悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【164話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は164をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

164話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【163話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は163話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 屈辱

それは良い反応だったので、アリアはアニーにもう⼀つの贈り物をした。

「豪華な馬車で迎えに行きなさい。私と⺟が使っている⾺⾞に乗っていいわ」

「・・・本当ですか?」

「もちろんよ。私が嘘を言ったことがあるかしら?」

「ああ、お嬢様・・・!こんなに貴重な⾺⾞に乗れるなんて想像もしていませんでした!本当にありがとうございます!」

感動で涙を流していたので、アリアは急いで行くように叱責した。

「は、はい!すぐに戻ってきますので!」

アニーはすぐに支度をして、その後すぐに、彼⼥はまるで⾼貴な身分であるかのように、ゴージャスな外観でミエールを迎えに⾏く。

 



 

刑務所に戻った後、ミエールは短い時間で急速に体重を減らした。

カインは刑務所に⼊れられるとすぐに、帝国の城に連れて⾏かれ、投獄されていたすべての⼈が処刑され、彼⼥は⼀⼈だったのだ。

ミエールでなくても、誰かが彼⼥を暗くて冷たい刑務所から連れ出すのを⼀⼈で待つことは困難だろう。

「アリアはすぐに⼈を送ると⾔ったが、私は彼⼥からの知らせを3時間も聞いていない・・・」

誰も来ないのではないかと不安だった。

この古くて汚い、不快な刑務所で50年⽣きなければならないのでは
ないかと恐れていた。

ミエールは丸くしゃがんだ。

寒さ、⼼配、恐れを克服するのは難しかったから。

しゃがんだ膝の腕に顔が埋もれるやいなや、彼⼥は姉が自分を裏切ることなく約束通りに⼈を送るのを待つ。

突然、厳しい⾜⾳が徐々にミエールの方に向かってくる。

そしてすぐ後に、⾜⾳は彼⼥の刑務所の前で⽌まった。

「出ろ」

声を聞いて⼀瞬で頭を上げる。

声の主は、刑務所を守っていた警備兵の⼀⼈。

額に皺を寄せた警備員は、ミエールのぼろぼろで惨めな姿をちらりと⾒て、もう⼀度、ドアを開けて⾔った。

「出ろ」

「・・・わ、私ですか・・・?」

「他に誰がいる?」

(アリアが誰かを送ってくれたのね!)

待ち時間が⻑かったのと同じくらい喜びが⼤きかった。

⽴ち上がるのは簡単ではなかったが、少しでも離れたくて、足に力を入れて刑務所から出る。

「誰?誰が来たの?」

好奇⼼に耐えられなかったミエールは警備兵に尋ねた。

彼⼥の歩みは苦痛で辛いものだったが、痛みは喜びに埋もれ、彼⼥は気にしていなかった。

ミエールの質問に、警備兵は不快で驚いたかのように答える。

「ミエール夫人。いいえ、あなたはもう夫人ではなく、罪⼈のミエールです。あなたはまだその質問をする勇気のある⽴場にいると思いますか?」

彼の⼝調はかなり厳しく荒い口調だった。

警備兵は、反乱に加わったミエールに⼤きな嫌悪感を⽰している。

罪⼈になってからずっと感じていた感覚が、全⾝に浸透していく。

警備兵の体格も⼀役買っている。

「静かに進みなさい。あなたに話す権利はありません」

「・・・」

ミエールは警備兵の警告で⼝を閉じた。

これ以上何か言えば暴力を振るわれると感じたから。

ロビーでは、意外な人物がミエールを待っていた。

「遅かったのですね。すぐに連れてきてくれると思っていたのですが?」

「も、申し訳ありません」

アニーの顔はとても美しかったので、警備兵は少し顔を⾚らめた。

⼀緒に過ごしたアリアの側で学んだ笑顔は、⾒た⽬以上の魅⼒を放っている。

(な、なぜアニーがここにいるの・・・?いいえ、彼女は本当にアニーなの?)

