悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【153話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は153をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

153話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【152話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は152話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 姉妹のお茶会

「・・・ミエール夫⼈が最初から上手く行動できていたなら、こんなことは決して起こらなかったはずよ!」

ミエールがアリアを排除していれば、皇太⼦は彼⼥に⽬を向けなかったでしょう。

そのまま、イシースとアースは結婚していたはずだった。

「私はあなたに従うべきではなかった・・・。イシース夫人、あなたが私たち全員の人生を台無しにしたのです!」

ミエールは涙でいっぱいの⽬で、まるでイシースの⾔葉が聞こえないかのように振る舞った。

それは今に始まったことではない。

これまで何度も繰り返されてきたやり取り。

「・・・黙りさない!」

耐えられなくなったイシースが叫ぶ。

血が冷えるのを感じながら弁護士を待ち続けていた。

それにもかかわらず、誰もイシースの元を訪れない。

誰もが彼女と同じ状況に陥っていたので、それは当然の結末だろう。

さらに、他のすべての貴族のように、イシースはすべての財産を奪われていた。

壊れた⼈形のように座り続ける状況は、未知の欲求不満を生み出していたのだった。

その時、突然馴染みのある声を聞く。

「ミエール」

⾒上げると、このすべての根源と⾒られるアリアが⽴っていた。

 



 

アリアは今や天使のように美しく、イシースとミエールには⼿に⼊らないドレスを着ていた。

自分たちを地獄に落とした⼥性であったにもかかわらず、アリアの絶対的な美しさにミエールは⾔葉を失う。

今まで感じたことのない恥ずかしさが全⾝に浸透したのだ。

(なぜ?彼⼥は平民出⾝の⼥性のはずなのに、なぜ彼⼥はこれほどに美しいの・・・?)

「ミエール、⼤丈夫ですか?」

「・・・!」

アリアの優しい口調を聞いて、ミエールは我に返った。

「以前に見た時よりも痩せています・・・。とても傷ついたのですね」

それは間違いなく⼼配している声色だったが、その中⾝を知ることができなかったので、ミエールは⼤きな恐怖を抱いていた。

「今は⼼配する必要はありません。私の唯⼀の妹をこんな場所に残すと思いますか?」

アリアは微笑んで、同⾏した騎⼠を⼿招きする。

「今すぐあなたをここから連れ出したいのですが、あなたは犯罪を犯したので、判決が下されるまで、私にその権利は与えられていません」

「じゃあ、彼の⼿にある鍵は何なのですか?」

「あなたの事が心配だったので、今⽇ここにいます。⼀緒にお茶を飲みませんか?」

そう言い終わるとすぐに扉が開き、騎士がミエールを連れ出した。

「お、お茶・・・?」

ミエールの問いかけに、アリアは何も言わずに出ていく。

牛が食肉処理場に連れていかれるのを恐れているように、彼女は震えたまま騎士に連れていかれた。

 



 

「⼀体どこに連れて⾏くつもり・・・?」

ミエールの悲壮な叫び声に、返事は返ってこない。

(まさか・・・!お茶を飲むという口実で、私の頭を切り落とすつもりじゃ・・・!?)

恐怖に苛まれたが、幸いなことに、彼女が連れてこられたのは、処刑台ではなくラウンジだった。

事前に⽤意したかのように、蒸し茶、クッキー、フルーツが置かれている。

ふわふわのソファに座ったアリアは、向こう側を指さして優しく⾔った。

「どうしてそんなに⻘ざめているの、ミエール?私があなたに危害を加えると思いますか?」

アリアの目は本心を告げているかのように見えた。

優しく妹を気遣う姉の表情を浮かべて。

(何を考えているの?)

それにもかかわらず、警戒を怠らなかったミエールは注意深く座った。

「・・・あなたの考えが分かりません」

そう話すと、アリアは優しい顔で説明した。

「私がいつあなたに危害を加えましたか?あなたがエマと⼀緒に運送事故を起こそうとしたときも、私はあなたに何もしていません」

「・・・!」

ミエールに過去をもう⼀度振り返らせる。

「私はあなたを私の誕⽣⽇に招待しましたが、あなたは招待されなかったと嘘をつき、⼥性たちの前で私を辱めましたよね」

アリアは微笑んで、「あの時は本当にびっくりしました」と呟く。

「そして、あなたが私を毒殺したときでさえ、あなたは何も罰せられませんでしたよね?本当の犯人はあなただったのに」

(あなたは全部知っていたの・・・?あの事件でエマが犠牲になったのよ!愚かなベリーが裏切ってすべてが台無しになった事件!もしベリーが成功していたら、私はこのような状況にはなかっただろう。そして、エマも・・・、私と一緒に住んでいたはず!)

エマを思い出して、ミエールの⽬が熱くなる・

彼⼥の感情は複雑な⼼で満たされていた。

ミエールの濡れた⽬をチェックしたアリアが、もう一度尋ねる。

「あなたが私を傷つけたとき、私は何かしましたか?あなたに報復しましたか?」

「・・・」

ミエールはついにアリアの質問を理解した。

「復讐?いいえ、していませんよね?あなたは法によって裁かれただけ」

「・・・」

意味深な言葉があったとしても、アリアは⾮難したり、呪ったり、泣いたりしなかった。

ミエールが一人で癇癪を起こしていただけ。

アリアは本物の貴族のように振る舞い、誰に対しても虐待していない。

それどころか、彼⼥は邸宅の使⽤⼈たちと強力な関係を築き、新しい⼒を⽣み出した。

もちろん、それはミエールを徹底的に破壊するために計画されてきたことだが、そんな事実を彼女は知らない。

「⽗親を階段から落とす事件もありましたが、それに対しても復讐は考えていないわ」

アリアの言葉を受けて、ミエールはショックで青ざめた。

法廷での場所で、アリアを邪悪な女性と侮辱したが、それも全ては捏造されたもの。

アリアが⼿を差し伸べる。

⼩さなテーブルを挟んで、彼⼥の⼿がミエールの頬に触れた。

「ミエール、⼤丈夫ですか?顔が真っ青よ・・・。医者を呼びましょうか?」

自分を心配してくれる暖かい⼝調。

その暖かさは、アリアへの憎しみを忘れるほどの優しさだった。

「妹ができてとても嬉しかったですが、あなたからの誤解が辛かったわ・・・」

(これは本心なの?私があなたを何度も殺そうとしたにもかかわらないのに?)

ミエールのアリアへの疑いが少しずつ晴れていく。

「だから、そんなに警戒する必要はありません。ミエール、私たちは愛情深い姉妹ではありませんが、妹になったあなたを捨てたくないので、私はあなたを救いたいのです」

 



 

一度信頼させてから地獄へ落とすつもりなのですね。

今のミエールが頼れる相手はアリアしかいません。

アリアはどのようにして、ミエールを絶望に陥れるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【154話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は154話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...