐えられないアリアは最終的にカリンの⾺⾞に移動した。

アースの能⼒が利⽤できず、多くの⼈々がいたため、クロアに到着するのに1週間以上かかった。

ピアスト侯爵家の邸宅に到着するとすぐに、彼らを待ち望んでいたクロエは、⾺⾞から降りたカリンを最初に歓迎した。

「カリン!ここまで大変だったでしょう。直接お迎えできず申し訳ございません」

「何を言っているの、クロエ様?あなたは多忙の身なのですから、仕方がありません」

クロエに明るい顔で答えたカリンは、落ち着いたふりをしていたが、彼の背後に壮⼤な邸宅が広がるのを⾒て唾液を飲み込んだ。

⾺⾞からカリンを追いかけたアリアも同じ反応だった。

(王国の侯爵家や、帝国でさえ、このような壮⼤な邸宅を所有することができないのでは?)

その地位は、元プレデリック公爵の邸宅の地位に匹敵している。

 



 

「こちらに来てください。私はあなたを待っていました」

アリアとカリンが唖然としている間に、バイオレットがクロエの後ろからゆっくり歩いてきた。

「彼⼥が・・・、アリア。クロエの⼦供・・・」

アリアに初めて会ったバイオレットは、アリアに⼀度会ったことのあるピアスト侯爵とは異なり、泣いているように⾒えた。

(なぜ彼⼥は私に対してそのような悲しみと感情的な表情を⾒せているのですか?)

