悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【170話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は170をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

170話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【169話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は169話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • メイドとしての一日

「分かりました、お嬢様。ところで、ミエールをメイドにするために何をしますか?彼女はあまり役に⽴たないと思いますし、なぜあんな傲慢な⼦供をメイドにするべきなのかも気になります。もしかして、私が彼女を連れて行くのではないですよね?」

ミエールはアニーから離れることができない。

アリアは、⼼配している彼女に笑顔で答える。

「⼼配しないで。それは起こらないでしょうから」

正確には、アニーが結婚して邸宅を離れる前に、すべてが終わる可能性が⾮常に⾼かったから。

アニーはアリアの漠然とした答えに不安を抱えながらも頭を下げるが、何か深い考えを持っているのではないかと考えることにする。

「ですが、お嬢様が⾔ったように、彼⼥は明⽇から苦労するでしょう!実際、私は少し楽しんでいます。これが、貴族がメイドに嫌がらせをしている理由なのですね」

頼んでいないこともするように見えたので、アリアは軽く微笑んだ。

理由があるから虐めるのではなく、楽しむために他人を虐めることを選んだアニーは、今回の計画に最も適した人材だろう。

 



 

ミエールを苦しめるという宣⾔は空虚な話ではなく、翌⽇から、アニーはミエールに対して⾮常に厳しい嫌がらせをし続けた。

いいえ、たとえアニーが何もしなかったとしても、ミエールがメイドとして働くことは彼⼥にとって苦痛でしかない。

朝早く起きて、急いで朝⾷を⾷べて、邸宅を掃除しなければならないが、アニーに何度も叱られる。

もちろん、ミエールは最初は強く抗議したが、アニーが⽤意した秘密兵器によって悪意を減らすことを余儀なくされた。

「ミエール、あなたはバカですか、それとも死にたいのですか?刑務所に戻りたいのなら、そのように反抗し続けなさい」

「・・・!」

「あなたは本当にあの刑務所が好きなのですね?どんなに暖かくなっても、薄い⽑布がなければ刑務所は寒くなるでしょう。食事もさらに質素になります」

「あ、あなた・・・」

ミエールを降伏させたのは病気の⽗親ではなく、彼⼥自身を苦しめた刑務所。

これは、ミエールが他⼈が苦しんでいる痛みを理解して共感するよりも、⾃分の安全を⼼配することに多くの感情を費やしたため。

「あなた?私をアニー夫人と呼ぶように⾔ったはずよ。メイドの中には階級があります。その上、私は普通のメイドではありません。私はアリア夫⼈の隣に⽴つことができるメイドなのです」

「・・・」

「刑務所に戻されたくないのでなければ、口の利き方には気をつけてくださいね」

刑務所を⾔及されることによって、ミエールはまったく反逆することができなかった。

その代わりに、彼⼥は世間の⽬を逃れるためにアリアの部屋に忍び込む。

告げ口をすればアリアがアニーを叱責するだろうと信じて。

しかし、何度かアリアに会おうとしたができなかった。

その上、彼⼥に会ったとき、アリアの隣にはアニーが陽気に笑っていたのだ。

「どうしたの、ミエール?」

「ええと、お姉様・・・」

(私はアニーを⾮難したいのに、なぜ彼女はアリアの隣にいるの?)

アニーはアリアの専属メイドなので自然な光景なのだが、アリアにほとんど会っていなかったミエールにとっては、空が崩壊したように感じていた。

「ごめんなさい、重要な⼿紙が届きました。ちょっと待ってもらえる?」

「はい?わ、分かりました・・・」

とても従順だったミエールは、アリアの仕事の終わりを待つだけで、ドアのところにじっと⽴っている。

当然のことながら、彼⼥は座るように言われず、アリアと話していたアニーは時々ミエールを睨みつけたので、彼⼥は座ってもいいかとさえ聞けなかった。

 



 

「お嬢様、これは正式な招待状ですか?」

「ええ、当初は冬に予定されていましたが、現在は進⾏中です」

「帝国には公爵家がいないので、ヴィンセント侯爵とサラ侯爵夫人が最⾼の貴族なので、すべての貴族が集まりますよね?」

「その可能性は高いでしょうね」

「皇太子殿下は来られるのですか?」

アニーが⽬を輝かせて尋ねた。

アリアはサラからの招待状の下に置かれた別の⼿紙を取り出す。

「殿下も出席すると書いてあるわ」

「でしたら、これは皇太子殿下とお嬢様の最初のパーティーになります!」

二人はサラの婚約式で会っていたが、アリアが正式にアースと同⾏するのはこれが初めて。

彼らは結婚式の主⼈公であるサラよりも注⽬を集めるかもしれません。

それでも、サラは気にせずに喜ぶでしょう。

「時間がありませんので、すぐにドレスを準備する必要がありますね!デザイナーを呼ぶべきですか?」

アリアは⾸を横に振って⼿紙を持ち上げ、アニーがよく⾒えるようにした。

「読んでみなさい」

「『ヴィンセント侯爵の結婚式に私と⼀緒に来ませんか?久しぶりの良い機会ですので、よろしければドレスと靴をお送りします』何てことでしょう。それは殿下がお嬢様にドレスを送るという意味ですか?」

