悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【182話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は182をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

182話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【181話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は181話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 孤独な考え

「それを否定しても、あなたにとって良いことだと思いますか?」

カインは死んだのは事実。

会話が終わったと推測した騎⼠がミエールを押し、彼⼥は反射的に⼀歩踏み出した。

「今回はお役に⽴てず申し訳ありません、ミエール」

「ミエール、私はあなたを信頼しました・・・。あなたはもう悪いことをしないと信じていました!それなのに、どうして・・・」

騎⼠たちに⽞関から押し出されたミエールが聞いた声は、ジェシーの憤慨した声。

ジェシーは、ミエールが過去にアリアに期待していたように、生まれ変わることができると本当に信じていたに違いないでしょう。

「・・・!」

その声で、ミエールは膝から崩れ落ち、彼⼥は無理矢理正⾯⽞関から連れ出されて、すぐに罪⼈を乗せる⾺⾞に乗せられた。

彼⼥は自白するかのように⽞関の前で自分がした行為をすでに⾔っていたので、事実確認するための質問や調査は必要なかった。

現在進行中で、ミエールは記憶を取り戻し、アリアを殺そうとはしなかったと主張しても誰も⽿を貸さないでしょう。

むしろ、彼⼥は罰を避けるために非常識な話をしたことで殴られる可能性もある。

執⾏はその直後に決定されるでしょう。

いいえ、彼⼥は死刑執⾏よりも厳しい判決に直⾯する可能性があった。

 



 

尋問の場⾯を直接⾒れなかったことを残念に思ったアリアは、ジェシーを呼ぶ。

「ジェシー」

「・・・。え?ああ、はい。お嬢様・・・」

「遅い時間ですが、お茶を⼀緒に飲みませんか?」

「・・・お茶ですか?」

ジェシーの顔には罪深い⼼が見えた。

彼⼥はミエールを擁護し、受け⼊れたという考えを持っているようで、それがこの状況を⽣み出したと考えているのでしょう。

彼⼥は⾃分がアリアに利用されたことすら知らない。

「ええ。私は動揺していて、眠りにつくことができないと思います。それは、あなたも同じだと思いますが?」

「・・・はい、そうですね。・・・すぐに準備をします」

アリアが眠れないと⾔ったとき、ジェシーの顔は完全に暗くなった。

ジェシーは覇気のない⼿で軽⾷を⽤意し、アリアの部屋に⼊る。

「・・・お嬢様」

彼⼥がアリアに声をかけたとき、ジェシーの声は⾮常に慎重だった。

アリアはジェシーにそっと微笑んで、向かいに座るように話す。

「座って、ジェシー。寂しいので⼀緒に飲みましょう」

「・・・私にその地位を得る資格があるのですか?鈍い同情で、私は私の主⼈を殺してしまうところだったのに」

「いい加減にして。お茶が冷たくなるわ」

ジェシーは躊躇するが、アリアは諦めずに座るように促したので、結局、ジェシーはアリアの向かいに座り、⼆⼈は⼀瞬何も⾔わずにお茶を味わうことに。

「ミエールの世話をするのは悪いことではなかったと思うわ」

それから突然、アリアは要点に話し出した。

驚いたジェシーは⽬を⼤きく開いてアリアを⾒つめる。

アリアはまだ優しい笑顔を浮かべていた。

「世の中には、⾃分の罪を後悔し、悔い改める⼈がたくさんいることは事実よ」

もちろん、過去にジェシーを苦しめ、彼⼥を追い出したアリアやミエールのように、そうしなかった⼈々もいる。

「だから私はあなたの⾏動が間違っているとは思わない。けれど・・・」

言葉を一度止めたアリアはお茶を⼀⼝飲んで⾔った。

「あなたの本当の意図を他⼈に⾒せないでください」

「・・・どういう意味ですか?」

「他⼈を完全に信じない限り、彼らにあなたの本当の意図を⽰さないでください。そうした場合、あなたが傷ついてしまうわ」

そう話したアリアは、ミエールに⾒せてきた表情とはまったく違う穏やかな顔をする。

「そうしないと、今のように⾃分を傷つけるか、誰かを傷つけたことを後悔するでしょう。ハンスと会い続けるなら、世の中とどうやって仲良くするかという技術がますます必要になるわ」

