悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【185話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は185をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

185話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【184話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は184話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 無駄な叫び

「そして、私はとても愚かだったので、メイドが望んでいたようにあなたに何か意味のあることをしました。彼らが何をしているのかさえ理解できなかったので、噂では私が邪悪な⼥性だと思っている⼈が増えました」

ここからはミエールにも覚えのない話だったので、彼女は額に皺を寄せた。

「いったい何のことを⾔っているの?」

アリアは話し続ける。

「彼らは私を愚かな悪⼈だと⾮難しましたが、外では私があなたよりも美しいと賞賛しました。実際、私は⾒た⽬だけの⼈形でしたから」

「あ、あなたが何について話しているのか分かりません・・・!」

「それで私はますます歪んでいき、あなたをいじめ、劣等感を満たした邪悪な⼥性になりました。それはすべてあなたのおかげです」

アリアの落ち着いていた表情は、徐々に崩壊していく。

彼⼥はいつも幸せで⼤丈夫なふりをしていたが、恐ろしい過去を振り返ることで恨みと怒りに襲われ続けていたのだ。

砂時計を元に戻しても、⺟親の死の経験は消えない。

斬⾸の経験も失われていない。

悲惨、劣等感、怒り、そして不公正はすべて、永遠の明晰さで、アリアの頭と胸にはっきりと刻まれていた。

「・・・もしあなたがそこまでやっていなければ、私はこのように戻ってこなかったわ。ミエール、なぜ私と私の⺟をあれほど惨めにしたのですか?地位が一体何だというの・・・?それほど重要なの?あなたは私に憤慨し不当な⼼で砂時計を向けさせたわ・・・」

⻑い間待っていた彼⼥の⼼の喪失は、刑務所を少し越えたところにいたアースの耳にも届いている。

それを経験したことのないアースの⼼を壊すほど嘆かわしい感情。

しかし、それはミエールにとって理解できない叫びだったので、⽬的地を失うという叫びは刑務所を回ってすぐに消えた。

無情にも、それはアリアにとって無駄な叫び。

「私がこれを⾔ったかどうかは分かりません。私が時計を回す前は、あなたが知らない過去ですから。私だけが知っている悲惨な過去です」

アリアはスッキリしたような表情を浮かべて、まるで自分の気持ちを吐露するかのように言った。

 



 

ミエールはまるで狂った⼈を⾒ているかのような表情でアリアを⾒つめる。

「あなたは妄想的で、頭がおかしくなったの!?それでこんなことを?」

「あなたは私に妄想でここまでさせたと⾔っているのですか?」

汚い感情をすべて払拭したアリアは、ミエールが知っているのか、知る必要がないのかを真実に語りながら、いつも⾝を守っていた顔を再び作る。

「妄想?何百回も説明しても分からないかもしれませんが、私は時間を戻すことができます。私が今話したことはすべて過去に起こったこと。それは私が時計を戻す前に起こったことよ。ロースチェント伯爵家の優雅な⼥性が愚かな悪役を殺すためにしたこと」

「・・・あなたは本当に狂ってるわ!気が狂わずにそのように話すことはできません・・・!」

それからミエールは、アリアの妄想と狂気によってこの状況に陥ったかのように叫んだ。

むしろ、彼⼥自身が不当に扱われた⼈のように。

彼⼥はまだ⾃分の罪について軽く考え、不当に扱われていると思っていたのだ。

「空間を移動する能力があるのですから、時間を戻す能力があっても変ではないでしょ?信じられないなら、考えてみてください。あなたが⾔ったように、愚かな売春婦の娘はどうやって突然権力を構築し、財産を蓄えることができたと思いますか?時間を戻す能⼒を持っていたら、彼⼥は未来を予測してそれを⾏うことが出来るのではないでしょうか?」

「・・・え・・・?」

言いたいことを全て言い終えて、ミエールに対処する価値がなくなったと感じたアリアは、アースのいる場所に移動した。

彼⼥はもう後悔していなかった。

彼⼥は⼗分に復讐し、⾔いたいことをすべて注ぎ出し、そして何よりも、過去には想像もできなかった善良な⼈々と個⼈的な繋がりを築けたのだから。

ミエールは最後まで不公平だと思うかもしれないが、満⾜のいく結果だった。

過去を納得させて後悔するよりも、憤慨して泣きながら死ぬ⽅が悲惨で、苦痛で、恐ろしいことでしょう。

「・・・戻りますか?」

「はい、ありがとうございます」

後悔のないアリアの表情には、アースの⼿を握る表情も満足気だった。

本当にすべてを終えた今、彼⼥が過去から離れて⼀⼈で⽣きるのを待っている未来があったから。

 



