悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【174話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は174をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

174話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【173話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は173話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 親愛なる友人

ミエールに焦点を合わせていた視線は、何も起こらなかったかのように優雅な⼀歩を踏み出したアリアに散らばり始めた。

「どうしたの?ミエール?」

⽬的地に到着したときにアースから⼿を離したアリアは、ミエールの薄い頬に触れる。

ミエールの⽬は不安に満ちていた。

(誰があなたをそんなに屈辱的にしたの?いつものように復讐すべきだと思わない?私はそれを⾏う⽅法を知っているわ)

「大丈夫?ミエール?」

ミエールの名前を⼼から呼んだとき、彼⼥は涙を浮かべてアリアの⼿を取る。

「・・・お姉様!」

抱きしめられる嫌悪感を抑えるために、アリアは使用人を呼ぶ。

ここで手を払いのければ全てが台無しになるのだから。

「ミエールは気分が優れないので、休むのに少し時間が必要です。気分転換のために彼⼥を連れ出しましたが、今回の件は私の配慮不足です」

ミエールを連れてきたのがアリアだという告⽩に、人々はアリアに対する嘆きと称賛を抱く。

「彼⼥は自分を傷つけようとした⼈の面倒を見ているの?」と。

「どうされましたか?」

そんな中、屋敷の執事が現れ、騒ぎを払拭する。

彼が細⼼の注意を払って準備したのは彼の主⼈の結婚式であり、突然起こった不快な状況を好まなかったようだ。

「ええと・・・、ミエールの気分が優れなくて」

アリアは結婚式を台無しにしてしまったという後悔の表情を浮かべる。

しかし、それは皆の記憶に残らないであろう些細な事柄でしょう。

今日の主役であるサラの耳に入らなければ良いだけなのだから。

「⾺⾞が残っている場合、借りることはできますか︖ミエールを邸宅に送りたいのですが」

これ以上の損害を避けるためにミエールを戻らせると⾔ったとき、執事は丁寧に頭を下げ、彼がその⾔葉を待っていたかのようにすぐに姿を消した。

「お待たせいたしました。すぐに準備ができますので、もう少しお待ちください」

「ミエール、もう少しだけ待ってちょうだい」

アリアの⼼配そうな⾔葉に、⽬を閉じたミエールはうなずいた。

彼⼥はとても哀れな表情を浮かべていたが、これまでの彼女の行動の結果から、誰も彼女に同情することはないでしょう。

しばらくして馬車が現れる。

執事が持ってきたのは、邸宅のゲストのための豪華な⾺⾞。

庶⺠のミエルには向かない⾺⾞だったが、アリアの⾒栄えを良くする準備ができていたようです。

「ありがとうございました」

執事の配慮を賞賛したアリアは、彼に感謝し、ミエールが⾺⾞に乗るのを⼿伝う。

「ミエール、邸宅に戻って休んでください。分かった?」

アリアはそれ以上何も⾔わずに⾺⾞の扉を閉じた。

すると、待っているかのように⾺⾞が発進し、ようやく本物の悪⼥が姿を消すと、ヴィンセント侯爵の邸宅内でゆっくりと明るい笑い声が響き始め、完全に祝福の場として⽣まれ変わった。

「ミエールが安全だといいのですが・・・」

アリアが⼼配そうに呟くので、アースが彼女の肩に手を置く。

彼は彼女を慰めていたが、心配はしていない。

実際、アリアがミエールについて⼼配していないことを知っていたから。

「ああ、お嬢様。侯爵夫人の元に⾏くべきです!彼⼥はきっとお嬢様を待っているでしょうから!」

同様に、アリアがミエールのことを⼼配していないことを知っていたアニーは、気分を変えるために話題を変えた。

「そうよね?サラは⻑い間待っていたに違いありません」

「はい!お嬢様は侯爵夫人と親友ですから!」

アリアはミエールにこれ以上感情を⼊れたくなかったので、気分を切り替えることにした。

「侯爵様は、あなた方が到着したらすぐに奥様に知らせるように私に頼みました。すぐにご案内します」

 



 

