悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【184話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は184をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

184話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【183話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は183話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 悪女同士の対面

レインはミエールを助けるつもりなどなかった。

彼はミエールの本性を知っていただけに、彼女に懇願されること自体が不愉快でしかなっかたのだ。

その後すぐに、アースがこの状況を興味深く⾒守っていることに気づき、選択の余地がないかのように⼝を開く。

「・・・申し訳ありません。私の主⼈は・・・、アーステロペ様なのです」

「・・・はい?」

「私の主⼈があなたに送った宝物や恩恵は、実際にはあなたのためのものではなく、あなたをアリア夫⼈と間違えていただけなのです。最初は、アリア夫⼈の名前を知らずに、主人は彼⼥がロースチェント家の⼥性であることを知っていただけでしたから」

そう答えたレインは、疲れきった⽬で自分を⾒つめていたミエールから視線を外し、アースに挨拶する。

「ご挨拶が遅れて申し訳ありません。彼⼥が突然私に話しかけてきましたので・・・。殿下が私に頼んだすべての仕事から戻ってきました」

「ご苦労様です。ビカに屋敷に戻って休むように⾔われたはずなのに、どうしてここに来たのですか?」

「確かに彼にそう⾔われましたが、私の顔を忘れてしまったのではないかと思いましたので」

「レイン。あなたは本当に仕事が好きなのですね。私に会ったら、また仕事を頼まれると予想していなかったのですか?」

「・・・」

ミエールを絶望に追いやるのを⼿伝ったアースとレインは、絶望の⽳から抜け出すことができなかった彼⼥の前で冗談を交わしていた。

「そろそろ戻りましょうか。これ以上、私は罪⼈に⾔うことは何もありませんし、そもそも知ることも何もありません」

⾯倒な仕事を⼿放したかのように、アースは爽やかな表情でそう告げた。

ミエールの処分が終われば、アリアは過去から脱出し、将来⾃分と⼀緒に暮らすことができるでしょう。

「それはあなたの悪⾏の⾃然な結果だと考えてください。あなたは過去にアリア夫人に同じことをしたのですから。少なくとも、あなたの体は元気なのですから感謝して欲しいくらいです」

「な、何を言っているのですか?」

アースは冷たく向きを変え、絶望のために理解できないように⾒えたミエールを残す。

アリアは過去に苦しんでいたので、彼はミエールの⾆を切り落としたかったが、アリアが最後に彼女と話したいのではないかと考えて、彼は衝動を保つのに苦労した。

 



 

「殿下、あなたは彼⼥の判決を決めたのですか?」

レインは静かにアースに尋ねた。

アースは戻ってきた⾺⾞に乗り込み、窓の外を⾒つめている。

「そうですね、彼⼥の⼿⾜を引き裂きましょうか?」

「・・・それはあまりにも残酷ではありませんか?」

「アリア夫⼈が苦しんだことと⽐較すれば、それは些細なことでしかありません」

レインはアースの答えを疑うかのように頭を傾げる。

「間違っていると⾔ったら申し訳ありませんが、アリア夫人はそれほどひどい扱いを受けていないと思います。もちろん、ミエールは悪意のある噂を広めたり、毒茶を飲ませたりしようとしました。しかし、それは⼿⾜の引き裂きに⽐べれば些細なことのはずです。反逆罪は投獄だけであるべきでしょう」

