悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【168話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は168をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

168話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【167話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は167話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • カインの恥辱

⼊浴後にアリアに会うというミエールの期待とは異なり、彼女は忙しいのでなかなか会えなかった。

「カインが今夜アリア夫人に会いに来て、彼⼥は⼆⼈同時に会うと⾔ったわ。彼⼥にはやるべきことがたくさんあるのだから」

アニーは少しの間⽴ち⽌まって、それから話し続けた。

ミエールは驚いて⼝を覆う。

「・・・カインお兄様も?」

「あなたを⼀⼈で呼ぶ理由があるとでも?そんな馬鹿げている話がある訳ないじゃない」

アニーは馬鹿げているかのような笑顔を浮かべていた。

それでも、ミエールはアリアがカインを招待したことに安堵する。

アリアの⺟親は紙の上では離婚したが、彼らはまだ家族だと。

庶⺠が住むように⾒えるシンプルな服装と部屋は気に入らないが、アリアの配慮に満足していた。

もちろん、このまま庶民として生き続けるつもりはないが。

自分が気に入らないものには変更を求めるつもりだ。

「とにかく、アリア夫人にはやるべきことが多いのだから、楽しんでちょうだい。こんなチャンスはもう無いかもしれないのだから」

「・・・お姉様は何をしているの?」

アニーの言葉に違和感を感じて、ミエールはそう尋ねる。

アリアは常に仕事に追われていた。

その結果、彼⼥は有望な若いビジネスマンに投資し、自身の富と権⼒を拡⼤し、邸宅のすべての使⽤⼈を味方につけている。

それを知らないミエールに対して、アニーは本気で驚いているような表情を浮かべた。

「あなたは刑務所にいたから、そんな事も知らないの?」

「・・・」

以前は貴婦人の中で最も頭が良いと言われていたミエールだが、アニーの言葉通り彼女は無知だった。

知っていたのはマナーくらい。

何も答えられずにいると、腰に⼿を置いたアニーは、自身を誇りに思っているかのように話し始める。

「アリア夫人は、反逆を犯した貴族に代わってポストを埋める⼈々と、帝国の城と連絡を取り合っています。仕事はたくさんありますから」

「なぜお姉様がそれを?」

「彼女が投資した貴族がそこにいるからよ!アリア夫人は、帝国の城の労働⼒不⾜をアカデミーの有能な男性で埋めているわ。多くの点で、彼らは私たちのアリア夫人の助けを必要としている。いいえ、帝国は今彼⼥なしではすぐに滅びるでしょう」

アニーは誇張して⾔ったが、ある程度は真実だった。

帝国の多くの貴族が処刑されたので、その空席を埋めたのは、アリアと関係のある下級貴族なのだ。

庶⺠の中で最も有能な人物は、貴族派が追い出された空席を埋めることに。

それはすでに公に広まっており、隠す必要はなかった。

⼀部はすでに正式に任命されている。

(アリアがそんなことを・・・!?)

予想以上のことをしているアリアに対して、ミエールは驚きを隠せなかった。

その様子を見て、アニーはさらに興奮し、アリアの自慢を詳細に説明し出した。

「他にもあなたが想像もできないほどたくさんあるわ。婚約者に⾒捨てられたあなたとは異なり、彼⼥は皇太⼦の⼼を捉えました」

「・・・」

「とにかく、あなたに与えられた休息を感謝しなさい」

アニーはそう言い残して部屋を出る。

「お姉様は・・・、過去のイシース夫人のような権⼒の中⼼?彼⼥は庶⺠で・・・、売春婦の娘なのに。けれど、イシース夫人は・・・、もうこの世に存在しない」

アリアに関する新しい情報にショックを受けて、目を虚ろにしながら、ミエールは小さく呟いていた。

 



 

⼣⾷の時間は遅かった。

その理由は使用人たちにも知らされていない。

そのせいで、⼣⾷のために屋敷に連れてこられたカインは、⾮常に⻑い間ホールで使⽤⼈の視線を浴び続けなければならなかった。

カインの様子について気になるのは自然なことだろう。

しかし、一番気になっていることは、カインが給仕の制服を着ていること。

彼は成人なので給仕ではないが、今は城に⼊ったばかりなので、選択の余地がないのだ。

皇居に⼊る使用人は全員が幼い頃から選ばれた人たち。

大人になってから入る人は少ないので、カインの服は用意されていなかった。

「・・・何てこと」

「あれは本当にカインさんなのでしょうか?」

「見たらいけないものを見ている気がするわ」

彼らが仕えていた主人は、庶民の服ではなく、給仕の制服を着ていたので、使用人たちは目の前の光景に呆然としていた。

それにもかかわらず、彼らがカインから⽬を離すことができなかった理由は、⼤⼈が給仕の制服を着ているのが滑稽に見えたから。

気が狂った⼈でなければ、成人が子供用の服を着ることはないのだ。

カインもそれを知っていて知らないふりをしようとしたが、結局、我慢する事ができずに口を開く。

「・・・何を見ている?」

しかし、その警告が機能することはない。

それは、彼の後ろに監視役のような男がいて、万が⼀に備えて彼を制圧するかもしれないと彼らが思ったから。

使⽤⼈たちは今、カインとミエールが反逆罪を犯して、ロースチェント伯爵家が滅びたという事実に触れているような思いだった。

アリアは中々降りてこず、カインに対する彼らの嘲笑と好奇⼼は続き、アリアが⾃分の部屋から1階に降りてきたのは夜遅く。

「何てこと・・・!いつ来たのですか、お兄様?忙しくて知らなかったわ」

ジェシーが何度も報告したにもかかわらず、アリアは知らないふりをして、穏やかな表情でカインに一歩近づく。

「早く食事を取りましょう。残念ながら、お母様は外出しているので、先に⾷べる必要があります。ジェシー、ミエールを連れてきてくれませんか?」

恥辱に塗れたカインの表情は、アリアの柔らかな⼝調でほぐされた。

彼女の優しい笑顔は、まるで彼が貴族であるかのように、ダイニングルームへの歩みを軽くする。

 



 

アリアとカインが⾷堂に到着した直後、ミエールが現れた。

「お兄様!お姉様!」

ミエールが顔を紅潮させて声を上げると、使⽤⼈の注意はすべて彼⼥に集中する。

この場所に貴族はいないが、それは軽薄な行動。

彼⼥は過去では美しい貴婦⼈だったが、とても興奮していたので気にしていなかった。

ミエールはカインを抱きしめたあと、アリアの⽅を向く。

「お姉様、あなたにも会いたかったです」

「そうなの?ごめんなさい、忙しいくて・・・。座ってちょうだい。⼣⾷を取りましょう」

話したいことは山積みだが、ミエールはうなずいて席に座る。

「もう遅いので、⾷べながら話しましょう」

アリアはサラダを食べた後に⾔った。

 



 

カインも苦労しているようですね。

城に彼の味方をする人物はいないでしょう。

そういえば、オスカーはどうしているのでしょうか?

少し気になります。

悪女は砂時計をひっくり返す【169話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は169話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...