それはアリアにとってとても馴染みのない表情。

「よろしければ・・・、その・・・、⼿を握ってもいいですか・・・?」

アリアに近づいたバイオレットは、「⼿を繋ぐことの何がそんなに重要なのか」と聞きたくなるようなほど⾮常に注意深く尋ねた。

「はい、マダム」

アリアが静かにうなずいたとき、バイオレットは震える⼿を差し出し、アリアの⼿を取る。

「なんて滑らかな手なのでしょうか・・・。こんなに美しい孫娘がいたのに、彼⼥のことをまったく知らなかった・・・。どうしてこんなことに・・・!?」

バイオレットが頬に⼿を当てて泣き出すと、アリアは⽣まれて初めて感じた⾮常に奇妙な気持ちで、バイオレットの泣き顔に眉をひそめながら話すことができずにいた。

「よろしければ、一緒に屋敷を⾒て回りませんか?」

しばらくアリアの⼿を握っていたバイオレットは泣き⽌み、期待を込めてアリアに尋ねる。

「できれば、邸宅だけでなく、クロア王国全体も紹介したいのです」

しかし、予想外の感情に遭遇したため、アリアはもうバイオレットと⼀緒にいたくなかった。

「・・・いいえ、休ませてもらってもいいでしょうか?」

⾸を横に振って拒否すると、バイオレットはパニックになり始める。

「何てことでしょう。私はあなたの体調について考えていませんでした。邸宅を⾒回す前に、休息して体⼒を回復する必要がありますね・・・」

「マダム、あなたはそれについてあまり⼼配する必要はありません。彼⼥は到着したばかりです。アリア夫人のために⽤意した部屋に彼⼥を⾒せてみませんか?」

「そうよね。部屋まで案内してもいいかしら?」

ピアスト侯爵のフォローに感謝した。

「・・・では、お願いします」

断る必要がなかったので、お願いすると答えると、バイオレットの顔が明るくなった。

バイオレットだけでなく、ピアスト侯爵も⾮常に満⾜しているように見える。

再会の喜びを分かち合ったクロエとカリンも、優しい笑顔でバイオレットとアリアを⾒つめていた。

「それは⾒通しの良い部屋です。暖かい⽇差しがたくさん入ってくるのです。あなたが気に⼊ってくれると嬉しいわ」

そう⾔ったバイオレットはとても興奮しているように⾒えた。

彼⼥は今⽇をとても⻑い間待っていたように思える。

アリアは気が付く前に再び⼿を握ったバイオレットの⼿によって部屋に引き寄せられ、彼⼥は⾮常に恥ずかしかった。

使⽤⼈の助けなしには開けられないように⾒えた巨⼤なドアを通り抜けると、アンティークの装飾が施されたインテリアが⼀⽬で彼⼥の⽬に浮かんでくる。

⾦や宝⽯で作られた装飾品はなかったが、それぞれが認識できないほどの贅沢品で満ちていた。

階段を上がると、アリアはバイオレットが⽤意した部屋にたどり着く。

⽤意された部屋は、邸宅の最上階である3階に。

バイオレットが⾔ったように、邸宅の周りの景⾊は美しく、アリアは周囲を⾒渡すことができた。

帝国の2倍の広さの部屋は、⼥の⼦が好むような柔らかな⾊と曲線の家具で整然と配置されている。

もちろん、内外の年齢も違い、趣味ではなかったが、デコレーターの真摯な努⼒が分かる部屋なので、何も言わないことを選ぶ。

バイオレットは、アリアが⾃分が飾った部屋が好きだと考え、明るい笑顔で⾔った。

「⾷事の準備ができたらメイドを送りますね。それまでは、休憩してください」

「ありがとうございます」

しかし、アリアに休むように⾔った後も、彼女は⽴ち去るのを躊躇ってアリアを⾒つめていた。

しばらくしてからバイオレットは、ドアを閉め、優しく⼿を握っていたピアスト侯爵と⼀緒に姿を消す。

「何てことでしょう!お嬢様・・・!こんなに美しい部屋を⾒たことがありません!」

ドアが閉まるとすぐに、アニーは叫び声を上げて⼤騒ぎした。

バイオレットがアリアのために⽤意した部屋は、彼⼥がこれまでに用意されたどの部屋よりもはるかに広く豪華だったので、それは⾃然な反応なのでしょう。

何千回もその美しさで賞賛されてきたアリアの部屋よりもはるかに素晴らしく、ジェシーも賞賛して部屋を⾒回した。

「お、お嬢様!クロア国のすべての貴族はこのような素晴らしい邸宅に住んでいるのでしょうか?」

「いいえ・・・、そうとは思えません」

アリアが過去に何も知らなかったとしたら、彼⼥はイエスと⾔っただろう。

しかし、起業家を⽀援し、お⾦の流れと市場に堪能になると、この邸宅が平均的な貴族のレベルをはるかに超えていることが理解できた。

アリアは⽬を窓の外に向けた。

庭はすでに完全に整頓されており、庭師が忙しく動き回って⼿⼊れをしているのを⾒る。

彼らの命令が遠くから訪れた家族に傷を⽰さないように思われたので、彼⼥は⻑い間それから⽬を離すことができなかった。

 



 

ピアスト侯爵の邸宅は、彼らが誠意を持って準備したものとは異なり、アリアにとって少し不快だった。

決して邸宅⾃体が不快だったのではない。

不快だったのはピアスト侯爵の⼈々。

「デザートは好きですか?」

特にバイオレットが不快だった。

「・・・はい」

すでに何度も尋ねられ、アリアは⼩さなため息をついて答える。

バイオレットは、アリアが何かをするたびに⼤丈夫か、それとも満⾜しているかを尋ねていたのだ。

これまで周りの⼈々の興味や好意に精通しているにもかかわらず、部屋を出たくないほどの重荷を負っていた。

「あなたはシーフードが好きですか?」

「・・・はい」

「それでは、⼣⾷にシーフードを⾷べましょう。デザートに、ケーキはいかがでしょうか?」

「・・・それはいい提案ですね」

「それなら、クロアで⼀番⽢くて柔らかいケーキを⽤意する必要がありますね。ケーキにはミルクティーが⼀番似合います。ミルクティーは⼤丈夫ですか?」

「・・・はい」

バイオレットはとてもお喋りで、多くの質問をしたので、侯爵夫人とは思えなかった。

もちろん、それはアリアに限定されているのだが・・・。

⼀緒に屋敷を訪れたカリンにとって、バイオレットは優しくて⾼貴な態度を保ち、他の貴族と何ら変わりはなかった。

彼⼥は⽂字通り⾏動し、⼀線を越えなかった。

したがって、アリアはバイオレットの元々の性格がそのようなものではないことに気づき、アリアは彼⼥を避けるために部屋にいるほどの重荷を感じていた。

 



 

バイオレットの対応はフレイと似ていますね(笑)

むしろそれ以上?

アリアが帰国すると言ったら、バイオレットはどんな反応をするのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【189話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は189話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...