悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【173話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は173をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

173話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【172話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は172話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 虐待の急流

「アリアお嬢様。私があなたに⾔ったように、私があなたを憎むつもりはありません。むしろ、あなたはとても巧妙に計画されているので、私は安⼼しました」

アースはアリアの不安そうな⼿をしっかりと握りながら話し続ける。

「私にできることは何もないのではないかと少し⼼配しています」

「⼼配しないでください、アースさん。すべてが順調に進んでいますから。これが終わると、すべてが正常に戻ります」

(私の悪夢も終わるはず)

「いつでも私が必要な場合は、すぐに知らせてください。それが何であれ、私は喜んであなたを助けます」

「ありがとうございます。久しぶりにお会いできたので、気分がおかしくなっていました」

「気にしていません。どんな話でも、私はあなたと⼀瞬⼀瞬を楽しんでいますから」

「私もそうです」

アリアは再び笑顔を取り戻し、アースも明るい笑顔を浮かべた。

すぐに全てが⼿配され、彼⼥は新しい⽣活を送るでしょう。

 



 

「・・・あなたのせいで!」

⾺⾞が去った後しばらく動けなかったアニーは、すぐにミエールに怒りをぶつけた。

ボブーン男爵が⽤意したドレスを着て貴婦⼈を演じれると思っていたはずが、犯罪者を連れて⾏かなければならなかったのだから!

「・・・私もあなたについて行きたくないわ、アニー」

ミエールも非常に冷たく話して、明らかにアニーに同行したくないと示している。

しかし、このような状況を作った人物に⾔葉を伝えることができなかった⼆⼈は、お互いに鋭い敵意を持って⻭を⾷いしばった。

そして残念ながら、ボブーン男爵は物事が整理される前に邸宅に到着してしまう。

「どうしてこんなに大勢の人が?」

かなりの群衆が庭に集まったことを確認したボブーン男爵が、⾮常に驚いた表情で尋ねる。

「・・・ボブーン男爵!」

アニーは急いで表情を変えて、ボブーン男爵に挨拶するために笑顔を浮かべた。

このエキサイティングな状況で、使⽤⼈はアニー、ボブーン男爵、ミエールを観察し始め、邸宅に戻らずに息を潜める。

「アニーさん、あなたは私が思っていた以上に美しいです」

「ありがとうございます・・・、ボブーン男爵も素晴らしく⾒えます」

「それは嬉しい褒め言葉ですね」

恋⼈のように、アニーへの愛を⽰したボブーン男爵は、時間が推していると⾔い、⼿を差し伸べた。

ミエールの問題が残っていなければ、いつものように、彼⼥はあごを最⼤限に上げて、みんなに⾃慢するかのように⼿を握っていただろう。

沈黙がしばらく続くと、状況を警戒していたジェシーがアニーに近寄り、静かに話しかけた。

「アニー、アリアお嬢様はあなたにミエールと⼀緒に⾏くように頼みました。不必要なトラブルを起こさないでください・・・、ミエールも良い子なのですから」

ジェシーはミエールの苦悩についてカウンセリングを受けた人物。

彼⼥がミエールの側に⽴ち、アニーを促したとき、他に選択肢のないアニーは⽬を転がせて、決⼼したかのように⼩さなため息をついた。

「・・・ごめんなさい、ボブーンさん。メイドを乗せてもいいでしょうか?」

「もちろん、構いませんよ」

(何も不平を言ってくれないのね)

アリアに嘆願して不平を⾔った皇太⼦とは異なり、ボブーン男爵が即答すると、アニーの不安は高まった。

「・・・行きましょう、ミエール」

「・・・ミエール?」

彼⼥が微弱な声でミエールの名前を呼んだとき、ボブーン男爵は驚きの表情でミエールを⾒つめた。

アニーから聞いている噂のミエールを⾒たとき、ボブーン男爵の表情は固くなる。

(なぜミエールがアニーに同⾏するんだ?)

