悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【151話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は151をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

151話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【150話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は150話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アースとオスカー

「・・・オスカー様は閉じ込められています」

「閉じ込められている?それはどこに?」

騎⼠たちは使用人の⾔葉に眉をひそめる。

「ご案内します」

そして、部屋に着いた後、積み上げられていた家具を⽚付けてドアを開けると、本当にオスカーはそこにいた。

痩せ衰えた顔を観察しながら、騎士が尋ねる。

「あなたはプレデリック・オスカーですか?」

「・・・はい」

オスカーは動揺していなかった。

おそらく、自分の嫌な予感が当たったからだろう。

皇太子はすぐに彼を逮捕するように命じていたが、騎士たちは目の前にいる彼を見て戸惑っていた。

「⼿遅れでなければ、すべてをお話しします」

オスカーの言葉は、騎士たちには予想外の言葉。

「すべてとは?」

「今回についての全体的な話です。あなたは調査済みのはずです、私が今回の事件と無関係なことを。しかし、姉と父を通して何が起きたのかを知っています・・・。ですから、協力させてください」

「本気ですか?」

「はい」

オスカーの真剣なうなずきを見て、騎士は彼が誠実であることに気づき、柔らかい口調で答えた。

「では、⼀緒に来てください。調査を受け⼊れると⾔って下さったので、私はあなたを拘束しません」

騎⼠の態度は、オスカーに対して礼儀正しいものだった。

「オスカー様・・・」

心配している執事の声を聞き、オスカーは立ち止まって振り返る。

「・・・邸宅をお願いします」

「かしこまりました・・・。気をつけて戻ってきてください」

 



 

オスカーは調査のために設置された⼀時的な刑務所で夜を過ごす。

彼は翌⽇、予期せぬ場所に移された。

「あなたが協⼒してくれることに驚きました」

「皇太子殿下にお目にかかります」

こんなに早く皇太子に会えるとは思っておらず、オスカーは驚きを隠せなかった。

頭を下げて礼を尽くすオスカーを見て、アースは不満げな表情を浮かべる。

「本当に協力するのですか?」

「・・・はい」

「なるほど・・・。しかし、私はあなたが協力してくれることを望んでいません」

その言葉にオスカーが怯む。

しかし、皇太子がなぜそう思っているのか理解できた。

皇太⼦と正式な関係にあったアリアのせいだろう。

そして、自分とアリアが愛し合っていたという噂。

ミエールとの婚約により噂は消えたが、その噂はかなり長い間続いていた。

アリアと関係を持っていた皇太⼦は、オスカーがまだ彼女に気持ちを抱いていると考えているのだろう。

そんなオスカーのことを、皇太子は気に入らなかったのだ。

そして、それが正しい答えであるかのように、アースは従順なオスカーに不快感を覚えているようだ。

「あなたが私に協⼒してくれることは、愛国⼼からだと願っていますよ」

「・・・!」

アリアが帝国のスターであり、彼⼥が皇太⼦の側にいることを知った時から、オスカーは公爵家を含む貴族派が皇太⼦と対峙するのをやめることを望んでいた。

彼は貴族派が彼⼥の道を妨げないことを望んでいたのだ。

この無謀な計画を⽌めるために姉と⽗を何度も止めようとしたが、オスカーが得たものは惨めさだけ。

アースはしばらく彼を⾒つめた後、冷笑を浮かべて口を開く。

「理由が何であれ、私はもうあなたを警戒する必要はありません。彼⼥は私を除いてもう誰にも興味がないのですから」

「・・・」

アリアに夢を⾒たり想像したりしてはいけないという警告だった。

皇太⼦の敵意を減らすためにうなずくことが最善の選択でしょうが、オスカーはそうしなかった。

その理由は彼のプライドのため。

皇太⼦と公爵家の後継者とは思えないこの幼稚な感情的な戦いで勝利を収めたアースは、オスカーに⽬を向け、罪⼈として彼に質問した。

「それで、あなたは何に協⼒してくれるのですか?」

「・・・私が知っていることはすべてお話しします」

「家族や仲間を売って何を得たいのですか?」

「・・・何もありません。帝国を邪魔する⼈がもういないことを願っています」

帝国が平和であればアリアの⼼は快適なはずだから。

彼の答えは誠実だったが、アースはオスカーには存在しない不純な意図を⾒つけようとする。

「あなたは本当に⽇和⾒主義者ですね。公爵やイシース公女とは異なり、あなたはいかなる⽂書にも記録がないですが、家族と同じ罰を受けるに値します・・・。しかし、あなたは率先して罪を暴露することによって罰を避けようとしているのですね」

アースはオスカーに対して敵意を持っていたため、無駄な⾔葉で彼を攻撃することに多くの時間を費やした後、満⾜したかのように要点を明らかにした。

「私たちはまだ尋問を始めたばかりですので、帝国の城に留まり、協⼒してください。すぐに書類をお送りします。部屋を確保しておきましょう」

「・・・はい」

「⼗分な証拠がありますが、プレデリック公爵家の後継者の証⾔を追加したほうがいいでしょうから」

アースは最後に軽蔑的な⾔葉を話した後に部屋を出ていき、オスカーは静かな部屋に⼀⼈で残された。

彼は深いため息をつき、⾟抱強く待つ。

 



 

貴族派への調査は毎⽇⾏われた。

もちろん、最初は全員無実だと主張していたが、提出した経費明細書のせいで逃げられず、⽴場が変わる人物が続々と現れる。

「公爵とイシース夫人が協力を要請したので、私は拒否することができませんでした!私は最後に彼らを裏切るつもりでした!私が育った帝国に反逆すると本気で思っているのですか!?」

メリアート子爵がそう主張する。

10⼈の貴族たちが⼀緒に準備したかのように同じ主張を繰り返した。

もし遅らせることができれば、ここから抜け出す⽅法が⾒つかるかもしれないと考えて。

「なるほど、事実を確認する必要がありますね」

解決策を⾒つけた捜査官が、しばらくの間部屋を出る。

(正確な証拠など見つかるはずがない・・・)

メリアート⼦爵は疑念を抱き、捜査官が再び来るのを待ったが、再び現れた捜査官は⼀⼈ではなく誰かと⼀緒だった。

「ビカ⼦爵・・・!」

貴族派の全ての動きを知っていたビカ子爵。

彼は常に適切で有益なアドバイスを与えていたため、誰もがビカを頼りにしていた。

 



 

アースとオスカーの会話は初めてでしょうか?

案の定、アースは彼を処刑したかったようですね・・・。

それでも最終的には満足したようですが。

オスカーの今後が気になりますね。

悪女は砂時計をひっくり返す【152話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は152話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...