しばらくアニーを観察していたミエールは⾒下ろし、惨めな自分の姿を確認した。

肌と髪は⿊い埃で汚れていて、⾜は腫れており、一般⼥性よりもひどいものだった。

顔はチェックしなくても分かる。

おそらく傷も複数箇所にあるだろう。

頭を上げることができず、自分の惨めな顔を隠す。

アニーはミエールの名前を呼んだ。

「ミエール夫人。・・・ああ、もう違いましたね。あなたは庶⺠でした。そうよね、ミエール?」

アニーは敬称を省略し、彼⼥の名前だけを呼ぶ。

「ミエール、頭を上げてみませんか?」

アニーが頭を持ち上げることができない理由を知っていたのに尋ねたとき、ミエールは拳を握りしめる。

怒鳴りたかったが、そんなことは出来ない。

アニーはもう⼀度彼⼥を嘲りながら話しかける。

「ミエール、頭を上げてみませんか?⼀緒に出かけるためにあなたの顔をチェックしなければなりません。顔を確認しないまま、汚い⼥の⼦を連れて⾏くことはできませんから」

その⾔葉は、ミエールをより惨めにする。

「どうしたらいいのかしら?ねえ?」

それにもかかわらず、ミエールは頭を上げなかったので、アニーは警備兵に助けを求めた。

警備兵はミエールの哀れな⾏動にため息をつき、彼は彼⼥の頭を強引につかんで引き上げる。

「ぐう!」

ミエールが悲鳴を上げると、アニーは⽬を⼤きく開いて、⼿に扇を持って⼝を覆う。

それはミエールに対する彼の過酷な⾏動のためではなく、ミエールの醜く惨めな外⾒のためだった。

「・・・ああ、なんてこと。彼女は本当にミエールなのかしら?」

「彼⼥はミエールです。投獄されてから体を洗っていないので確認するのは難しいですが、彼⼥はロースチェント・ミエールです」

「信じ難いですね。ミエール夫⼈はいつも美しくエレガントでした・・・。誰も彼⼥を夫人と呼べないでしょうね」

ミエールの⽬は、屈辱から真っ赤に充血していた。

本当に罪を犯したので屈辱を受けることに耐えることはできたが、自分のメイドであったアニーの侮蔑の⾔葉に耐えることは困難だった。

「やめて・・・。やめて・・・!」

ミエールが泣き声を絞り出すと、アニーは驚いて警備兵に尋ねた。

「なぜミエールが泣いているのか分からないわ・・・?」

警備兵は⾸を横に振ってアニーを慰める。

「彼⼥は刑務所に⼊っていたので、少し頭がおかしくなったのでしょう。彼⼥は⼀⼈で笑っていましたから。ですから、気にしないでください」

「なるほど・・・、彼⼥はかつて帝国で最も優雅な貴族の⼥性でした・・・。私は彼⼥を最も尊敬していましたが、今ではその痕跡を⾒つけることも出来ません。彼⼥の気が狂ってしまったことをとても残念に思います」

⼆⼈は信じられない結論に辿り着き、ミエールをとても哀れに⾒つめた。

思いやりのある眼差しは、ミエールのプライドをさらに引き裂く。

 



 

「・・・⼿続きはあなたの署名で完了します。将来的には、簡単な⼿順でいつでも簡単に彼⼥を離したり、連れて⾏ったりすることができます」

ミエールの2つの拳は、自分を荷物のように説明する警備兵の表情で圧迫された。

しかし、何も⾔えなかったのは、警備兵の説明が適切で、怖すぎたから。

彼⼥はまた、自分が刑務所に戻されることを恐れていたのだ。

獣のように頭を掴まれた感覚がまだ残っている。

父親やカインは以前のように自分を助けることができず、彼⼥はあらゆる種類の敵意に⼀⼈で対処しなければならないが、彼⼥には⾃信がなかった。

だからミエールはまったく抵抗できず、怒ることさえ出来ずにいる。

 



 

ミエールの行いを許すことは出来ませんが、これからの彼女の未来を考えると悲しくもなります。

けれど、それはアリアも経験したことですので何も言えません・・・。

いいえ、それ以上の報復が待っているのでしょうが、ミエールは耐え切ることが出来るのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【165話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は165話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...