悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【175話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は175をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

175話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【174話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は174話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 逆の運命

アリアが突然⻘い⾊が好きだと⾔ったとき、アースは彼⼥が何について話しているのか分からないかのようにもう⼀度尋ねた。

「指輪です。アースさんの⽬の⾊に似た⻘い⾊が欲しいのですが。そうすれば、誰もが私を羨ましがるでしょう?」

アースは彼⼥の言葉が何を意味するかを理解した後、⼀時停⽌してアリアを⾒つめる。

サラの結婚式を⾒ているアリアは、アースとの将来の結婚式について話していたのだ。

「ダメでしょうか?」

アリアの制御できない愛らしさに、アースは顔を⾚くした。

「私は世界で最も美しい⻘いものを準備する必要がありますね」

アリアは彼の⽬を凝視し、アースの⽿元で静かに囁く。

まるで秘密を告げているかのように。

「アースさんの目よりも美しいものはありません」

⽿をくすぐるアリアのはっきりとした声がアースの⽬を少し揺さぶり、彼の答えは少し遅れた。

「・・・じゃあ、⽬を抜いて渡した方がいいでしょうか?」

「スペアがあるでしたら、それも良いかもしれません」

アリアが低い声で⾔った後に微笑むと、アースも笑顔を浮かべる。

それは、本物の花嫁を迎えていたヴィンセント侯爵よりも幸せそうな笑顔。

「スペアがないので、世界中を探して似たようなものを⾒つけなければなりません」

「それほど長くは待てませんが、楽しみにしていますね」

アリアの言葉通り、彼⼥の18歳の誕⽣⽇はほんの数ヶ⽉先。

⻑い間待っていた⽇がそう遠くないことを聞くとすぐに、アースは唾液を飲み込み、緊張の兆候を⽰す。

「・・・急いで準備します」

「ええ、期待していますね」

「すぐにここから出て、結婚式の準備を急ぎましょう!」

アースの焦る言葉に、アリアは彼の⾚くなった⽿の先に触れながら、⼝を覆って少し笑う。

「私はどこにも逃げないので、⼼配しないでください。私の恋⼈が帝国の皇太⼦なのに、どうして私が逃げると?いいえ、そもそもあなたを置き去りにすることすら考えていませんでした。あなたはサラと⼀緒に私に来た貴重な宝物なのですから」

アースは短い唸り声を出し、アリアの腰に手を当てて頬にキスをした。

「・・・アースさん!」

突然の行動に驚き、アリアは低い声でアースの名前を呼ぶ。

「すべての⽬が私たちに向けられているときに、どうしてこのような目立つ⾏動をするのですか?」

しかし、アースは他人の目など気にしていないかのように振る舞う。

「侯爵の結婚式がもうすぐ終わることを願っています」

「・・・式典の後、私は邸宅に戻らなければなりません」

アリアは、「式典が終わったら、どこか別の場所に⼀緒に⾏こう」と⾔う彼の提案を断固として拒否した。

「少しも時間がないのですか?」

「本当は一緒にいたいのですが、・・・私には早く終わらせないといけないことがあるので」

ミエールの怒りが冷める前にしなければならないことが。

「なぜ私の恋⼈はとても忙しいのですか?」

アースの⽬は⾔葉では⾔い表せないほどの悔やみと悲しみに満ちていて、それを理解したアリアは周囲を⾒回す。

彼らは皇太⼦とアリアを公然と⾒ることができず、彼らをちらっと⾒ていた。

それに気づいたとき、アースのように⼤胆に⾏動するつもりはなく、囁くふりをして、扇で⼈々の視界を遮り、彼の頬にそっとキスをする。

「私は待つ⽅法を知っている⼈が好きです」

「・・・!どうすればこれについて⽂句を⾔うことができますか?」

結局、⾔葉を失ったアースは、額に⼿を当てて深いため息をついた。

 



 

