悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【157話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は157をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

157話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【156話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は156話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 下品な女性の真実

大勢の罪⼈の数にもかかわらず、広場に設置されたギロチンは1つだけ。

イシースが単独で処刑されているという噂も。

彼女もその噂をどこかで聞いていたため、満足に眠ることもできずにいた。

そのため、彼女の外見はどんどん酷くなっていく。

「出ろ。移動する」

「・・・?」

何も⾔わずにやって来た数⼗⼈の騎⼠が刑務所の扉を開け、罪⼈を引きずり出す。

罪⼈たちは皆、恐怖の表情を浮かべていた。

 



 

真冬にもかかわらず、暖房設備は設置されていない。

今まで経験したことのない過酷な環境に対応できず、凍傷で歩けなくなったりする⼈も多く、ミエールもその中の一人だった。

「頭が痛い・・・、⾜も・・・」

カインがつまずいたミエールを支える。

「もう少しだ、ミエール。すぐに家に帰れる」

「お兄様・・・」

カインは、彼の弁護⼠とアリアを信じていた。

この事件の出発点がアリアであることを知らないまま。

すべての囚⼈は、鉄製の⾺⾞に乗せられて広場に連行される。

今⽇が死刑執⾏の⽇であったという事実が⾸都全体に広がっていたかどうかにかかわらず、広場に向かう途中にはたくさんの観客が。

「このろくでなし!」

「帝国の恥め!」

⾒物⼈は裏切り者に⽯を投げたり呪ったりし、⾺⾞は炎を煽るようにゆっくりと動いていた。

罪⼈たちは反論すらできないまま、⾺⾞が⽌まるのを静かに待っている。

広場には、⼤勢の⼈が彼らを待っていた。

まるで⾸都の全員が集まったかのように。

観客を遮るための場所を作っていなかったので、彼らが⾺⾞から降りて移動すると、どこかから伸びた⼿が彼らを苦しめる。

「きゃあ!」

イシースは誰かの⼿によって地⾯に倒される。

彼⼥は悪意ある⽬で自分を押した人物を睨みつけた。

今は罪⼈だったとしても、彼⼥は20年近く帝国で最⾼の貴婦⼈として⽣きてきたのだ。

彼⼥の⽬と合った⼈はすぐに頭を下げ、イシースの視線を避ける。

「お兄様!」

初めてこんなに強い敵意を感じたミエールはカインの腕に怯え、カインは妹を可能な限り守った。

そして、彼らは広場の処刑場にたどり着く。

「すべての罪⼈、⼀列に並んでください」

貴族派の貴族と対峙していた⾼貴な貴族がそう命じた。

敵意を持った罪⼈たちは躊躇して動かず、やがて待機していた騎⼠たちが動き出す。

彼らは強引に罪人たちを一列に並ばせた。

「あなた方は、まだ自分が貴族だと思っているようですね。どんな罰を受けるかを知っているなら、驚きで気絶していることでしょう」

この事件から抜け出すチャンスがあると信じていた罪⼈たちは恐れに震え始め、ローハンは彼らへの嫌がらせをやめるべきだと介⼊した。

「それよりも重要なことがあるので、すぐに完了していただければ幸いです」

全員の⽬がローハンに向けられたが、彼は他国の悩みに飽きてしまったようだった。

「ローハン様、他の方々にとっては重要ですので、そんな事を仰らないでください」

ローハンの隣にいたアリアが彼を叱ると、全員の視線は⾃然と彼⼥に移った。

アリアは、過去の自分と同じ運命を辿ろうとしているイシースを笑っている。

故意に見せた彼⼥の笑顔に、イシースは⻭を⾷いしばった。

「・・・お前みたいな、下品な出身の女が・・・」

 



 

イシースがアリアを非難しようとしたとき、ローハンが席から立ち上がる。

「あなたはまだそんな事を話しているのですか?」

アリアは今や帝国だけではなくクロア国の星だったので、イシースの暴言に眉をひそめた。

「ローハン・・・!」

彼が席を降りてイシースに近づくと、アースは彼に⼩さな警告を与えたが、彼は⽌まらない。

「⾒てください、イシース。アリア夫⼈の隣にいる男性を」

イシースだけに聞こえる声でアリアの席を静かに指さした。

「・・・!」

そこには予想外の姿が。

ローハンが公爵の邸宅を訪れたときに突然姿を消した貴族だ。

彼はやるべきことがあると話していた。

アリアにとてもよく似ていて、ミエールに答えを求めたが、彼女が知らないと⾔ったので不安になった貴族が。

まるで家族のように、アリアの隣にいる。

「・・・そんなまさか!」

「ええ、あなたの推測は正しい。今のあなたは平民として格下げされているので、彼⼥が下品だとは⾔わないでください」

それは、アリアの唯⼀の⽋陥がもはや⽋陥ではなかったことを意味した。

「まだ驚かないでください。どの家族とアリア夫⼈が繋がっているか知っていますか?あなたもお会いしていますよ。ピアスト侯爵です。そして、アリアの隣にいるクロエは侯爵の⼀⼈息⼦であると同時に、かつて王室だったバイオレットの息⼦です。あなたは死ぬ前にこれを知っておく必要があります。どれだけ自分が勘違いをしていたか知る必要がありますからね!」

「あの男は、過去に王族だったバイオレットとピアスト侯爵の息⼦・・・?」

イシースはクロエについての噂を思い出す。

それはとても古い話で、クロエにはクロア王国の⼥性と婚外関係の⼦供がいたことを思い出した。

「・・・過去に皇室と結婚していたバイオレットが、ピアスト侯爵と関係があり、彼らの⼦供はアリアの⽗のクロエ・・・。じゃあ彼は貴族?」

という事は、ロースチェント伯爵家が没落した後も、アリアは平民ではなく貴族のままだということだった。

イシースの⼼はすぐに沈む。

しかし同時に、彼⼥は疑問に思った。

(なぜ?アリアがピアスト侯爵の血縁関係であったと、ローハンはどうして断言しているの?)

どう考えても、アリアの⺟親は売春婦。

多くの男性と夜を過ごした下品な⼥性。

彼⼥は⼀⼈の男性と性的関係を持ち続けた⼥性ではない。

「血縁関係はどうやって調べたのですか・・・?」

 



 

ローハンの企みが不穏ですね・・・。

彼はこの場を利用して、アリアが貴族だという事実を広めるつもりなのでしょうか?

そしてクロエはクロア国に住んでいます。

その関係を利用して、アリアがクロア国に移住すると発表するのでは?

悪女は砂時計をひっくり返す【158話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は158話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...