悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【177話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は177をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

177話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【176話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は176話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ミエールのためのお茶会

しかし、ミエールはアニーがアリアの許可なしに自分を刑務所に送り返すことが出来ないことを知ったので、アニーの⾔うことを聞くのではなく、彼⼥を睨みつけて戦うことを選んだ。

インデューシングフラワーを⼿に⼊れたミエールは、もはや過去のミエールとは違う。

「その態度は何?誰を睨んでいるのか分かっているの?」

ミエールによるそのような⾏動はアニーの怒りを引き起こし、両者の関係は⾮常に悪くなり、これ以上の悪化は想像できなかった。

アニーが袖をまくり上げて喧嘩をするかもしれないのを⾒た後、アリアが二人の間に割り込む。

「アニー、出かける準備をするのを⼿伝ってください。そして、ミエール、今⽇の午後にお茶を用意してくれませんか?」

「え・・・?わ、分かりました!」

このタイミングで、アリアがミエールにお茶を頼む理由は一つだけ。

それは、お茶に薬を混ぜるように示した合図。

理解したミエールが大喜びで答えた。

「すぐに準備を始めます!」

「お願いね」

そして、ミエールは急いでいるかのように姿を消す。

「・・・なぜミエールはティータイムの準備をするのですか?」

訪問者の予定はない。

そして、お茶会に参加するのはアリアとメイドの何人かだけのはず。

アニーの表情は、「どうして大騒ぎしているの?」と尋ねるようなものだった。

丁寧に準備しても数時間で⼗分なのだから。

アリアが理由を説明する。

「ゲストがいるのよ」

「ゲスト・・・、ですか?」

「ええ。ミエールがとても愛しているゲストが」

ゲストが来ると聞いてミエールの振る舞いに納得したアニー。

「ああ、そうだったのですね。ちなみに、ミエールが好きなゲストは⼀体誰なのですか?そのような⼈がいるのですか?」

「もちろん」

(もちろん、ミエールはその⼈が訪れることを知らないけれどね)

「とにかく午後にお茶を飲む必要があるので、忙しく移動しなければなりません。準備を⼿伝ってくれますか?」

「はい!ちなみに、私もお茶会に参加してもいいでしょうか?ミエールが誰を待っているのか気になります」

アニーの素朴な質問に、アリアは同意の笑顔で答える。

「もちろんと。あなたにも参加してほしいと思っていましたから」

そもそも、アニーなしでは成り⽴たないティータイムだったので、彼女を拒む理由がなかった。

アニーは⾃分を陥れるお茶会だとは知らなかったので、アリアのドレスアップに夢中だ。

 



 

