悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【186話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は186をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

186話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【185話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は185話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 復讐の終わり

ミエールの⽬はアリアに対する恨みと怒りに満ちていた。

彼⼥はこれがすべてアリアのせいだと思っていたからだ。

(ミエール、あなたは最初から私に親切でなければなりませんでした)

ミエールはアリアの口の動きから、彼女が自分にそう伝えたことを理解する。

「・・・!」

怒ったミエールが⾃分の気持ちを明らかにする前に、彼⼥は動物のようにギロチンに引きずり込まれ、頭を切る刃が⼀気に空に舞い上がった。

それは、アリアが処刑された時と同じ状況。

ミエールを助ける⼈は誰もおらず、誰もが彼⼥を責める状況。

「彼⼥を殺せ!」

「邪悪な邪悪な⼥を殺せ!」

「邪悪な⼥への死を!」

「彼⼥を殺せ!彼⼥を殺せ!」

「待って!いや・・・、いや!いや!やめて!私は本当に・・・!」

⼀瞬も与えられずに真っ直ぐ死に向かったとき、彼⼥は悲鳴を上げて叫び、⽬は涙でいっぱいだった。

しかし、彼⼥はどこにも逃げることができなかったので鋭い刃で窒息し、狂った傍観者は遺⾔執⾏者ができるだけ早く彼⼥の頭を切るべきであると彼らの声を上げ続けている。

「いいえ!やめて!お願いします!お願いします!」

そして、恐怖に苦しんでいたミエールの⽬がアリアに向けられたとき、彼⼥の頭は光より速く落ちた刃によって切られた。

「・・・!」

「「わぁあああああ!」」

「邪悪な⼥が処刑された!」

「帝国で最も醜い悪が死を迎えたぞ!」

醜い邪悪な⼥性の処刑は、帝国の⼈々に喜びを与えた。

惨めな少⼥が頭を下げられたとき、誰もが喜びの声を上げ続ける。

そして、⾮常に残念なことに、⾸を切断された後⼀瞬⽣きていたミエールは、その光景と声をはっきりと覚えていて、何万もの負の感情の中で死を迎えた。

⻑い間、誰かに苦痛を与えてきたミエールにふさわしい悲劇的な死。

それは過去のアリアの終わりのようだった。

⽣命の終わりを⾒たアリアは、⾟抱強い息を吐き出す。

ようやく、全てが終わった。

彼⼥は時間を戻すことによって、変えたいと思っていた過去を変えたのだ。

アリアの視線はミエールからアースに移す。

「・・・!」

彼は最初からアリアだけを⾒ていたので、彼⼥はすぐにアースの紺碧の⽬に直⾯することができた。

距離が少し遠すぎて会話はできなかったが、アリアは柔らかい笑顔で⾃分の⽬が何を⾔おうとしているのかを理解する。

(⼤丈夫。すべて終わりました。苦しむ理由も、感情を消費する必要もありません)

「奥様、急いでお伝えする⾔葉があります・・・」

その間、召使いはアリアと同じくらい緊張して処刑を⾒守っていたカリンに近づき、静かに⽿元で何かを囁く。

「・・・何てこと」

そして、カリンは長いため息を吐く。

彼⼥は信じられないかのように何度か息を飲み込んだ。

アースから⽬をそらしたアリアが何が起こっているのかと尋ねると、カリンは少し震える声で静かに答えた。

「あなたのお⽗さん・・・。いいえ・・・、元伯爵が⾃殺したと聞いたわ」

「・・・え?」

アリアは、元伯爵がカリンによって⼿配された使⽤⼈を通していくつかの情報を⼊⼿していると聞いていたが、彼が自殺するとは思ってもいなかった。

(それは彼が爵位を奪われ、財産を失い、すべての⼦供たちを失ったから?)

そして、彼が信頼していたカリンの裏切りという⼀つの理由かもしれない。

おそらく、それが彼が⽣きる意志を失った理由でしょう。

アリアは邪悪な⼥性の最後を応援した⼈々の間で静かに答える。

「・・・そうですか。これにより、ロースチェント家は完全に破壊されました」

アリアは、誰も想像もしなかったほどの復讐が完璧だったときの驚きとは異なる喜びに満ちていた。

最初は自分の不道徳に恐怖を感じたが、それは彼らの悪⾏の⾃然な結果であるとすぐに確信する。

それは彼⼥が思っていたよりも⼤きな復讐の⾏為。

しかし、これはすべて彼ら⾃⾝によって引き起こされたこと。

誰もがそう思うことは明らかでしょう。

アリアが経験した過去と未来はとても酷いものだった。

 



 

必死に望んでいたことに反して、ミエールの処刑以来、アリアの⼈⽣と世界に最初から何も起こらなかったかのように⼤きな変化はなかった。

些細なことが何も起こらなかったかのように、世界は静かに動いている。

そのため、アリアはもはや過去に縛られず、時間に適応し、いつものように新しいビジネスマンを発⾒して⽀援し、貧しい⼈々に学ぶ機会を提供することで富と名誉を築いていた。

