悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【152話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は152をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

152話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【151話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は151話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 内部分裂

「お久しぶりですね?」

ビカが皇太子のスパイだという事実が判明し、メリアート子爵は非常に用心深くなる。

「メリアート子爵、あなたは最後に彼らを裏切るつもりだったのですか?」

ビカがニヤリと笑いながら尋ねる。

「・・・ええ」

メリアートがそう断言すると、ビカの笑みが濃くなった。

「少しだけ二人だけにしてもらえますか?」

「ですが・・・」

「すぐに終わりますので」

「・・・かしこまりました」

皇太子の側近の言葉に誰が拒否することができるだろうか?

捜査官はすぐに去り、ドアを守っていた騎⼠がいなくなる。

「本当にこの反乱が成功すると思っていたのですか?」

ビカの卑劣な質問に、メリアート⼦爵は⼝を閉じる。

彼にも分かっていた、今していることが最後の抵抗だと。

今の状況は、時間稼ぎをしているに過ぎないことだと。

「アドバイスを1つあげましょう」

メリアート⼦爵は、ビカが自分を助けてくれると⾔った言葉に⽬を⼤きく見開くが、彼はすぐに疑わしい⽬つきに変化した。

自分たちをこの状況に陥らせた後、ビカがどのようなアドバイスをするのか疑問に思っているようだ。

ビカは彼の考えを読んだかのようにそっと微笑む。

「私があなたのことを『特に』考えていたのを知らないのですか?」

「特に?」

メリアート子爵は驚きを隠せなかった。

「それはなんて奇妙な言葉なのですか!?」

「ああ、誤解しないでください。あなたはビジネスが得意だったので、私は特別にあなたにいくつかの情報を与えたのです」

ビカが真剣な表情でそう話す。

その言葉は、メリアート子爵の胸を突き刺すのに十分な威力があった。

ビカが自分にかなりの情報を与えていたことを思い出させたのだから。

そのおかげで彼の仕事は順調に進んだのだ。

少しリラックスした瞬間を、ビカは見逃さなかった。

「安全に抜け出せないことは分かりきっているので、できるだけ損害を減らすことを考えなければなりません」

「・・・どうやって?」

「簡単なことです、開⽰をすればいいのです」

「開示?誰を?」

メリアート子爵が混乱していると、ビカは再び説明を始めた。

「あなたと同じように、容疑を否定する人物を開⽰してください。開⽰していただければ、減刑を取得できるのです。⾔い換えれば、それは裏切りと呼ばれていますが」

「・・・そんな厄介なことをしろと?」

メリアート⼦爵は激怒した。

「開⽰や裏切り」という⾔葉が反感を呼んだかのように、彼はできないと断言する。

そして、それを⾒たビカは彼がとても愚かであると⾔って舌打ちをした。

「たとえあなたが開⽰したとしても、あなたは罪を告発しているだけです。⾔わずに絞⾸刑にされるのではなく、真実を語り命を救うほうが良いのではないでしょうか?死んでしまったら人生は終わりなのですから」

「・・・」

予定されていた死について⾔及したとき、メリアート⼦爵の顔は著しく⻘ざめた。

⼀⼈で考えた時とは異なり、他⼈の⼝から聞いた「死」という⾔葉は、緊張をほぐすのに⼗分な効果がある。

「あなたが知っていることを開⽰した後に⽣き残る?それとも、この無意味な抵抗をしたまま死ぬのですか?」

「・・・死ぬ。私が死んでしまう。何もしなければ、私は死ぬ」

考えを失ったメリアート子爵の額から流れた汗は、頬とあごを通り過ぎてテーブルに落ちた。

答えはなかったが、彼は⽣きる⽅法が1つしかないことを理解する。

ビカが部屋を出る前に、彼は最終的なアドバイスを追加した。

「プレデリック公爵家の相続⼈であるオスカー。彼は、協⼒してくれるので彼の⼈⽣が保証されたと聞きました。あなたもすでに知っているはずです」

「プレデリック・オスカー!噂は聞いていたが、彼は本当に生き残ることができたのか?」

メリアート⼦爵は、皇太⼦の味方になって城に移されたことを聞いて、自分が激怒していたことを思い出す。

ほんの数⽇前まで、臆病なオスカーを呪っていたが、自分の命を救うほうが・・・、もっと良いのではないだろうか?

