悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【165話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は165をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

165話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【164話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は164話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 罵詈雑言

妄想だけで⾛っていた少⼥にとって、今の状況は⾟すぎた。

まるで死んでいるかのように、黙って会話が終わるのを待つ。

(・・・すぐに戻って、アリアに会わないと)

アリアが自分に対する間違った扱いを知れば、彼⼥は見過ごさないだろう。

彼⼥は悲しむに違いないし、アニーを激しく叱責するはずだ。

それどころか、アニーを邸宅から追い出すかもしれない。

(現在、アリアと私はどちらも庶⺠だけど、過去では、私たちは両⽅とも貴族であり、アニーが使用人だったのだから)

アリアは反逆罪を犯したミエールと彼⼥の兄、カインを救った女性。

彼女が自分の味方になってくれるのは当然の話だろう。

「⾏きましょう、ミエール」

「・・・」

警備兵との会話の後、アニーはまるで貴婦⼈のように背中をまっすぐにして優雅に歩き始めた。

彼⼥はアリアの真似をしていたが、それは遥かに劣っている所作。

ミエールの怒りと恐れは消え、笑いが出るくらいだ。

(考えてみると、アリアは賞賛するのに⼗分優雅だった。誰も彼⼥の所作に⽋点を⾒つけることが出来ていなかったわ)

アニーの所作に不完全さに、ミエールは眉をひそめる。

(戻りさえすれば・・・!私はすべてアリアに話して、貴族を模倣する愚かなメイドに現実を味わわせてあげる!)

再びそう誓って、ミエールは静かにアニーを追いかけた。

幸いなことに、アニーの⾜⾳は⾼貴なステップを模倣するには少し遅かったので、追いかけることに苦労はしなかった。

 



 

刑務所から出ると、これまでに見たことのないような豪華な馬車がミエールを待っていた。

当然のことながら、ミエールはアニーが⾺⾞に乗るのを⾒て驚いて、⽬を⼤きく開いて尋ねる。

「・・・アニー、この馬車に乗ってきたの?」

「それ以外に何が?」

アニーは彼⼥を無視したかのように答えた。

馬車の中は更にゴージャスだ。

ロースチェント家にもなかった馬車。

(なぜアリアは、アニーにこのような⾺⾞を与えたの・・・?)

アニーは単なるメイド。

明らかに、メイドが乗るには過分だろう。

いいえ、ほとんどの貴族はこのような馬車を購入する余裕もない。

これはメイドのための馬車ではないはずだ。

(なぜ・・・?なぜアリアはこの馬車をアニーに与えたの・・・?)

「アリア夫人が私たちを待っているので、すぐに戻らなければなりません・・・。しかし、私はあなたと⼀緒に乗ることに少し不快感を覚えますね」

アニーの⾔葉で、ミエールは未知の不快感を感じる。

その瞬間、アニーは馬車に乗ろうとしていたミエールに話しかけた。

まるで、彼女の行動が気に入らないかのように。

「あなたと同じ⾺⾞に乗るのは少し不快です・・・。ミエール、あなたは運転⼿の隣に座るべきよ」

アニーは馬鹿げたことを言い出した。

「なぜ私が運転⼿の隣に座らなければならないのですか?あなたは、私を迎えに来たのではないのですか?」

「頭を下げて自分の外⾒を確認する必要があるわ、ミエール。この豪華な⾺⾞を汚したらどうするつもり?これはアリア夫人が提供した⾺⾞です。汚していいと思っているの?」

アニーは、ぼろきれのようなミエールのドレスを指さす。

ミエールはすでに汚くて惨めな容姿をチェックしていたので、頭を下げなくても⾃分の状態を推測できて、顔を⾚くする。

路上で物乞いをしている姿と何ら変わりはないが、運転⼿の隣に座りたくなかったので⾔い訳をした。

「・・・誰かが後で馬車の中を掃除すればいい」

「誰が?あなた?使用人にやらせるつもりはありませんよね?もうあなたのために、そのような仕事をする召使いは残っていません」

「・・・!」

「もちろん、運転席に座った場合も同じよ。乗る前に、⾃分で体の汚れを拭き取ってください。すべての庶⺠が行うことよ。あなたの匂いが酷いから、私は先に中に入っているわね」

アニーはそう言い残して、一人で馬車に乗り込む。

それは、ミエールが⾺⾞に乗ることを許可しないことを意味した。

「たかが使用人風情が・・・!」

「気が狂うことなく、なんとあえて⾔うのか…︕」

これ以上我慢できなかったので、⾺⾞のドアを開けて暴れようとしたが、突然我に返る。

アニーは、自分を刑務所に戻そうと画策しているのではないだろうか?