その間にも、帝国の空席はアリアによって育てられた人材とアースが⽀援した貴族で徐々に満たされ、混沌とした状況は徐々に安定を取り戻した。

アリアは時折時間を割いて部屋でこっそりアースと会っていたが、ようやく外で会うことができた。

そのため、外出の準備を急いでいると、カリンが現れて、すでに開かれたドアをノックしている。

「アリア、今大丈夫かしら?」

「・・・今ですか?」

眉を上げて大丈夫ではないという表情を浮かべると、カリンは渋々頷いた。

「・・・後でも大丈夫なのよ?」

「・・・」

⼤きな決断をしたかどうかにかかわらず、カリンは失望に満ちた表情を浮かべる。

そんな母親の表情を見て、アリアは「後にしましょう」とは言えなかった。

「それは⻑い話でしょうか?短い場合でしたら大丈夫ですが」

「本当?心配しないで、とても短い話だから!」

「じゃあ、お願いします」

アリアから肯定の⾔葉が出たとき、カリンは急いでメイドたちを外に退出させる。

 



 

二人きりになった後、カリンは顔を⾚らめ、指を触りながらゆっくりと⼝を開く。

「ええと・・・、私は離婚したばかりなのに、こんなことを言うのも躊躇ってしまうのだけれど・・・」

カリンが話し終える前に、アリアは母親が何を言おうとしているのか気づく。

「再婚するのですか?」

「え?ええ・・・、アリアが良いと言ってくれるなら・・・」

その言葉に動揺することはなかった。

ほぼ毎⽇、カリンはクロエと過ごしているのだから。

むしろ、なぜ母親が再婚しなかったのか不思議だったので、アリアはうなずいて彼⼥の肯定を表明する。

「お母様の⼈⽣ですので、お母様の好きなようにしてください」

その上、アリアはそれが彼⼥⾃⾝の関与する問題ではないと思っていた。

カリンはもはやお⾦や地位に執着する必要がなくなったので、彼⼥は⼈⽣を最⼤限に楽しむ権利があるでしょう。

しかし、アリアの許可にもかかわらず、カリンはまだ⾔いたいことがあり、⽬を転がして下唇を噛んでいる。

「アリア・・・」

「まだ何かあるのですか?」

外出する必要があったので再びカリンに促したとき、カリンは⼤声で息を吐き、慎重に⼝を開いた。

「再婚したらクロアに向けて出発することを考えています・・・、あなたも⼀緒に来ませんか?」

アリアの顔は彼⼥の⾔葉に嘘のように固まる。

「クロア・・・?」

「ええ。あなたはまだ未成年なので、私と⼀緒に移動したほうがいいと思います。どうすれば、あなたなしで⼀⼈でクロアに⾏くことができますか?ピアスト侯爵があなたをとても待っていると確信しています・・・。あなたは家族の⼈々に会うべきではありませんか?そして、あなたは家族登録を⼿配する必要がありますから、クロアの他の貴族にあなたの顔を⾒せなければなりません。クロエが侯爵の称号を引き継いだ場合、あなたは家族の中で唯⼀の⾎になります。そして・・・」

話す準備をしていたと思われるカリンとは異なり、アリアはまだ反応を⽰さなかった。

それは、カリンが突然親族に会うべきだと⾔ったからではない。

アースがこの状況を嫌っていたのはそのためだった。

(彼が知れば、アースは⾮常に失望し、悲しむと思う)

「アリア?アリア!聞いてる?」

「ああ・・・、はい」

「私はあなたに平民として生きて欲しくないの。私はあなたに彼らに会って欲しいだけ。少し考えてほしいわ。家族登録を⼿配するために必要な⼿続きなのよ」

「・・・」

すぐには答えられない問題だったので、カリンは静かにアリアの部屋から出て⾏った。

アースが到着する時が近づいていた。

しかし、アリアは、メイドを⾃分の部屋に呼び戻すことさえ考えず、⼀⼈で考えに没頭する。

カリンが⾔ったように、家族登録を⼿配する必要はあるでしょう。

カリンが再婚しなかったとしても、平⺠であり続けるよりも、多くの点でピアスト侯爵の孫娘としてのほうが体裁はいいはず。

もちろん、アリアが庶⺠であったとしても、もはや差別されたり、厳しく扱われたりすることはなかったが、将来を考えるときはそうするほうがよいでしょう。

庶⺠の王⼥よりも、外国の侯爵家の⼥性の⽅がいいでしょうから。

 



 

長かったアリアの復讐も終わりましたね・・・。

ここからは、アリアとアースの物語になるのでしょうか?

まずは侯爵家の爵位を手に入れる?

しかし、アースが許可してくれるかは分かりませんね。

悪女は砂時計をひっくり返す【187話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は187話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...