悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【167話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は167をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

167話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【166話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は166話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 惨めな姿

「え!?どこに⾏くの?あなたはお⾵呂に⼊るように命じられているのよ!」

「・・・聞いていなかったのですか?お姉様のところに行くのです」

「その汚くて惨めな姿でアリア夫人の所へ?本気で言っているの?」

メイドが露骨な視線でミエールを下から上を見て尋ねた。

ミエールの表情が、恥ずかしさと自分への醜い外見で赤くなる。

「恥知らずね。歩くたびに汚れることも知らないのかしら?」

「厩舎の番⼈の方が綺麗に見えるわ」

「アリア夫人は忙しいのです。あなたの相手をしている時間はない」

貴族同士の優雅な会話しか耳にしてこなかったミエールにとって、メイドたちの一方的な侮辱は恥ずかしさ以外の何者でもない。

「ミエール、あなたは自分の立場を再認識しないといけないわ」

自分の立場を知るのは、自分ではなく、メイドたちの方だ。

しかし、彼女たちに構う時間が勿体ないと判断し、ミエールは表情を改めた。

「それはあなたが気にする問題ではありません。私が庶⺠に格下げされたとしても、私はあなたの主⼈であり、アリアお姉様の妹です。お姉様がこれを知れば、あなたは間違いなく罰せられるでしょう」

ミエールはまるでメイドの上の立場にいるかのように話す。

メイドはしばらくの間、氷⽔のように固まった。

彼女たちに致命的な打撃を与えることが出来たと考え、ミエールは高慢な表情を浮かべる。

しかし、その考えは違った。

メイドたちはお互いを⾒て、馬鹿げているかのように笑いだす。

「今の聞いた?どうしよう、彼⼥は頭がおかしいに違いないわ」

「彼⼥はアリア夫人の妹だと言った?それは過去の話でしょ?」

「ごめんなさい、ミエール。あなたはカリン夫⼈が前の伯爵と離婚したことを忘れましたか?」

「それは・・・!」

「ミエール、あなたは噂を知らないのね?」

「・・・噂?」

ミエールは、メイドたちの醜悪な表情に気づかないまま尋ねる。

「カリン夫⼈が彼の財産を保護するために、前の伯爵と⼀時的に離婚したという噂よ」

「・・・!」

「カリン夫⼈はまだ若く、美しく、お⾦持ちなのだから、病気持ちの前の伯爵と再
び結婚するとでも?前の伯爵には何も残っていないのに」

それは完全に合理的な判断だろう。

「彼は病気で、反逆罪の重い罪を犯した⼦供たちがいるわ。そのうちの一人は⽬の前にいるけれど」

「あなたは、これらすべての源と呼ぶことができる邪悪な存在なのよ。そんなことも分からないの?」

メイドがミエールに指を向けて⾔い放つ。

誰もそれを否定することはできない。

前の伯爵が全てを失った原因はミエールなのだから。

彼⼥の愚かな⾏動がロースチェント伯爵家を引き裂き、前の伯爵は健康を失った。

「彼が階段から落ちていなければ、こんな事にはならなかったでしょうね」

メイドたちがその言葉に同意すると、ミエールの顔⾊は⻘ざめていた。

「そ、それは・・・」

言い訳をしたいが言葉が出てこない。

「ミエール、あなたには何も言えないでしょ?」

メイドたちは、彼⼥の⾔い訳を聞く気もなかった。

そして、アリアの側に⽴ってミエールに敵対していたメイドたちが再び嘲笑し始めたとき。

 



 

「何をしているの?」

アニーが現れて、彼女たちに尋ねる。

まだ汚れていたミエールを見て、彼女は眉をひそめる。

「どうして体を洗っていないの?」

「彼⼥が⽔について不平を⾔ったからよ。私たちは、彼⼥が何を望んでいるのか分からないわ」

メイドたちは知らないふりをする。

この馬鹿げた状況を作ったアニーは⼿を叩く。

「ああ・・・、庶⺠になった後は⾃分を洗う⽅法が分からないのでしょう。彼女を助けてあげましょうか」

「・・・え?」

「アニー、それはどういう・・・」

メイドたちはアニーの言葉の意味が分からなかった。

それはミエールも同様だ。

「何をしているの?アリア夫人が待っているのだから」

アニーは笑いながら、ミエールの腕を取り、彼⼥を洗い場に引きずり込む。

「ま・・・、待って!」

ミエールは恐怖から叫び出した。

しかし、彼女が逃げようとしたのは、アニーが既に桶に水を注いだ後。

「待って!待って!アニー!その水は・・・!」

ミエールの叫びを無視して、アニーは躊躇うことなく彼女の頭に水を注ぐ。

「きゃあ!」

 



 

突然の冷⽔に驚いたミエールは、座り込んで叫ぶ。

メイドたちも、アニーの行動に言葉を失っていた。

この寒い季節に冷たい水!

本当は、庶民でも、こんな寒い⽇にはお湯を使うのが⼀般的なのだ。

そして、屋敷には必要以上の薪があったので、いつでもお⾵呂の⽔を温めることができた。

暑くない場合は、冷⽔で⼊浴すると病気になりやすいので、⼊浴を延期するのが常識。

ミエールが謝ってくるまで待とうと決めていたメイドたちは、アニーがミエールの頭に冷たい⽔をかけたとき、⼝を覆って驚いた。

⼲渉するのも難しい状況。

「何してるの?⼀⼈で⼊浴することさえできないミエールを助けてあげないと」

「アニー・・・。あなた・・・」

流石にメイドたちも躊躇していた。

誰かに対して悪いことを行うことに抵抗感を示す。

「何してるの?」

アニーは再び尋ねたが、メイドたちの誰も動こうとしない。

⼤声でため息をついたアニーは、⼩さな洗⾯器を冷水で再び満たし、メイドたちに促した。

「アリア夫人が待っているのよ」

「・・・」

しかし、どうして彼らは「アリア」という名前を無視できるのでしょうか?

彼女たちは浮かない表情で、アニーの顔色を伺いながらミエールの元に近づく。

「良かったわ。彼⼥を⼀⼈で洗うよりも、皆でやるほうがずっと早いだろうと思うから」

アニーが大声で笑い声を上げる。

そして、ショックと冷⽔の洗礼で震えていたミエールは「やめて!」と叫んだ。

「じ、自分で洗うから!だからお願い・・・」

彼女はもはやアリアに会いたいと言わなかった。

いいえ、メイドたちの嫌がらせなしには⾏けないことに気づいたので、⾃分で洗うことにしたようだ。

アニーはミエールの賢明な選択で洗⾯器を置き、冷たい⽔で彼⼥を洗おうとしていたメイドたちは安堵のため息をついた。

「ミエール、早くしてちょうだい。着替えてからアリア夫人の元へ向かうのだから」

震えていたミエールの手が洗面器を持つ。

自分で洗い出した彼女の行動に満足したアニーは、目を細めて洗い場から出る。

 



 

うーん・・・。

別にミエールのことは好きではありませんが、アニーはちょっとやり過ぎ?

ミエールが虐められてスカッとする方の方が多いとは思うのですが・・・。

まぁ個人的な意見ですけれど、このパートは早めに終わってもらって、アリアとアースの二人だけのシーンが見たいです!

アニーは暴走しすぎて、何か罰が起きるのでは?

悪女は砂時計をひっくり返す【168話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は168話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...