悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【169話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は169をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

169話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【168話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 兄妹の償い

アリアは忙しくて急いでいるように⾒えたが、それはとてもエレガントで⾃然で、見る者を感動させるのに⼗分な所作だった。

(どうして彼女はあれほど優雅に食べれるの?)

「・・・まずは、私たちを救ってくれてありがとう」

最初に口を開いたのはカインであり、彼は彼⼥の努⼒に感謝した。

「⼤したことではありません」

アリアが⼤したことではないと答えたとき、カインは彼⼥の存在が大きくなっていることに気づいて、表情を暗くする。

「・・・⽗のためにあなたがしてくれたことに感謝します。私はすべての説明を聞きました、そして私の⽴場は私が値する以上のものです」

状況を知らないミエールは、答えを求めるかのようにカインの⽅を向く。

彼女は自分の状況に精一杯で、伯爵のことを考える余裕はなかったのだ。

「どういたしまして。私ではなく、負担を負うのはあなたなのですから」

「・・・しかし、それはすべてお⺟さんとあなたのおかげです」

進⾏中の感謝の言葉が続き、ミエールはようやく尋ねた。

「⽗は今何をしているのですか?邸宅にいるのですか?」

伯爵をひどい状況に陥らせたのは彼⼥だったので、⾃問⾃答するのは不思議ではあるが、カインは親切に説明した。

「私たちの⽗は・・・、医療施設にいます。なぜなら、ロースチェント伯爵の邸宅でさえ帝国に戻され、父には⾏く場所がないから」

「・・・なるほど、幸運だったのですね」

ミエールは伯爵の状況を知り、本当に幸運だと思ったかのように安堵した。

彼⼥は父が離婚後に⾒捨てられたと思っていたが、今も彼は⼤丈夫だと分かったからだ。

しかし、ミエールがまだ知らないことがあったので、アリアは彼⼥に話す。

「私の⺟と私は彼を動かす以外に何も出来ませんが、あなたはすべての費⽤と将来の費⽤を⽀払わなければなりません」

「・・・帝国の城がお⾦を払うと聞いたので頑張ります。その上、ミエールはすぐに成人を迎えますので」

たくさんのお⾦が必要になるでしょう。

カインは彼の⼈⽣の残りの間、ミエールとそれを返済するつもりだった。

 



 

「お、お兄様、何を⾔ってるの・・・?あなたは私と⼀緒にそれを返済するつもりだと言いましたか?」

⼀⽣仕事をするなんて想像もしていなかったミエールが、不安げな表情で尋ねる。

その⾔葉が⾷堂の雰囲気を冷たくした。

それは、カリン夫⼈がアリアに似た男性と出かけるのを⾒たメイドが何⼈かいたから。

カインもその光景を目撃している。

二人はとても親密で甘い雰囲気を出していた。

とても若くてハンサムな相手がいるのに、ほとんど動けなかった元伯爵と再婚する女性がいるだろうか?

その上、彼はアリアにとてもよく似ていたので、彼⼥の実の⽗親であることは間違いでしょう。

カインはクロエの⾝元すら知らなかったがが、カリンが父親と再婚する理由がないことを確信して、それ以上は何も言わなかった。

「どういう意味ですか、お兄様?アニーから離れられない!?仕事?」

ミエールは再び叫んだ。

そして、アニーはあえて会話に介入する。

「申し訳ありません、アリアお嬢様。発言してもよろしいでしょうか?」

もし過去だったら、ミエールは貴族としてアニーを叱ることが出来たが、今では彼らは同じ地位にあったので、アリアが叱らない限り、誰もアニーを批判することは出来ない。

「どうぞ、アニー」

「私も屋敷を出る準備をしていますので、ミエールを私の代わりにメイドにしてみませんか?とにかく、私が彼⼥を教育してお⾦を稼ぐ⽴場にさせますので」

その言葉は、アリアだけが終わりを知る最後の復讐の始まりを鳴らす合図。

彼女はこの瞬間を待ち望んでいた。

ミエールとカインへの復讐のときを。

アリアは明るく微笑んで、アニーの考えを称賛する。

「それは良いアイデアね。前の伯爵、カイン、ミエールの全員の将来が幸せになるでしょう」

最も幸せなのはアリアに違いないが。

「わ、私は・・・!」

全員が自分をメイドに仕立てるような静かな圧力をかけるので、ミエールは口ごもる。

(どうして私がそんな下品な仕事を!?)

