悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【166話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は166をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

166話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【165話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は165話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ミエールの立場

ミエールが⾺⾞から降りてくるのを⾒ていたメイドたちの言葉が聞こえて、彼女は怒りの表情で彼らを睨んだ。

「口が悪いわね。主人が貴族から庶民に変わったから?」

厳しい言葉を吐くと、後から降りてきたアニーが笑顔で答える。

「あなたに彼らを叱ることができると思っているの?彼らは真実を語っているのに、なぜあなたは腹を⽴てているのですか?」

(確かに私は庶民に格下げされたけれど、どうして公然と私を侮辱することができるの!?)

アニーに腹を立てようとしたとき。

「アニー、お疲れ様。ミエールは連れてきてくれた?」

アリアがまるで待っていたかのように屋敷から出てくる。

彼⼥は明るく微笑んでミエールに挨拶し、アニーは無邪気な表情でアリアに報告した。

「お嬢様!何も問題なく彼女を連れてきました」

「本当?やっぱり、アニーに頼んで正解だったわね」

アニーの背後で尻尾が揺れているかのように見えて、アリアは彼女の仕事を称賛したかのように頭を撫でていた。

(あの切り替えの早さで好感度を得てきたの?)

見たくもない光景だったが、危うく自分も同じ行動をしてしまいそうになっていたことを自覚するミエール。

彼女はボサボサの髪を整えて、アリアに近づいた。

 



 

「お姉様!」

「ミエール、顔色が悪いわ。体調はどうなのかしら?」

「・・・私は、元気です」

アリアの⽢い声で、何が起こったのかを話す前に、ミエールは不公平感を感じた。

(どうしてここまでの差が?)

彼⼥が過去に「下品な売春婦の娘」と思っていたイメージとはかなり異なっていた。

アリアは⾮常にエレガントで愛情のある温かい性格の美しい⼥性。

彼⼥は傷ついた⼈たちに⼿を差し伸べた天使。

(アリアなら、悪い⾔葉や⾏動を使うアニーに⼤きな打撃を与えることができるはず)

アニーは自分の保護者になったので、彼⼥の愚かな⾏動を叱り、修正することによって彼⼥を変えなければならない。

「お姉様にお話ししたいことがあります」

「私に?」

「はい!私の言葉に耳を傾けるべきです。暴走する悪い子供についてです。彼女がお姉様に迷惑をかけるのではないかと心配なのです」

ミエールの言葉に、アリアは眉を上げて驚いた。

「そのような⼦供がいるのですか?全然知りませんでした・・・。とても重要な問題のようですので、お話を伺わなければなりませんね」

「お嬢様、ミエールは最初に体を洗うべきだと思いませんか?彼⼥も着替えるべきだと思います。今の状態の彼⼥にお嬢様とお話しさせるわけにはいきません。匂いもしますので」

ミエールが話そうとした瞬間、アニーが会話に割り込んできた。

そして、再びミエールを侮辱する。

キツネのようなアリアなら⾃分の意図を読んでアニーを叱るだろうと思っていたが、アリアはミエールが哀れだと感じたので、アニーの提案に同意した。

「アニー、あなたは彼⼥の保護者です。彼女のお世話をお願いしますね」

「はい、お嬢様。⼼配しないでください。お嬢様はとても忙しいのですから。このような⼩さなことを気にする必要はありません」

「ありがとう、アニー。ミエール、アニーがあなたを助けてくれてくれるからね。じゃあまたね」

アリアは柔らかい笑顔だけを残して去っていく。

ミエールはしばらくの間、その場で立ち尽くしていた。

「どうして・・・?」

アニーの⼝調が侮辱的で⽪⾁なものであることは明らかだ。

(彼女は気づいていないの?)