ドレスアップした後に⽴ち寄ったのは、ボブーン男爵の建物。

男爵の繁栄したビジネスのために群がったゲスト、アカデミーの学⽣、そして新しい集まりに参加したいビジネスマンの数が多くて、介⼊する余地がなかった。

「・・・申し訳ありません。アリア夫人をお待たせしてしまって」

男爵は頭を下げてアリアに謝罪する。

彼女の到着に気づかずに待たせてしまったことに対して、ボブーン男爵は冷や汗を流していた。

「気にしないでください、あなたは私の代わりに私のビジネスの⾯倒を⾒てくれているのですから」

しかし、謝罪しなければならなかったのは男爵ではなく、アリアの方だ。

彼は最初から姿を隠していたアリアを全⼒で助けてくれて、アリアに関わる⼈々を⾃然に管理していたのだから。

「このままだとボブーン男爵の通常の仕事に影響を与えるので、適切な建物を購⼊したほうがいいですね」

「そんな事はありません。私は気にしていませんから」

ボブーン男爵は首を横に振って、自分は大丈夫だと熱心に訴えていた。

「アリア夫⼈がアニーさんを連れてこなかったのは助かります」と彼は⼩さなクスクス笑う。

最近のアニーの不平は、男爵が忙しすぎて中々会えないことに気づく。

それだけでなく、男爵の建物を⾒たとき、⼈で⾮常に混雑していたので、彼⼥は確信した。

アリアは彼の忠誠⼼が強すぎると感じて、ゆっくりと⾸を横に振る。

このまま仕事をボブーン男爵に任せるとしたら、彼は過労で死ななければならないでしょう。

「私が気にするわ。それほど難しいことではありませんし、私がすでに検討していた建物があります。今はやることがあるので、後でゆっくり決めていきましょう」

その上、この話は今⽇の目的ではない。

⽬的は、皇居の空席を埋めることを勧める⽂書に署名すること。

これは、アカデミーで活躍した⼈々を王室の低官として推薦するよう求める公式の⼿紙を受け取ったため。

リストには、過去に荷⾺⾞の事故で殺されたハンスも含まれている。

しかし、彼は今、アリアの全⾯的な⽀援と彼⾃⾝の努⼒によってアカデミーで最⾼のパフォーマンスを達成し、アリアが遠ざけることができなかった重要な⼈物になった。

さらに、彼はジェシーとも親しい。

アリアは⾃分の名前が⽂書に含まれていることを確認する。

「すぐに帝城に送るのですか?」

「はい、そのつもりです」

「それならまた別の⼿紙も送ってください。皇太⼦宛に」

「・・・皇太子殿下にでしょうか?」

自分で届けた方がいいのでは?

表情から質問を読んだアリアは、その理由を個⼈的に説明した。

「今⽇の午後に予定があるので。急な予定が入ったのです。ですから、両方送ってください」

「そうだったのですね・・・」

ボブーン男爵は何も⾔わずにアリアの用件を引き受けて、彼は使用人をアースの元に送る。

その間、有望なビジネスマンと彼らのビジネスについて話し、スケジュールに取り組んでいる間、アースからの⼿紙がすぐに届いた。

[⼤丈夫です。しかし、あなたが私ではない誰かと会っていますので、私は少し動揺しています。ですから、後でその理由を説明するようにお願いします]

アースからの可愛い返事に少し笑い、スケジュールを終えて屋敷に戻った。

 



 

ミエールはアリアが戻ってくるのを待っていたに違いない。

⾺⾞が⽌まった直後にアリアが最初に⾒た顔は、ミエールに他ならないのだから。

「ミエール、準備はいい?」

ミエールはその質問に⼤喜びでうなずいた。

「はい!もちろんです。後はお茶を⼊れるだけで終わりです」

「量をコントロールしなければならないことを知っていますよね?多すぎると⼤問題になりますから」

「・・・⼼配しないでください」

密かに囁く声で、ミエールは⾃信を持って「私を信じて」と答える。

「あなたは注意する必要があります。誰がそのお茶を飲むのか分からないのですから」

アリアがしばらく休んでいる間、2階の庭のテーブルに準備がされていた。

通常、お茶会のカップの⾊は統⼀しますが、今回はどのお茶が毒されたかを⽰すために別々の⾊。

アニーの茶碗は⾊とりどりの花飾りでいっぱいで、彼⼥好みの色。

事前に茶碗の底に毒を仕込んでいたミエールは、計画を成功させるためにアリアに⼀つのことを尋ねた。

『アニーに空のティーカップを⾒させないでください』

その⾔葉で、アリアはミエールが茶碗にどれだけの毒を⼊れたかを知る。

胃のむかつきが⽬的だったとしたら、⾁眼で違いを⾒分けるのは難しかったでしょう。

しかし、彼⼥がそれを⾔った理由は・・・。

「後で知ったとき、あなたはどれほど後悔するでしょう?」

いくつかの警告にもかかわらず、ミエールは⾃分でそうすることを選んだのだから。

開いた窓の外から⾺⾞の音に気づき、アリアは席から立ち上がった。

「じゃあ、あなたが⽤意した楽しい光景を⾒に⾏きましょうか?」

最後まで愚かな選択をしたミエールの最後を期待して前進する。

2階の庭のテーブルは、ミエールが⼗分に準備していたせいか、ティータイムにしては少し豪華だった。

毒の茶碗を確認した後、2階の庭を最初に訪れたアリアが席に着く。

 



 

アース宛に送った手紙の内容が気になりますね。

ゲストとは、カイン?それともオスカー?

父親の可能性も?

毒の量は、ミエールの発言からして、確実に致死量なのでしょう。

これがミエールの最後になるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【178話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は178話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...