悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【158話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は158をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

158話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【157話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は157話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 罪人への罰

ローハンは同情の表情でイシースを⾒る。

「顔を⾒た後、彼らが⽗と娘であることが分からないのですか?通りすがりの⽝でも分かることですが、別の方法があったのです。アースから城の池に招待されたことがないので詳しくはありませんが、王室かどうかを判断するのは⾮常に簡単らしいですよ」

「・・・どういう事ですか?」

「まあ、隠しておく必要はないでしょう。皇帝の城には池があり、王家の⾎を流している者、結婚して聖⽔を飲んだ⼈だけが⼊ることができるそうです。あなたも知っているはずですよ。もちろん、聖⽔を飲んだ⼥性から⽣まれた⼦供も王族と認められます。陛下の許可なしに、誰もが池から聖⽔を取り出すことはできないと聞きました」

「・・・あの女が池に触れたと?」

「あの女?あまり気安く彼女をそう呼ばないでください」

「そんな馬鹿げた迷信をどうやって信じろと?何よりも、他国の王がどうして知っているのですか?」

ローハンはイシースの反応にため息をつく。

「あなたはまだ、私がアステロープとどれほど親しいのかを感じていなかったのですね。アースが10歳くらいの時でした。彼は貴族派の貴族に殺されそうになり、彼は何年もの間クロア国に隠れていたのですよ。そのおかげで素晴らしい光景を見ることが出来ましたが」

初めて聞いた話に、イシースの目が大きく広がる。

ローハンは⼝を覆い、アースの表情を読みながらこっそりと囁く。

「⽗と私だけが、危機に瀕した王族に現れる奇妙な⼒を知っています。あなたも聞いたことがあるはずだ」

彼はイシースをからかう事に楽しんでいるようだ。

「突然消える能⼒・・・。たった10歳だった彼が死にかけている状態で、どうやってクロア国に来たと思いますか?」

「あなたは私をからかっていますね?」

「なぜ今冗談を⾔うのですか?今から死ぬあなたに対して。ちなみに、突然庭の真ん中に現れたのにはびっくりしましたね。実際、貴族派はアースの能⼒の発現に多⼤な貢献をしてくれました。これは少数の王族にのみ現れ、ほとんどの⼈は知りませんから」

 



 

(本当なの・・・?ミエールが⾔ったことは本当だったの?彼⼥は正気ではなかったはず・・・。それともローハンも狂っている?彼は冗談を⾔っているでは・・・?)

イシースの心は激しく揺れていた。

彼女の唇は震えて、何を言えばいいか分からずにいる。

「考えてみてください。あなたのように力に目が眩んだのが他にいないと思っていましたか?彼らが突然失踪した事を知りませんか?」

ローハンの⾔葉は信頼できるものだった。

そして、イシースには思い当たることが浮かんだ。

彼女はアースを侮辱するために、彼に国境地域の周りで多くの仕事をさせてきた。

しかし、アースは、⾃分がいつ訪れたとしても、すべての仕事を不思議な⽅法で終わらせていた。

空間を移動する能⼒を持っていなければ不可能な行動。

「本当なのですか・・・?」

イシースの驚愕の表情を見て、ローハンは笑顔を浮かべた。

「まあ、あなたにはもう関係ありませんね。あなたたちは死に、アステロープは史上最⾼の皇帝になり、アリア夫⼈が皇太子妃になるのですから。彼は最も近い国と⾮常に⻑い間平和を保ち、帝国の権威に歯向かう悪に対処するという⼤きな成果を残すでしょう」

ローハンは満足げな顔で背を向け、イシースは信じられない真実を知って絶望の表情を浮かべた。

彼女はアリアを下品な女だと扱っていたが、世界の全ての光を浴びたのはアリアだったのだから。

広場の真ん中にあるギロチンを⾒る。

彼⼥の判決まで時間はあったが、イシースはすでにギロチンによって⾸を絞められているような感覚に陥っていた。

 



 

「時間がなくなったので、判決を下しましょう」

遅れの原因の⼀つであるローハンがいなくなるとすぐに、貴族は急いでいるふりをした。

彼の⼿には⻑い紙があり、それは罪⼈の罰の⽂書のようだ。

中⾝を確認し、罪⼈の間をゆっくりと歩く。

そして、同僚を最初に売ったメリアート子爵の前で立ち止まった。

彼は比較的安心した表情を浮かべていて、自分の罪が軽減されていることを確信しているようだ。

「私は罪⼈のメリアート子爵に斬⾸刑を宣告します。彼の財産はすべて没収され、彼の称号は奪われるでしょう」

当たり前のように告げられた言葉。

広場に響き渡る貴族の声で、空気が冷えていく。

通常、最初は軽い判決で、その後は重い判決が下されていく。

最初から重い判決で始まった場合、将来的に慈悲を与えられることは滅多になかった。

メリアーチ⼦爵が、動揺したまま尋ねる。

「罪が軽くなるのでは?」

「軽くなる?」

「協力すれば寛解を与える帝国法があると聞きましたが・・・」

罪⼈の⽬は、彼の「協力」という⾔葉に注目した。

なぜなら、この場所にいるすべての罪⼈は、帝国に協力することによって救われると思っていたからだ。

「もちろん、重要な情報と証⾔をしたので、⼗分に考慮されるべきですが、そもそもあなたが犯した罪は反逆罪です」

冷淡な反応をされる。

メリアート子爵は息を飲み込む。

「はい?じ、じゃあ・・・」

話さないのは冷淡な反応でした。

「⾃分が裏切り者ではないことを証明できない場合は、何をしても寛解を得ることができません」

「・・・そんな!?」

メリアート⼦爵の体は地⾯に倒れ、彼は目の前の現実を受け入れられずにいた。

どこかで話がねじ曲がっている可能性があるはず。

そう疑った彼は、最初に提案をしてきたビカであれば、何か解決策を持っていると考えた。

「ビカ⼦爵に連絡してください・・・」

「なぜビカ⼦爵に?」

「か、彼は私に寛解できると確信していました・・・」

「あなたはまだビカ子爵を探しているのですか?彼が本当にあなたを助けたと思っているのですか?なぜ⼆度も裏切られているのですか?」

 



 

ローハンは本気でアリアを狙っているわけではない?

それとも、皇太子妃とは彼の妻になることを指しているのでしょうか?

アースはしばらくの間、クロア国に隠れていたのですね。

二人が親しい理由がようやく分かりました。

ローハン自身もアースの能力は認めていますし、悪友のようなイメージが強いですね♪

悪女は砂時計をひっくり返す【159話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は159話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...