悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【187話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は187をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

187話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【186話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は186話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 自然な一歩

「だからアリア、⾝元を明かしてクロアから戻ってきたら⼤丈夫じゃないかしら?」

(それほど長くはかからないはずだし、アースも理解してくれるでしょう)

アリアはそう考えた。

(利⽤可能なものは使⽤したほうがいいわよね)

カリンの再婚はすでに決まっていたので、アリアは結婚式に出席するためにクロアを訪問する必要がある。

その間に迅速な解決の結論に達したアリアは、窓から聞こえる⾺⾞の⾳ですぐに席から⽴ち上がった。

「あれ?お嬢様?今から出かけるのですか?」

アニーはアリアに、メイドを呼び戻してドレスアップを終えていなかった彼女を見て疑問に思って尋ねる。

ジェシーはアリアの意図に気づき、少しがっかりしたように⾒えた。

同じことが他のメイドにも当てはまる。

「アースさんがもうすぐ到着すると思うから、時間がないわ」

アリアは漠然と答えた。

とにかく朝から忙しかったので、少しだけ髪をとかすか、服装に合うアクセサリーを探すだけ。

これは、そのような役に⽴たないことをするために彼⼥の時間を無駄にする時間ではなかった。

これから、アースと重要な話を共有しなければならなかったから。

「ですが・・・」

「大丈夫よ」

「・・・分かりました、お嬢様」

⾺⾞はまだ到着していないが、アリアは階下に急いで向かう。

アースの⾺⾞の光景は太陽を反射し、すぐに邸宅に近づいた。

煌びやかな馬車に⽬を痛めたかのように、アリアを追いかけたメイド達はすぐに後悔した表情を消して笑顔を浮かべる。

「会いにきました、アリアお嬢様」

やがてアースの⾺⾞が到着し、事前に待っていたアリアのおかげで、彼は幸せそうに笑った。

⼼配無⽤のような気持ちの良い笑顔で。

「・・・顔色が悪いように見えますが?」

「え?そんなことはありません」

しかしすぐに、アリアの奇妙な表情に気づいたアースが眉をひそめた。

彼⼥はノーと⾔ったが、彼はそうではないことを知っている。

「・・・そうですか」

アースは否定するアリアに⼿を差し伸べた。

納得しているように見えたが、後で理由を尋ねるつもりでしょう。

アリアは彼の⼿を取り、彼の護衛と⼀緒に⾺⾞に登る。

それから、アースが邸宅に来たときとは異なり、⾺⾞は⾮常にスムーズにそして注意深く動き始めた。

久しぶりに会ったので親しみやすい会話ができるようにと、ゆっくりとした動きをドライバーは努⼒したようだ。

「いい日ですね」

「はい」

「私は空の⼟地にすべての新しい貴族を配置しました。そのうちのいくつかは初めて⼟地を管理するので、私は彼らを助けるために専⾨家を派遣するつもりです」

「そうですか。思ったより早く整理できてよかったです」

「はい、アリアお嬢様の助けを借りて私が前もって考えていた⼈々がいましたから。秋までに終わって良かったです」

「それなら良かったです」

「ええ」

しかし、そのようなドライバーの努⼒とは異なり、⾺⾞には謎の緊張感が。

アースは隠されていた話をアリアから持ち出すのを待っていたので、アリアは話し⽅を考えていたのだ。

「・・・」

「・・・」

やがて会話が⽌まり、⾺⾞が静かになったので、タイミングを測っていたアリアが注意深く⼝を開く。

「私はクロアに⾏かなければならないと思います」

「・・・」

彼⼥の⾔葉で、アースは息を飲み込む。

彼はそれだけは嫌だと望んでいた。

しかし、彼はそれを⾔うことができなかったので、⼝を閉じてうなずく。

アリアが実の⽗親に会ったので、結局、彼の家族を訪ねなければならないことは理解していたから。

それは⾃然な⼀歩なのだから。

しかし、確信していたことに反して、アースが失望したのは事実だったので、彼の表情はかなり暗いものだ。

「⺟は再婚するつもりだと思います。ですので、私は結婚式の直後に戻ってきます。やるべきことがたくさんあるので、クロアに⻑く滞在することはできません」

言い訳のように聞こえるが、それは真実でもある。

砂時計を回す前に過去を合計した場合、彼⼥は30年以上会っていなかったので、クロアに⻑く滞在する理由もなかった。

彼⼥が行う必要があるのは、いくつかの⾔葉を⾔うことだけ。

そして、彼⼥はそれをするつもりだった。

「そうだといいのですが・・・」

しかし、アースはそうは思わなかったかのように、⾮常に重苦しい空気を作る。