当然のことながら、屋敷に戻ったミエールは医者に診てもらうことができなかった。

執事はアリアからの命令だと⾔っても、しっかりと⾸を横に振って答えもしない。

「あなたはそれほど悪く⾒えないので、休んでください。お嬢様が戻ってきたらまた話します」

それらの冷たい⾔葉を残した執事は、それ以上の仕事がないかのように背を向ける。

「そんな・・・」

悲しみと怒りで涙を流したミエールを慰めたのはジェシーに他ならない。

外出時に異様な雰囲気を感じていたので、気を配っていたようだ。

「ミエール!町から医者を連れてきたわ」

ジェシーはミエールの状態を調べるのを⼿伝うために、村から医者を個⼈的に呼ぶ。

少し前まで、ミエールは貴婦⼈だった。

そして、ジェシーは彼⼥があまり強くないことを知っている。

「彼⼥は何かに⾮常に驚いたと思いますが、健康で元気ですよ。1⽇か2⽇休むと気分が良くなるでしょう」

「先生、ありがとうございます」

幸いにも問題はなかった。

しかし、ミエールが彼⼥の痛みについて訴えたので、ジェシーの⼼配は終わらない。

「あなたは休まなければいけません。・・・⼀体何が起こったのですか?」

「・・・ジェシー・・・!アニーが・・・。アニーが・・・!」

ミエールはアニーの名前だけを求めて叫ぶ。

そして過去の経験から、ジェシーはミエールがアニーによって屈辱を与えられたのを理解した。

「ああ・・・、泣かないで、ミエール。⼤丈夫だから。アリアお嬢様と話しましょう」

(ミエールが過去にどんなに悪いことをしたとしても、なぜアニーはここまでするの?アリアお嬢様でさえミエールを助けようとしているのに・・・)

ジェシーは欲求不満のようにため息をつく。

アリアが不在だったので⾃由に時間を過ごせたジェシーは、夜遅くまでミエールのそばにいて、アニーの⾏動が悪かったと判断して、帰宅するとすぐにアリアの部屋を訪れた。

 



 

「・・・お嬢様、戻ってきたばかりなのに本当に申し訳ありませんが、少しだけ時間を頂けますか?」

結婚式が⻑かったので、ジェシーの声はとても⽤⼼深い。

彼⼥はミエールを⼼配し、アニーに腹を⽴てたが、彼⼥はアリアを悩ますかもしれないと⼼配していたのだ。

アリアはジェシーがこれを⾔うことを知っていた。

いいえ、彼⼥はその言葉を待っていた。

そして、アリアは笑顔を隠し、少し困った表情で答える。

「申し訳ありません。朝⼀⼈で屋敷に送り返したミエールが⼼配なので、まずは彼⼥に会わなければなりません。それは急ぎの用事?」

「はい?いいえ!それはミエールについてでしたので」

「本当に?それならミエールを私の部屋に呼んでくれませんか?彼⼥は体調が悪そうに見えたので、私が会いに行った方がいいかしら?」

「それほど悪くはありません。彼⼥は少し驚いたらしく、医者は彼⼥がただリラックスする必要があると話していました」

「本当に?ミエールが病気になるのではないかと⼼配しましたが、神に感謝します」

屋敷に戻ったアリアがミエールを⼼から⼼配していることを知り、ジェシーの表情が柔らかくなった。

「すぐ戻ってきます!」

そんな明るい顔で姿を消したジェシーは、すぐにミエールと⼀緒に現れ、アリアの依頼で⼤喜びでお茶を持ってきた。

「では、私は退出しますね」

ジェシーが丁寧にお辞儀をして部屋を出ようとしたとき、予期しない声がジェシーを捕らえる。

「⼀緒に会話しませんか?あなたはミエールに⼀番近いと思うので、あなたも彼女を助けることができると思います・・・」

「・・・私もですか?」

ジェシーがあえて彼らに加わる権利があるかどうか尋ねると、ミエールもうなずき、安⼼したかのように断⾔する。

「そうしてください、ジェシー」

「私が助けることができるかどうかはわかりませんが・・・、かしこまりました」

ジェシーが腰を下ろすと、アリアはお茶を少し飲み、ミエールに今⽇何が起こったのか尋ねる。

「私は遠く離れていたので、そこで何が起こったのか分かりませんでした。アニーはあなたを困らせましたか?」

好奇⼼旺盛な顔を隠して、とても慎重に尋ねる。

すると、状況を思い出しているように⾒えるミエールが、カップを持っている⼿を震わせた。

「・・・そのとおりです。アニーは私を困らせました、それも意図的に。そうする必要はなかったはずなのに、誰もがそれを聞くことができるように、彼⼥は私の名前を数回呼びました・・・」

⾔葉だけで、ミエールの屈辱を推測していたジェシーは驚く。

ジェシーは⼿で⼝を覆い、アリアの顔も暗くなった。

 



 

ローハンの出番はもうないのでしょうか?

このまま退場だと、完全に噛ませ犬のような気が・・・。

ですが、アリアがクロア国に行く理由もありませんしね。

アリアの狙いは何なのでしょうか?

ジェシーを巻き込んで、彼女を不幸にすることはないと思いますが・・・。

悪女は砂時計をひっくり返す【176話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は176話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...