完全に受け入れるのは難しいでしょう。

しかし、階段から落ちて不⾃由になった⽗親が⼈質に取られたため、彼⼥は文句を言うことが出来なかった。

「私から離れることはできないので、選択の余地はありませんよね?それに、この邸宅で働いていない⼈は⾷べることができません。アリア夫人を⾒てください。彼⼥は夜遅くまで働いています」

邸宅の所有者であるカリン夫⼈を除いて、すべての使⽤⼈とアリアは働いていた。

貴族のように、国によって与えられた⼟地がなかったので、働かなければ何も提供されないのだ。

ミエールがどれだけ⼀⽣懸命に否定しようとしても、メイドとして働く以外に生きる術はない。

なぜなら、彼女は貴族ではないのだから。

ただの⼦供であり、技術も持たずに病気の⽗親の責任を負った罪⼈。

アニーの隣にいる必要がなくても、彼⼥は働かなければならない。

彼⼥の教育を⽀援する⼈は他に誰もいなかったので、ミエールは自分が過ごした年⽉の間感謝の気持ちで働き続けるしかなかった。

自分を優雅に育ててきた前の伯爵のために。

「そ、それは・・・」

責任は本人にあるため、否定の余地はない。

「お姉___」

ミエールがアリアに助けを求めようとしたとき、アリアは飲み物を一口飲んでから話す。

「前の伯爵は病気で動けませんから」

あなたが突き落とした父親。

ミエールに自らの罪の高額な代償を再認識させて、アリアは目を細める。

「不快に感じるときはいつでも、私に知らせてください。あなたの相談に乗るわ」

そう⾔ったアリアは、ナプキンで⼝を拭き、席から立ち上がった。

食事はまだ残っているが、アリアにはやるべき仕事がたくさん残っているのだ。

「まだやるべきことがあるので、⾷事を終えなければなりません。お兄様、ミエール。ゆっくりお⾷事をお楽しみください。私は今あなた方の家族ではありませんが、あなた方を本当の家族のようだと思いますので、リラックスしてください」

ミエールはまだ何か⾔いたいことがあるかのようにアリアに⼿を差し伸べたが、もうここにいる理由がなくなったアリアはすぐに向きを変えて⾷堂を去っていく。

そして、兄妹が残されたダイニングルームにはしばらく沈黙があり、静けさを壊したのはカインだった。

「ミエール、あなたの表情から、あなたがどれほど不満を持っているかは分かりますが、アリアの善意に感謝し、謙虚にそれを受け⼊れましょう」

「・・・お兄様?」

ミエールは信じられないという表情でカインを⾒つめる。

「・・・私たちが⽗の体を不自由にしたので、彼の世話をする必要があります。現実に⽴ち向かう時が来ました。そして、他に選択肢はありません」

(一体、城で何を聞いたの?この短期間で、お兄様はとても変わった)

カインを見るが、彼はこれ以上何も話す意志がないと感じ、ミエールは唇をギュッと噛み締める。

 



 

「お嬢様、ミエールは本当に抵抗なくあなたの⾔うことに⽿を傾けますか?」

部屋に戻ってきたアリアにこっそり簡単な⼣⾷を持ってきたアニーが尋ねる。

アリアは自然であるかのように答えた。

「ミエールができないと⾔ったら、私は彼⼥に仕事をさせます。アニー、あなたの行動は素晴らしいわ。これから私が言うようにしてちょうだい」

 



 

ここだけを読むと、これからの人生を懸けて罪を償うというカインの決意は素晴らしいと思います。

それがカインの本心であるならば。

ミエールは納得していませんが、それもアリアの計画の範疇でしょう。

むしろ、アリアは彼らに復讐を誓っているので、抵抗することを望んでいるような気がします。

悪女は砂時計をひっくり返す【170話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は170話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...