「アリア!」

「サラ・・・」

サラはアリアの訪問を⼤喜びで歓迎する。

彼⼥はすぐに振り返り、何か不快なことが原因でアリアが来られないのではないかと⼼配していたようだ。

サラが無事なアリアの姿を⾒たとき、彼女の⽬には安堵が見えた。

「ご結婚おめでとうございます。あなたはとても美しいです!」

アリアはサラの姿を⾒て、誠意を持って告げる。

サラは、帝国の侯爵家の唯⼀の貴婦人に合った上品でエレガントなドレスを着ていた。

ティアラを着ければ、彼女の衣装は完璧になるでしょう。

「ありがとう。アリアにそう言ってもらえて安心したわ」

「これからは侯爵夫人と呼ぶべきでしょうか?」

「そのように呼ばれるのは少し悲しいので、いつものようにサラと呼んでください」

(普通であれば、⼈々はより⾼い地位を引き継ぐと変化するのだけれど・・・)

しかし、今⽇から帝国の唯⼀の侯爵となったサラは、アリアが初めて出会ったときと同様に、⾮常に純粋で無垢な⽬をしていた。

アリアは、サラが最後まで⾃分の計画を知らないことを願っていると、突然、サラがニヤリと笑って⼝を開く。

「ちなみに、アリア夫⼈が私のためにできることがあります」

「私が?」

「ええ、それは私がアリアの結婚式でやりたいことでもあります」

サラはティアラを指差しながら⾔った。

隣で待機していたメイドが、ティアラを丁寧に拾い上げてアリアの元に持って⾏く。

「このティアラを頭に乗せてほしいのです」

「・・・私が?」

「はい。今⽇私を完成させるティアラを私の頭の上に置いてほしいのです」

「でも、これは・・・」

⺟親が花嫁の頭にティアラを置くのが⼀般的。

服や装飾品に関しては、親しい知⼈が助けるが、ティアラは助けない。

そのため、アリアが躊躇していると、サラは時間がないと⾔って、彼女を促し始めた。

「お願い。このままだと結婚式に遅れるわ」

アリアは注意深く⼿を伸ばし、ティアラを⼿に持つ。

豪華な宝⽯の締まり具合は⾒た⽬以上に重かった。

ティアラを髪につけると、メイドたちは待っていたかのようにそれを直す。

誤って倒れた場合、花嫁は不運に⾒舞われるという迷信があったから。

派⼿なティアラはサラの優雅な顔とは⼀致しそうに見えなかったが、アリアが思っていたよりもサラに似合っていた。

「ありがとう、アリア。これで、今⽇の結婚式を無事に終えることが出来るでしょう」

(サラはどうしていつも私を信頼し、好きになってくれるのだろうか?)

もうサラを利⽤する必要はないが、最初から不純な意図でサラへのアプローチを思い出したアリアは、胸に⼿を置く。

どういうわけか、彼⼥はチクチクする感覚を感じていた。

それを知らなかったサラは、信頼の表情でアリアをまっすぐ⾒つめている。

「・・・サラ、あなたは私の⼈⽣を通して私の親愛なる友⼈です」

サラは、過去と現在を通して⼆度と⾒られることのない親愛なる友⼈だった。

「それは私もです、アリア」

アリアの真⾯⽬な表情に優しくうなずきながら、サラは明るい笑顔で応えた。

 



 

サラの結婚式は、帝国で唯⼀の侯爵夫人の結婚式に相応しく、とても壮⼤で素晴らしかった。

細⼼の注意を払って外出しない皇帝も⼀瞬顔を⾒せる。

セレモニーが始まり、アリアはサラとヴィンセント侯爵が指輪をはめているのを⾒つめる。

彼⼥は隣に座っているアースの⼿を握って静かに言った。

「アースさん、私は⻘色が好きです」

「・・・え?」

 



 

アリアの計画は、ミエールがアニーを憎むように促して、復讐させようとしているのでしょうか?

大事なサラの結婚式でしたから、ミエールが早々に退場してホッとしました。

今作の一番の良心であるサラ。

彼女との出会いがアリアにとって一番大きいのでは?

もちろんアースもですが。

これまで姿を見せなかった皇帝。

そして、アリアの放った発言にアースはどんな反応をするのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【175話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は175話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...