いいえ、なぜ彼⼥がアニーのメイドになったのかという疑問に満ちた顔で。

それにアニーは気づいていたが、ミエールへの苛⽴ちとボブーン男爵への失望に⾮常に腹を⽴てたため、他の説明は追加せず、最終的にサラの結婚式に到着するまで⾺⾞内で会話は交わされなかった。

 



 

アニーとボブーン男爵を乗せた⾺⾞は、アリアとアースが到着する前にヴィンセント侯爵の邸宅に到着した。

これは、沈黙を乗り越えられなかったボブーン男爵が運転⼿に促したため。

そして故意に⾸都を⼀周したアリアとアースのおかげでもある。

不快な気分で⾺⾞から降りたアニーは、侯爵の邸宅に⼊ったばかりの豪華な⾺⾞に気を取られた。

「あの馬車を⾒てください。誰の馬車でしょうか?」

「皇太⼦の⾺⾞ではないですか?エンブレムを⾒てください!」

「乗っているのは皇太⼦殿下とアリア夫⼈でしょうか?」

「このような場所に訪れるのは初めてですよね?」

誰もが帝国で最も素晴らしい⾺⾞に⽬を向けていたのはごく⾃然なこと。

そして、集まった来場者たちは、馬車を降りたアリアの姿に⽬を⼤きく開き、アースが⼿を取る光景に、憧れを隠せなかった。

「ああ、なんてこと・・・。彼⼥は⽂字通り輝いているわ」

「彼⼥はもう貴婦⼈ではありませんが、どうしてあんなに美しくなることができるのでしょう?」

「地位に関係なく、⾃然の美しさです」

そんな光景を遠くから見ていたアニーの背後で、ミエールが彼女にだけ聞こえる声で話しかけられる。

「彼⼥は同じ庶⺠ですが、あなたとはとても違いますね」

「・・・何ですって?」

もちろん、アニーは聞いたことに腹を⽴てるが、その理由を知らなかったボブーン男爵は⽬を⼤きく開いてアニーを⾒る。

「どうしましたか?」

「・・・それは・・・!」

(アリア夫⼈と⽐較されて怒ったと言えるわけがない)

ミエールの言葉は⾮常に⽪⾁だったが、間違っていない。

何も⾔えないでいると、アニーはミエールが満⾜そうに笑っているのを⾒る。

(よくもそんなことを!深淵に陥ったあなたとは異なり、私はもうすぐ男爵夫⼈になるのよ!)

我慢できなくなったアニーは、いい考えがあるかのように声を上げた。

「ミエール!アリア夫⼈が到着したので、彼⼥に会いに⾏ってください」

アニーがミエールの名前を⼤声で叫んだので、周りのみんなが彼らの⽅向を⾒て驚く。

「彼⼥はミエールと⾔いましたか・・・?」

誰かが呟き、聞いたことが正しいかどうか尋ねる。

そして、アニーは再びミエールの名前を呼ぶ。

「ミエール!ミエール!答えずに何をしているの?」

会衆の⽬が鋭くなったのはあっという間だった。

誰もが殺⼈的な⽬で、アリアに罪を犯し、帝国を売り払おうとした邪悪な⼥性に焦点を合わせ始める。

「ミエール!」

アニーが静かな庭で再び彼⼥の名前を呼んだとき、声は遠く離れたアリアに届いた。

ミエールはみんなから批判されていたので⻘ざめ、アニーは何も知らないかのように落ち着いて笑っていた。

そして、アリアは唇を噛み、彼⼥が望んでいたものを超えた光景を見て、必死に笑いを堪えていた。

「どうして邪悪な⼥性がこんなに神聖な場所に?」

「彼⼥は恥ずかしくないのか?」

「彼⼥がサラ夫⼈に危害を加えるために何かをするつもりではないでしょうね?」

誰も虐待の激流に耐えることができない。

⻘ざめたミエールは頭を抱えて倒れそうに震え始め、横のボブーン男爵は恥ずかしそうに動揺し、どうしたらいいのか分からなかった。

しばらくこれを⾒ていたアリアは笑った。

ミエールが気絶するまで続けるかどうか考えたが、サラの大事な結婚式のために止めることを決心して、彼女の名前を呼ぶ。

「ミエール!あなたは先に到着したのですね。しばらくすると楽しい⼀⽇になりますが、⾒栄えはよくありません」

アースの⼿を握ったアリアが⼀歩踏み出すと、群衆は彼⼥のために道を開き始めた。

 



 

今回の一番の被害者はボブーン男爵ですね・・・。

サラの結婚式はトラブルなく終わって欲しいのですが。

アニーの本性が垣間見えた今、ボブーン男爵は彼女と結婚するのでしょうか?

ミエールを呼んだアリアはどのような行動を取るのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【174話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は174話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...