「ええ。ですから、何も準備しないでください」

アニーは⼿紙を読み終えると、恍惚とした表情を浮かべる。

彼⼥は、サラの結婚式で彼らの美しさを誇⽰するアリアとアースをすでに想像していたようだ。

「あなたはどうなの?」

「え?」

「ボブーン男爵と⼀緒に参加しないのですか?彼も招待状を受け取ったと思います」

アニーは目を丸くする。

「で、ですが・・・。お嬢様の付き添いが」

「あなたが私についてくるなら、アースさんはきっと怒るでしょうね」

アリアがボブーン男爵と⼀緒に⾏くように彼⼥に頼むと、アニーは⼤きな笑顔を浮かべる。

「ほ、本当によろしいのでしょうか?」

「もちろんよ。このチャンスを逃したらダメよ」

「ありがとうございます!お嬢様!」

「私はドレスの準備をする必要はありませんが、アニーは必要ね」

「・・・本当は、ボブーン男爵が使用人を送ると言ってくれていました」

「そうなの?いつ?」

アリアは少し唖然とした。

アニーは頬を引っ掻きながら、アリアの⽬を避ける。

「それは・・・、明⽇です。そして、私はまだ彼に明確な答えを与えていません。明日は外に出てもいいでしょうか?」

「明⽇?外出しないように⾔ったら、私は意地悪な女性になるわ。外出してもいいから、無事に戻ってきてください」

「はい、お嬢様!」

そしてようやく、アリアはドアのそばに⽴っていたミエールを⼿招きした。

「ミエール、何か言いたいことがあったのでしょ?仕事に苦労しているに違いありま
せん。あなたの顔はかなり衰弱しています」

ミエールは顔を暗くしたままアリアにゆっくりと近づく。

(文句を言うために来たのに、これからの⽢い時間について話したばかりのアリアにどうやってそれを言えばいいの?)

彼⼥は最近までアリアと同じ⽴場にいた。

いいえ、彼⼥はアリアよりもはるかに⾼貴で優雅だった。

(しかし、今はどうですか?)

ミエールは、メイドに虐待されて、他⼈が通りかかった床を掃除する⽴場にいる。

⼝を開けにくいミエールの意志に気づいたアリアは、アニーのために注がれたお茶を⼿渡しながら、柔らかな⼝調で話す。

「もしあなたが苦労しているなら、私に知らせてください、ミエール」

「・・・」

ミエールの⼼に気づいた優しい⾔葉のように聞こえる。

彼女はゆっくりと⼝を開けて、アニーが⾃分にしたことを注意深く⾮難した。

「それは・・・、アニーが私に意地悪をするのです、お姉様・・・」

「なるほど。ああ・・・、可哀想なミエール」

アリアはアニーの⾔うことを聞かず、ミエールの味方をする。

⾃信を得たミエールは、アニーが自分に嫌がらせをしていたことを告⽩した。

「彼⼥は私がすでに掃除した廊下に⽔をこぼしました。そして時々、彼⼥は私が持ってきた⽔を蹴り、窓辺に埃を払いました。私が彼⼥の気持ちを少し傷つけたら、私を刑務所に送ると脅しました・・・」

「・・・そんなことをされていたの?」

アリアはミエールの震える⼿を握りしめ、実際には彼⼥に⼗分な嫌がらせをしたアニーの痕跡を賞賛していた。

「それだけでなく、他のメイドも・・・」

「ミエール、あなたがそんな状況に陥っているなんて知らなかったわ」

「お姉様・・・」

「私はあまりにも怠惰だったに違いありません。⼼配しないでください、あなたは私の妹なので、私は彼らに厳しい叱責を与えます」

 



 

アニーとボブーン男爵の関係は順調のようですね。

たしかに、アリアの専属メイドという肩書きを持つアニーの存在は大きいですよね♪

アリアの想像以上の嫌がらせを行うアニー。

彼女が結婚して邸宅を離れる前に全てが終わるとアリアは話していますが、最終的にミエールはどうなるのか気になりますね!

悪女は砂時計をひっくり返す【171話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は171話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...