彼はアリアがそうすることができない状況を想像しているようだ。

「だから⼼配しないでください。アースさんには、⼤⼈になる私へのプレゼントを⽤意してほしいです。私の18歳の誕⽣⽇はもうすぐですから」

その結果、アリアはそっと微笑んで話題を変えることに。

18歳の誕⽣⽇は、アリアがすべての抑圧から解放される⽇。

それはまた、アリアとアースがとても⻑く待っていた⽇でもあった。

「私はアースさんが何か素晴らしい準備ができていることを願っています。とても素敵な贈り物なので、あなたが⼼配していることはすべて忘れてしまうと思います」

アースの不安を和らげるために、アリアは彼⼥がとても望んでいた待望の贈り物を囁く。

彼女から持ち出されることを期待していなかったので、アースはとても驚いた表情を浮かべる。

それからアリアは笑顔を飲み込み、アースが望ましい反応を⽰したので話し続けた。

「前にも⾔ったように、この馬車以上に、とても豪華で壮⼤な贈り物を⾒るのを楽しみにしています」

やがて、アリアが話し終える前から、⼿を握っていたアースの⼿にしっかりと⼒が注がれる。

彼の⽬の瞳孔は紺⾊に変わり、彼⼥は彼の⽿の先が⾚くなるのを⾒ることができた。

「アースさん、さっきまで世界が崩壊しているのではないかと⼼配しているように見えました」

率直な反応に満⾜したアリアが低い声で微笑んだとき、アースは意識を取り戻し、握ってい
た彼女の⼿にキスをして答える。

「・・・⾺⾞とは⽐べ物にならない、素敵でカラフルな贈り物をご⽤意いたします」

「私はそれを楽しみにしています」

それは本当だった。

30年間お互いに会っていなかった親戚に会うのではなく、アースが与える贈り物を期待していた。

そもそもアースと幸せになるためにクロアに向けて出発するのだから。

そして、アリアは親族に愛情を感じたことは⼀度もなかったので、本当に簡単な⼿順で戻ってくることができると信じていた。

 



 

クロアへの休⽇アリアが思っていたよりも早く予定される。

彼⼥の⺟親が最初にすべてを決定し、その⽇のうちに全てをスケジュールし、それからアリアに通知したかのように、それはすでに設定されていたのと同じくらい速かった。

それは予測可能だったので、アリアは特に不満を持っていない。

それは、カリンがいつもそうしていたから。

しかし、アースが早すぎることに失望したため、彼⼥はアースを数回なだめる必要があった。

「私はあなたと⼀緒に行くべきだったのに・・・、申し訳ありません。安全な旅⾏をお過ごしください」

「あ、ありがとうございます、殿下」

そして出発の⽇、アリアはあえて皇太⼦の丁寧な別れを受け取ったので、カリンはどもって答える。

同時に、アースがカリンに⼿配した騎⼠たちは、あたかも彼らが国の代表団であるかのように敬意を払うために頭を下げた。

彼が彼らのために⼿配した使⽤⼈についても同じことが⾔える。

ピアスト侯爵の騎⼠と使用人はかなりの数の⼈々がいた。

⼀緒になると、国の代表団と⾒なすことができるほどの巨⼤なグループに。

「アースさん、私はすぐに戻ってきます。ですから、⼼配しないでください」

⾺⾞に乗る直前に、暗い表情を浮かべていたアースに近づき、アリアは彼の⼿を取る。

それにもかかわらず、彼の懸念はまだ残っていたので、彼⼥はかかとを上げ、アースの頬に優しくキスした。

「・・・!」

すべての⼈の前でこのように⾏動したことのないアリアだったので、驚いたアースは頬を
包んで彼⼥を⾒つめた。

「アースさん、⼼配しないでください。ですから、あなたが私が求めていたものを準備してくれることを願っています」

「ここまでやってくれるのに、どうすれば表情を暗く保つことができますか?」

それにもかかわらず、アースはアリアの出発を残念に思ったので、彼は短いため息をつき、できる限り腕の中でアリアを抱きしめて、それをすることを約束した。

 



 

「なんてロマンチックなんでしょうか!ボブーン男爵が⾒て、学ぶことができることを願っています!」

アニーは、アリアを腕に抱きしめ、⾛り始めた⾺⾞に乗ったアースを思い出し、何度も称賛を表明した。

(⻑い道のりを旅しなければならなかったので、意図的にカリンと別の⾺⾞に乗ったのに。飼い主の安らぎを気遣わないメイドがどうしているのかしら?)

本を読んでいたアリアは、「ジェシーがいるのだから。アニー、私についてくる必要はなかったのよ」とイライラしたかのように答えた。

「お嬢様が⻑い道のりを進んでいるときに、どうすれば私が邸宅に留まることができるでしょうか!?」

 



 

結局、アリアはクロア国に向かうことに。

ローハンも待ち構えているのでしょうか?

アースの不安が現実にならないことを祈ります!

悪女は砂時計をひっくり返す【188話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は188話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...