「メリアート子爵。私は裏切り者ですが、あなたを失いたくないので、あなたが良い決断をしてくれることを願っています。次の世代が覚えているのは、反逆罪で亡くなった⼈ではなく、反逆者からの⽣存者です。恥は⼀瞬だけです。歴史は勝者を好意的に引き付けるのですから」

ビカはその⾔葉を残して去っていく。

捜査官と騎⼠たちが戻ってきて、⽌まっていた尋問が再び始まった。

「彼は何て言ったのですか?」

捜査官が鋭く尋ねる。

メリアート子爵の顔は以前とはとても異なっていたので、彼はビカとの会話に疑いを持っていたのだ。

「・・・すべてをお話しします」

 



 

彼がまったく抵抗しなかったかのように素直に答えると、捜査官は⽬を⼤きく開いて尋ねる。

「どういう意味ですか?」

「私がやったことを告白します。私はすべてを認め、私の罪を悔い改めます・・・。そして・・・」

メリアート⼦爵の⾔葉がまだ終わっていないので、捜査官は次の⾔葉が出るのを待った。

「そして・・・、他の⼈が否定していることについて真実を話したら、私は⽣きることができますか?」

メリアート⼦爵の話を聞いて、捜査官はなんとか微笑んだ。

「恐らく・・・。殿下は寛⼤な方です。彼は間違いを罪を許す⼈であり、それは帝国の法律によって保証されています。捜査に協⼒した者は、減刑の対象となると」

「私が開示したことは秘密にしてくれるのですか・・・?」

「もちろんです。殿下に報告しなければなりません、こちらの書面に名前を記入してください」

彼は⾃分の名前を紙に書くことに気が進まなかったが、皇太⼦に自分が協⼒していることを知らせるのは当然だと考えた。

もう少し時間があれば、彼は注意深く⾒直したでしょうが、彼には⻑く考える余裕がなかった。

「・・・私はあなたにすべてを話します」

メリアート子爵の⽬が決心を抱き、他⼈を売って自分の命を救う心構えになった。

彼は⾃分の犯罪が⾮常に⼤きいことを知らなかったので、罰が軽くなっても絞首刑は変わらないことを知らない。

捜査官は罪⼈に温かいお茶を与え、捜査がスムーズに進み始める。

 



 

逮捕された⼈々には、誰かが裏切ったという噂がすぐに広まった。

オスカーが⽣きていけるという噂も。

出所は不明だったが、捜査官が話した情報は、貴族派にしか分からない情報なのは確かだった。

一体誰が?

名前を明かさなかったので、疑いがお互いに向かって⼤きくなるのは当然の結果だろう。

さらに、情報提供者であるメリアート⼦爵が、情報提供者ではないふりをして激怒したため、状況は⼿に負えないほど悪化した。

そして、オスカーのように協⼒すれば命が助かるかもしれない噂で、貴族たちは争い始めた。

彼らはまた、帝国に協⼒して⾃分たちの命を救うほうがよいと考えたのだった。

「・・・オスカー!」

噂を聞いていたカインが激怒し、静かな廊下に彼の声が響く。

彼の声に決して屈服しない意志が見られた

貴族の高潔さを最後まで保つ意志が。

カインのすぐ近くの部屋にいたイシースは、彼の声を聞いて拳を握る。

「恥知らずたちめ・・・!」

彼女の声には殺意が含まれていた。

イシースはローハン、オスカー、そして彼⼥に背を向けた貴族たちに裏切られたことを受け入れることができずにいた。

「・・・これはすべてイシース夫人のせいです」

同じ部屋に投獄されていたミエールは、⾝体的に嫌がらせをするのではなく、すべての責任をイシースに押し付け、昼夜を問わず彼⼥の⼼を荒廃させていた。

「最初から、私は皇太⼦に抵抗するべきではなかった・・・。ぐすんぐすん・・・」

ミエールはひどく具合が悪そうだった。

(あの⼥は何を望んでいるの・・・?)

何⽇もアリアの⾔葉を考え続けて、彼女はぐっすり眠ることもできずにいた。

 



 

貴族派を徹底的に潰しにかかっていますね。

内部分裂を行わさせて、その後に全員を絞首刑にすると考えているアース。

カインとイシースの運命は絞首刑で確定なのでしょうか?

ミエールへの罰も気になりますね。

悪女は砂時計をひっくり返す【153話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は153話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...