アースが自分の感情を優先してミエールを厳しく罰しようとしていると指摘すると、彼の⽬は深まった。

アースはアリアの過去に何が起こったのかを知っていた。

そのため、彼はそれが過度の罰ではないと思っていたのだ。

むしろ、可能であれば、あらゆる種類の方法でミエールを拷問した後、彼⼥の髪をすべて燃やしたかったとさえ考えていた。

しかし、もし彼が本当にそうしたら、彼は狂った皇太⼦であると⾔われるでしょう。

それを理解していた上で、「彼⼥の⼿⾜を引き裂くのはどうですか?」と提案したのだ。

しかし、レインが驚いて反論したので、アースは真実を飲み込むことに。

「彼⼥の⼿⾜を引き裂くことができないのであれば、罰は1つだけ残っています」

罰とは、貴族派の貴族を処刑したのと同様に、彼⼥の頭をギロチンに置くこと。

それはアリアが過去に扱われたのと同じ罰。

それは、すべての⼈の前で彼⼥の罪をすべて暗唱することによって彼⼥を侮辱し、そしてすべての⼈が歓声を上げている間に彼⼥を死なせること。

「前回と同じように、また許すのではないかと⼼配したので聞いてみました」

「そのようなことはもう起こりません。すべて終わったのですから。おそらく・・・」

アリアの復讐が終わったら、もう慈悲はない。

アースは城に戻るとすぐに、緊急の問題に対処した後、しばらく考えて、オフィスのすべての使⽤⼈を撤退させる。

すでに⽇没で、闇が落ちていた。

彼は空間を移動してアリアの邸宅に移動する。

「少し宜しいでしょうか、アリア夫人?」

アリアがドアのそばにいるという合図をしたとき、アリアの部屋に隣接した⼩さな
部屋でアースはそう⾔った。

その部屋はアリアによって建てられた部屋。

単⼀のソファとテーブルだけが置かれているシンプルな部屋だ。

誰の邪魔も入らないように、アリアはいつでもプライベートな⽣活とアースの訪問を楽しむことができた。

「アースさん?」

アリアはアースの声を聞いて驚いた声で答えた。

部屋でアリアを⾒つけるとすぐに、彼は慎重にドアを開ける。

「とても便利な部屋ですね」

「そう言ってくださって嬉しいです」

アースを笑顔で迎えたアリアは、メイドを呼んで、もう⼀杯お茶を出すように命じた。

アリアは部屋を中に⾒せることができなかったので、「ドアの外に置いておきなさい」と⾔い、メイドは頭を傾げた。

しかし、彼⼥はすぐに理由があることに気づき、ドアの外にお茶を置いて去っていく。

「忙しいこの時間に、何かあったのですか?」

「調査は終わりました。あとは彼⼥の罰だけが残っています」

「・・・ああ。・・・だからあなたはここにいるのですね」

アースはミエールの最後の許可を求めるために来た。

アリアが彼の意図に気づいたとき、彼⼥はお茶を⼀⼝飲んだ。

彼⼥は⼀瞬考えを失い、ゆっくりと⼝を開く。

「治療を受けたものはすべて返済したので、後悔はもうありません。私は彼⼥に⼗分な嫌がらせをしてきましたから。もう彼⼥を⽣かす必要はありません」

アリアの表情には悲しみや後悔は見られない。

すべての仕事を終えたばかりの彼⼥は、過去を忘れる準備ができているように感じた。

「・・・そうですか。それなら、帝国の法則に従って彼女を対処します」

アースは、彼が望んでいたことを最終的に終えることができるという満足げな表情を浮かべている。

「明⽇の夜明けに処刑するつもりですが。その・・・、最後にミエールに会わなくても⼤丈夫ですか?」

「そう・・・ですね」

彼が⾔ったように、ミエールが明⽇夜明けに処刑された場合、アリアはもはや彼⼥を⾒ることができなくなる。

その上、聞きたかったいくつかの質問があった。

彼⼥は⾃分が正しい答えを得るとは思っていませんでしたが、それでも尋ねたかったのです。

アリアの許可が下りるとすぐに、席から⽴ち上がったアースが⼿を差し伸べた。

アリアも席から⽴ち上がって、アースの意図を理解して⼿を取る。

彼らは一瞬で移動した。

 



 

ぼろぼろで数本の松明に頼っている汚い刑務所に到着したアリアは、⾜元を⾒下ろしながら安堵のため息をつく。

室内靴を履いていて良かったと。

「・・・?」

驚きと飲み込みの⾳に⽬を向けると、窮屈で散らかった刑務所に閉じ込められていたミエールがいた。

アースとアリアが突然現れたとき、彼⼥はショックを受けたように⾒えた。

「今更驚くことかしら?」

アリアは彼女に尋ねた。

アースは外に出て、しばらく戻ってこないと告げる。

彼はアリアが誰にも邪魔されることなくカジュアルな会話をしたいと考えてくれたのだ。

「・・・どうしてこんなことを?」

ようやくミエールは、アリアが自分を崖の瀬⼾際に追いやったことに気づき、弱いが冷たい声で尋ねた。

「どうして?分からないの?」

「・・・私はあなたに何かしましたか?」

それからミエールは軽蔑的な表情で尋ね続ける。

「私はそれほど⼤きな犯罪を犯しませんでした。それにもかかわらず、なぜあなたは私をこれほどに苦しめたのですか?」

ミエールの軽蔑的な表情に、アリアは応えた。

「ミエール。あなたはあなたのメイドを私に送って、私に悪いことをするように促すように彼らに⾔いました。あなたが望んだ悪女に仕向けるように」

「・・・!」

過去も現在も同じだったので、ミエールは驚いて息を呑む。

 



 

ついにアリアとミエールが本性を現したまま会話を始めました。

アリアがミエールに尋ねたいこととは?

これが本当に彼女たちの最後の会話になるでしょう。

クライマックスも近づいてきましたね!

悪女は砂時計をひっくり返す【185話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は185話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...