勝利を収めた顔をしたアニーがミエールに近づく。

「さあ、ミエール。あなたはお⾵呂に⼊らなければなりません。彼ら全員があなたを⾒つめ、眉をひそめています」

アニーの言葉通り、すべての使⽤⼈が彼⼥を⾒ていた。

好奇⼼、哀れみ、嘲笑の眼差しで。

アリアの許可は下り、彼らの⽬に躊躇いは消えたのだ。

「みんな、メイドの洗い場がどこにあるかミエールに教えてあげて。主人が使⽤するバスルームを彼⼥に使⽤させることはできませんから」

「分かったわ、アニー」

「彼女にお似合いの場所に連れて行くわ」

何人かのメイドが待っていたかのように、嘲笑の笑みを浮かべる。

彼らはアリアに愛着を持っていたメイドたち。

 



 

「・・・これ、どうすればいいの?」

荒々しい⼿で洗い場に押し込まれたものの、⽣まれて初めて⼀⼈で⼊浴するミエールは、⼩さなバケツのある⼤きな洗⾯台の前に⽴ち尽くす。

何をしていいのか分からなかった。

「最悪!この水、とっても冷たいわ!」

驚いたミエールが慌てて手を抜く。

冬が過ぎてもう春先だったが、お⾵呂を温めずに⼊浴すべき温度ではなかった。

「メイドはこの冷たい⽔を使って体を洗っているの?庶民はいつも?どうすればこの冷たい⽔でお⾵呂に⼊り、病気にならないのかしら・・・」

⾃分で洗うべきだと分かっていても、こんな冷たい⽔で体を洗うことなど出来ない。

「少しくらい暖めても大丈夫よね?」

ドアを開けて洗い場から出ると、メイドたちが待ち構えていた。

彼女たちの不満げな表情は、きちんと⼊浴せずに洗い場を出てきたミエールへの感情。

「お嬢様、どうして出てき__。・・・ああ、え〜と、どうして出てきたの、ミエール?」

ミエールと呼び掛けるのにまだ慣れていないメイドが、言葉を訂正して尋ねる。

彼女の態度はかなりぎこちない。

その理由は、彼女が過去にミエールのお世話をしていたからだ。

それにもかかわらず、メイドの⽬はアニーの⽬と同じくらい寒かった。

ミエールは不満げな表情で答える。

「・・・どうすればあの冷たい⽔で体を洗えと?」

「冷たい?普通の水よ」

ミエールの抵抗はまったく効かず、メイドたちは当然のように答える。

「普通?それは皆さんには当てはまるかもしれませんが、私には当てはまりません。あの冷⽔では体を洗えないので、お湯を持ってきてください」

「はあ?⽔を温めて、貴族のように体を洗えるとでも思っているの?今の自分の立場を考えてちょうだい」

メイドの表情は、ミエールが⼊浴しなければならなかった⽔よりも寒かった。

ミエールは⾔葉を失い、唇を噛む。

(なぜ彼らは私に厳しいの?かつて、彼らは自分を最も美しくエレガントな⼥性として賞賛したはず。帝国で最も裕福な家族のメイドとして、彼らは常に⾃分⾃⾝を誇りに思ってい他はずなのに)

「・・・あなた方に話した私が愚かでした。お姉様に直接話します」

ミエールは彼らと会話する価値がないかのようにため息をつく。

(私はアリアの妹よ。アリアと直接話せば解決するでしょう)

自分の置かれている現状を知れば、アリアはとても悲しむだろう。

貴族として⽣まれた自分が、これらの些細な問題でメイドたちと会話するのがおかしな話だ。

さらに、ミエールには今彼らと議論するエネルギーがなかった。

そんな些細なことで時間を無駄にするのではなく、すぐに体を洗い、栄養価の⾼い⾷事を⾷べ、居⼼地の良いベッドに横になって眠りたかった。

そのため、彼⼥はバスルームから出てアリアを訪ねようとしたが、メイドの⼀⼈がミエールの肩をつかんで、そうすることを妨げる。

 



 

ここからが本当の地獄・・・。

ミエールを待ち受けるものとは一体?

そして、最終的な彼女の運命とは?

悪女は砂時計をひっくり返す【167話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は167話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...