悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【159話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は159をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

159話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【158話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は158話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 罪人への判決

「そ・・・、そんな!?」

貴族が言い終えるとすぐに、メリアート⼦爵を含む数⼈が地⾯に倒れた。

僅かな希望を抱いていた彼らだが、逃げられないことに気づいたのだ。

「ああ・・・」

メリアート子爵は呻き声を上げて、茫然自失となる。

冷たい目で見下ろしていた貴族は、混乱に陥っている罪人たちを見て「次の罪人!」と言った。

その後も、貴族は何の感情も抱かないまま、次々と罪状を読み上げていく。

彼は容赦なく斬首刑を言い渡していき、ついにミエールの番へ。

「罪⼈、ロースチェント・ミエール」

ミエールは酷く怯えた状態だった。

自分も他の貴族と同様に、アリアに裏切られるのではないかと不安だったのだ。

「あなたは若く、帝国に害を及ぼすような重⼤な反逆をしなかったので、私はあなたに懲役50年の刑を⾔い渡します」

 



 

「懲役50年?」

斬首刑よりは軽かったが、それは終身刑と同じようなものだ。

平民として刑務所で⽣き残ることは絶対にないだろう。

自分の体が衰えていくだけでなく、精神的にも荒廃するのではないかと恐れた。

むしろ死にたいと思える罰。

(あの女は私を救うと⾔ったはず!なぜ私に50年も刑務所で過ごさせるのですか?あなたは私を⽣かすだけで、聖⼈の真似事をしているだけだわ!?)

ミエルーは憤慨してアリアを糾弾しかけようとしたが、貴族はさらに言葉を続けた。

「しかし、請願者の嘆願と請願の内容は⾮常に正当であり、あなたを例外とします。あなたが常に監視されることを厭わないのであれば、あなたは刑務所を去ることができます。しかし、あなたが逃げようとすれば、すぐに処刑を言い渡されるでしょう」

「・・・!」

「それは・・・、どういう?」

刑務所から出ることができる以外は理解できなかったミエールが、答えを求めて兄のカインを⾒つめた。

さっきまで固い表情を浮かべていたカインだが、今は笑顔を浮かべている。

「お兄様、どういう意味でしょうか・・・?」

「アリアは約束通りあなたを助けたに違いありません。そして、あなたが彼⼥と⼀緒にいるのであれば、あなたは刑務所から出ることができます。アリアに固執すれば、今まで通りの⽣活を送ることができるということです」

カインの⽬はアリアに向けられ、彼は彼⼥に最⼤限の感謝の意を表した。

「本当に・・・?それは本当ですか?裏切ったビカとは異なり、アリアは本当に私を助けてくれたのですか?」

「アリアが請願書を提出したに違いない」

観衆たちはアリアの行為に驚き、罪人たちはミエールを羨ましがっていた。

すべての状況を確認した後、ミエールは自分の命を救ったアリアを振り返る。

アリアの表情は、純粋で悪意のない笑顔で満たされていた。

(どうして私は、こんなにも優しい彼女を傷つけようとしていたのでしょうか?)

ミエールの⽬は後悔と喜びの涙で溢れて、とても暖かくて透き通る涙を流した。

「罪⼈、ロースチェント・カイン」

次はカインの番。

彼の表情は暗くなく、むしろ、明るく見えた。

自分も救われると思っているのだろう。

彼の弁護士のリアーが刑務所を訪れるたびに、彼はもっともらしいことを言い続けていたのだから。

「あなたに斬首刑を言い渡します」

しかし、彼に下されたのは斬首刑だった。

 



 

カインの⽬は丸くなり、信じられないという表情を浮かべる。

「な、なぜですか!?」

「そんな!お兄様が!?」

安⼼しきっていたミエールは、失神⼨前のように顔を⻘ざめた。

「なぜ今気が変わったの?」

カリンはカインの⻘⽩い顔を⾒て、⾮常に低い声でアリアに尋ねる。

「家族全員を失うと、ミエールの精神が崩壊して、私が望むことを達成することができなくなると思います。カインが⽣きていれば、どこかで彼を使えると思って」

「・・・カリン夫人、どうやってこの恐ろしい⼦供を産んだのですか?私も冷酷だと思っていましたがが、彼女ほどではありません」

ローハンのそばに座っていたクロエがそう話す。

カリンは答えの代わりに微笑んだので、それだけでクロエは幸せな気分になっていた。

同時に、貴族はまだ終わっていない⽂を持っていた。

「しかし、弁護⼠から提出された⽂書によると、判決を減らす理由があるので、私はあなたに終⾝刑を宣告します。同じ刑期を⽣きる病気のシングルファーザーと妹がいることを考慮して、あなたには帝国の使用人を命じます」

判決を終えた貴族は躊躇うことなく背を向ける。

斬⾸刑ではなかったが、帝国で最⾼の弁護⼠を雇った後にも悲惨な判決を受けたため、カインは絶望的な表情を浮かべて地⾯に沈んだ。

そして、その⽂に奇妙なことがあることに気づく。

(シングルファーザー?なぜ彼は、私の⽗を独⾝として説明したのですか?)

「お兄様、あなたが救われて良かった・・・」

ミエールに慰められていたカインは額に皺を寄せた。

「なぜ、彼は私たちの⽗を独⾝と呼んだのですか?」

「・・・はい?」

「彼は、私に病気のシングルファーザーがいると言った!」

「・・・そんなことを言っていましたか?」

カインが⽣きていることに喜ぶあまり、貴族の⾔葉を忘れていたミエールが、瞬きしながら尋ねる。

カインがアリアとカリンの方を振り返ると、彼は明るい笑顔に直⾯した。

彼にはその笑顔が理解できず、さらに混乱されることに。

(一体何が起きてる?)

「とにかく、お兄様が⽣きていて良かったです。ここで⽣き残ったのは私たちだけです」

ミエールが喜びをもって声を上げると、罪⼈の激しい視線に迎えられる。

もちろん、それらの視線は喜びではなかった。

「どうして彼⼥が・・・」

「どうしてその女が⽣き残ることができる・・・!?」

騎⼠たちは、叫んでいる罪⼈を静かに保つために実力行使に出る。

しかし、死にかけようとしていた罪⼈にとって、騎⼠たちはもはや恐れる存在ではなかった。

何⼈かの罪⼈はミエールに駆け寄り、彼女も道連れにしようと試みた。

「や、やめて!」

しかし、彼らの試みは騎⼠たちに簡単に打ち負かされ、腕と脚が折れた罪⼈が地⾯に倒れ、ミエールはカインの腕の中で震える。

「ひどい光景です。少し前まで、彼らが帝国の貴族だったとは思えません」

アースは目の前の光景を見て舌打ちする。

まるでこの混乱をこれ以上見たくないかのように席を飛び降り、罪人たちの元に向かう。

「同じ罪状を与えるのですから、これ以上の時間は無駄です」

 



 

アリアの監視下で過ごすことになるミエール。

ミエールは感謝していますが、彼女の地獄はここからでしょう。

いっそのこと、斬首刑だった方が良かったのかもしれませんね・・・。

そして、カインは帝国の使用人として働くことに。

オスカーの処分が気になりますね。

悪女は砂時計をひっくり返す【160話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は160話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...