ハンスはまだ勝者であり、このまま順調に進めば、彼の恋⼈のジェシーも社会の世界に⾜を踏み⼊れる必要があった。

アリアは、もはやジェシーが⾃分⾃⾝を犠牲にして他⼈のために傷つくことを望んでいなかったのだ。

アリアは、ジェシーが⾃分のような邪悪な⼥性にならなくても、少なくとも他⼈を完全に信頼して改善できるとジェシーに思わせたくなかった。

ジェシーはこの事件から何かを学んだかのように⾒下ろし、黙ってうなずき、唇を噛んだ。

 



 

それ以来、ジェシーは孤独な考えの瞬間を持っていた。

時折、彼女はアリアの⾔葉を考えることが多くなる。

他のアドバイスであればすぐに受け⽌めたかもしれないが、20年もの間、他⼈を信頼してきた姿勢を⼀瞬で変えることは難しかった。

それでもアリアは、ジェシーが自分やミエールのような⽬に⾒える悪⾏を犯した人間をもう少し疑うほうがよいと考えていたのだ。

それが、彼⼥が過去の状況を回避する唯⼀の⽅法だから。

もちろん、ジェシーが誰かを信頼したために怪我をした場合、アリアはその相手を罰することを厭わなかったが、彼⼥はジェシーに、そもそも怪我をしないように、世の中と仲良くする⽅法をもう少し学んでもらいたいと思っていた。

その間、アリアが望んでいたように、ミエールは無実を説明する機会を失い、刑務所での彼⼥の終わりを待たなければなりませんでした。

当初、捜査官は「事実確認をする」といくつか質問したが、その後すぐに、ミエールが記憶を取り戻した後、不条理な主張にうんざりしているように彼⼥を訪ねることをやめた。

「私は無実です!私は無実です!すべてはアリアの指⽰の下で⾏われ・・・、いいえ、それを設定したのは邪悪な雌犬のアリアでした!何回同じことを⾔わなきゃいけないの?どうか、私を信じてください!」

数⽇後、捜査官と騎⼠がミエールの容態を確認するためにやって来たが、ミエールが全⼒を尽くして叫んだのを⾒つけるとすぐに彼らは舌打ちした。

彼らは、ミエールが調査の間ずっと何も⾷べていなかったので、彼⼥がまだそのような強さを持っているのか疑問に思えるほどだったのだ。

どちらにしても彼⼥は処刑されるので、彼らは⾷べ物を無駄にしたくなかった。

もちろん、死ぬのを防ぐために少量の⽔が与えられていたが。

これまで死刑に処せられた他の犯罪者は激しい殴打と拷問を受けていたが、まだ成⼈期に達しておらず、痩せていて弱いミエールは、⼀度拷問された後に死ぬ可能性があったため、苦しみを避けることができた。

「これ以上聞く必要はないので、今すぐ殿下に報告したほうがいいでしょう」

「はい、状況と証拠は明らかであり、まだ反省の兆候は見られません」

「彼⼥が呼吸しているのと同じ空気を呼吸することさえひどい気分です」

ミエールの必死の叫びをしばらく⾒た後、彼らは彼⼥がもう⽣きるに値しないかのように、躊躇うことなく背を向ける。

「それは私ではありませんでした!私が殺そうとしたのは邪悪な⼥性ではなく、メイドのアニーでした!だからアリアは私に誘惑の花をくれたのです!お願いします!私を信じて!」

「・・・彼⼥は嘘をついていると思いますが、とりあえず殿下に報告しましょう」

しかし、それが真実であったとしても、何も変わらないでしょう。

⼈がすでに死んでいるときにターゲットが誰であるかを⾔ったとしても、それで結果が改善されるのでしょうか?

さらに、ミエールがアリアを殺そうとしたという噂はすでに広く知られている。

標的がアニーであると宣⾔した場合、誰もそれを信じないでしょう。

それにもかかわらず、捜査官はアースに直接報告しなければならなかったので、彼は⾃分で編集した報告書を持ってアースの元を訪れた。

アースは、かなりの量の詳細な証⾔または分析を含む報告書を受け取り、⼀⾔も逃さずにそれらを読む。

「彼⼥が殺そうとしたのはアリア夫⼈ではなく、メイドのアニーだったと?」

 



 

ミエールを追い詰めるためにジェシーは利用されましたが、アリアも彼女が不幸になることは望んでいません。

それはアリアの本心でしょう。

ジェシーとサラの存在は、アリアにとって大きいでしょうから。

一方のミエールも、予想以上に奮闘していました。

それだけアリアに対する憎悪が大きくなっているのでしょう。

悪女は砂時計をひっくり返す【183話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は183話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...