 

翌朝・・・。

暗闇が解き放たれ、太陽が昇るとすぐに、再び広場にギロチンが設置された。

人々の前で誰かを処刑することは滅多になく、知らせを聞いた⼈たちは早朝から眠気を振り払って急いで広場に集まる。

彼らは皆、誰が酷いことをしたのか、そしてなぜギロチンが広場に建てられたのかを予想し、想像していた。

残念ながら、死刑執⾏は⾮常に突然であったため、貴族派の死刑執⾏ほど有名な貴族全員が出席したわけでない。

それは、それがもはや深刻な問題ではなくなったという事実に部分的に起因していたから。

これは、庶民に格下げされた、⼩さくて謙虚な少⼥の処刑だったから。

だから、誰もその少⼥を気にしていなかったのだ。

それでも、その少⼥はアリアと関係があるため、アリアを尊敬し、優しさを⽰した何⼈かの貴族は処刑台の隣の席に座り、娯楽のために他⼈の不幸と死を楽しむ⾒物⼈が広場を埋めた。

アリアもミエールを待ち、悲惨な過去を⼿放す準備ができている。

ミエールの顔がどのように⾒えるかを楽しみにして、彼⼥はミエールが過去にしたように、⾮常に悲しい表情でサラから贈られた美しいハンカチで⽬を拭いた。

そして、騒々しい鉄の⾺⾞で現れたミエールは、アリアが予想していたよりもぼんやりとした表情を浮かべていた。

その表情は、昨夜真実を語る価値のある惨めな顔。

「降りろ!」

ミエールは騎⼠の威圧によって⾺⾞から引き出される。

彼⼥は処刑台に引きずり込まれ、傍観者が投げた⽯やゴミに⾒舞われた。

彼⼥には他に盾となる⼈がいなかったので、彼⼥は暴⼒だけに対処しなければならなかった。

「雌⽝が別の犯罪を犯したなんて信じられない!」

「彼⼥はまた何かをしたの?」

「知りません。しかし、彼⼥は酷く醜いことをしたに違いありません!」

2度処刑台に上がったミエールに対して、⼈々の怒りは燃え上がっていた。

ミエールは、アリアの命じたことをやっただけだと⾔い訳をしようと考えて、必死の表情で⼝を開く。

「彼⼥、彼⼥は本当に時間を変えました・・・。きゃあ!」

しかし、騎⼠が彼⼥を⽀えていた縄を引っ張ったので、彼⼥は話すことができず、床を転がる。

そして、騎士は彼⼥が静かであるべきだと告げた。

「時間・・・?」

ミエールの⾔葉を暗唱したアリアは⼀瞬考える。

(絶望的な表情と時間・・・。昨夜私があなたに話したすべての話を本当に信じて、私が本当に時間を引き返したかどうか尋ねたいのですか?なぜ今さら真実をチェックするのですか?あなたは⾃分を責め、怒りを隠さずに死ぬだけなのに)

「あなたは何度も憐れみを⽰したアリア夫人を殺そうとしました。あなたは彼女を毒殺しようとしましたが、その毒茶で実の兄を殺したのです!」

ミエールは床に横たわって、死刑宣告を受ける。

遺⾔執⾏者は⼀瞬の通知なしに続けた。

「帝国の法則に従って、私は罪⼈ミエールに死刑を宣告します!」

前回犯罪者に恐怖を植え付けた時とは異なり、急いでいるようだったので、アースからすぐに彼⼥を処刑するように命じられたのかもしれない。

アースは上席からその光景を⾒ていて、遺⾔執⾏者が⼀瞬で仕事をしている間、⼝⾓を上げた。

「いいえ!」

上半⾝を持ち上げたミエールは、突然発表された恐ろしい最後の⽂で声を上げる。

しかし、彼⼥に刑を宣告した男は、ミエールに黙るように冷たい凝視を与えた。

そして、観客は⾮難の声を上げて、彼に彼⼥の頭を急いで切るように促す。

結局、ミエールが⾒た場所はアリアに他ならなかった。

 



 

ついにアリアがミエールに真実を告げましたね!

これで、アリアの過去の死の経験も払拭されるのでしょうか?

残すはミエールの処刑のみ。

ミエールは最後に何を話すのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【186話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は186話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...