彼女なしでは、刑務所から抜け出すことはできない。

全てを我慢して、今はアリアの所に向かうのが最優先だった。

これまでの自分に対する無礼な行いを報告すれば、アリアは必ず自分を助けてくれると信じて。

「私の隣に乗りませんか?」

運転⼿が注意深く尋ねた。

彼は伯爵の邸宅で働き、カリンの邸宅に来たので、ミエールのことをとてもよく覚えていた。

彼女は決してこのように扱われるべき少女ではないと。

その結果、彼はアニーのように話しかけることは出来なかったのだ。

彼は帽⼦を脱いで丁寧に対応する。

「・・・はい」

ミエールは深いため息をついた。

彼からの丁寧な扱いで少し怒りを和らげたようだ。

とても親切に、彼は自分の古いハンカチを置いてミエールのための場所を作る。

選択の余地がなかったので、彼⼥はそれに座った。

馬車は⾮常にゆっくりとスムーズに⾛り始める。

座り心地に心配して、運転手はミエールに尋ねる。

「大丈夫ですか?」

「・・・⼤丈夫です。だから、馬車をもう少し早く動かしてください・・・。いいえ、もっと速く」

しかし、ミエールに座り心地を気にする余裕はなかった。

カリンの邸宅に戻るために、彼⼥は広場を通り抜けなければならなかったから。

そして、広場を通り抜ける途中で、⼤勢の群衆が敵意を持ってミエールを睨みつける。

彼らからの罵詈雑言を受けて、ミエールは耐え難い侮辱のために⽬を閉じて頭を下げた。

どんなにぼろぼろになっても、本来の特徴や髪の⽑を隠すことは出来ない。

そして、眩いばかりの豪華な⾺⾞がアリアのものであることも知られていた。

「ああ・・・、分かりました。転ぶかもしれないので、しっかりと握ってください」

運転⼿もそれに気づいたようで、馬車の速度を上げて広場を出る。

罵詈雑言の嵐は⾺⾞の⾞輪とひづめの騒々しい⾳に埋もれ、ミエールはもはや⼈々の侮辱的な⾔葉を聞くことはなかった。

 



 

「・・・ここがお姉様の新しい家?」

「その通りです、ここはカリン夫⼈の住居です」

「カリン・・・?」

「それは伯爵夫⼈の本名だと聞いています。彼⼥はもはや伯爵夫⼈ではなく、今では彼⼥をカリン夫⼈と呼んでいます」

「ああ・・・」

近づいてくる美しい邸宅を⾒て、ミエールの⽬は震えた。

軽薄な娼婦がこれほど多くの富を持って⽣きていたことが信じられなくて。

伯爵家の所有物はすべて奪われたに違いないはずなのに、彼⼥はどこから資金を集めたのだろうか?

「見て、ミエール夫人よ」

「いいえ、彼⼥はもう夫人ではありません。私たちを雇ったのはカリン夫⼈なのだから」

「しかし、彼⼥の外⾒を⾒てください。どうしてあんなに汚いのかしら?」

「アニーの隣だと、余計に見窄らしく見えるわ」

「彼⼥は反逆罪を犯したのだから、当然の結果よ」

「シーッ!彼⼥が私たちを⾒ているわ。⽬を逸らして!」

 



 

読んでて辛い・・・。

ここからしばらくは続くのでしょうね。

運転手の方だけが唯一の良心!

ミエールはこれからアリアに会えるのでしょうか?

そして、アリアは何と告げるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【166話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は166話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...