悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【149話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は149をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

149話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【148話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は148話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アリアの願い

「難しいお願いなのは分かっているのですが・・・、ミエールを助けてください」

「私に彼女を助けろと言うのですか?」

自身の恋人を傷つけて、帝国を売り払おうとしていたミエールを許す。

アリアの馬鹿げた要求に、聴衆の誰もが困惑した。

ローハンは笑いを堪えながら、「あなたは正気ですか?」と尋ねるほどだ。

その言葉に大多数も賛成しているようで、ミエール本人も同意していた。

長い間望んでいた死刑のチャンスであるにもかかわらず、なぜ自分を生かすのか理解できずにいた。

アースは、アリアの目的が別にあると気づき、彼女の本当の意図を知るために、「・・・どうして?」と尋ねる。

「ミエールはまだ⼦供であり、適切な判断を下すことができません。ご存知のように、彼⼥は優しい女性ですが、これまでの教育が不十分だったのです」

ミエールの過ちは他⼈のせいだと話すアリアは、涙を拭うために話を一旦止めた。

しばらくして、アースが尋ねる。

「・・・では、誰のせいですか?」

「それは・・・、ミエールの⾯倒をよく⾒ていなかった私のせいです。私は彼⼥の姉でしたが、彼⼥が間違った道を進むのを⽌めることができませんでした・・・。ミエールを救ってくださり、彼⼥の罰の⼀部を私に与えてくれることを願っています」

「・・・!」

聴衆の誰もが驚いていた。

彼女は何を言っているのだろうか?

どうして自分を殺そうとした妹を救えることができるのだろうか?

彼らの気持ちは、その考えに満ちていた。

そして、全員の眼差しがアースに集まる。

アースは眉をひそめ、彼の不満を表していた。

そして、アリアの目的が何か別のことだと知っていても、彼はミエールのことを許すことができなかった。

「ミエールは若いので、⾮常に重要なことを知らなかったはずです。情報はあまり役に
立っていないはずでしょう。そうですよね、ローハン様?」

ローハンが提供された情報は、アースの秘密以外に重要なものは何もなかった。

それでも、この反逆に関与したすべての貴族が絞⾸刑にされる状況で、彼⼥がミエールの幸福を本当に求めているのかどうかを理解するのは難しい。

アリアとミエールは仲が悪いはず。

実際に、彼女たちはお互いを殺そうとしていたのだから。

ローハンは笑顔を浮かべて、「あなたの言葉は本心なのでしょうか?」と尋ねる。

「もちろんです。ご存知のように、ミエールは幼い頃にさまざまな不幸に悩まされて来ました。そのいくつかは私のせいです・・・。だからこそ、私は彼⼥の罪を分かち合います。そうよね、ミエール?」

ミエールはアリアをじっと⾒つめ、どう反応すればいいか分からずにいた。

目の前の女の目的が分からない。

彼女がどのような罠を仕掛けているのか分からなかった。

沈黙を破ったのはアースだった。

恋人にここまで懇願されて、彼も願いを拒否するのは難しいと判断したのだ。

「・・・分かりました。⼼配しないでください、すべてはローハンの証言と調査を通して詳細に明らかにされます。ミエール夫⼈の罪が些細なものであれば、彼⼥の罰は軽くなるでしょう」

それは聴衆の面前で公言した言葉なので、後から変更するのは難しいでしょう。

アリアは幸せそうな笑顔でミエールを抱きしめた。

「評決がどうなるかは分かりませんが、良かったわね、ミエール。これからは、何が正しくて何が間違っているかを教えてくれるので、あなたが危険な道に陥ることはありません」

アリアの言葉の意図に気づいたミエール。

彼女は顔を青ざめた。

「あんた、まさか・・・!」

「それでは、評決が下されるまで過去を振り返ってくださいね」

ミエールが何かを⾔う前に、アリアは急いで彼女の身柄を騎⼠に託し、優しい笑顔で彼⼥を見送った。

「わ、私は・・・」

ミエルーは何かを叫びかけようとしたが、⾃分の状況と⽴場に気づいたため、不安な顔を浮かべたまま、口を閉じる。

今何を言っても、彼女の立場が有利になることはないのだから。

 



 

罪⼈全員を乗せた⾺⾞は、皇帝の城とは反対の⽅向に姿を消す。

アリアは、不機嫌な表情を浮かべているアースに話しかけた。

「城に戻りますか?よろしければ、一緒に⾺⾞に乗っても?」

アースはこれから多くの仕事に取り掛かるだろう。

その前に、二人きりで話がしたかった。

「でしたら、一緒にお茶を飲みませんか?」

アースもアリアの意図に気づいたようだ。

逆にお茶を飲むことを勧めたのだから。

「私も参加していいですか?」

ローハンが興味津々な顔で割り込んでくるが、アースがイライラした表情で彼をブロックする。

「いいえ、あなたはあなたの仕事を終えました。早く国に戻ってください」

「・・・私は悲しいです。叛逆の誘惑に抵抗して、あなたの味方になったのですよ」

「そうですか。しかし、約束を破って戦争を始めるのも悪くはありませんね」

「戦争?それは私から提示した約束ではないはずです」

ローハンの表情は真剣だった。

「早く帰った方が良いですよ。私もそこまで気が長い方ではありませんから」

「まあ良いでしょう・・・。将来いつでもアリア夫⼈に会えるでしょうから」

やがて、ローハンは馬車に姿を消し、意味のある⾔葉を残した。

 



 

フラワーマウンテンはお茶を飲みながら重要な話を共有するのに最適な場所。

個室に座り、注⽂した後にアースに尋ねた。

「約束とは何ですか?ローハンと何を約束したのですか?」

「彼がこの問題で私を助けてくれるなら、私は50年間クロア王国と平和を維持することを約束したのです」

「・・・50年?その間は戦争をしないということでしょうか?」

二人の関係は良好に見えたので、戦争する可能性はないと考えていたのだが。

「いつ、何が起こるかはわかりませんが、今は順調です。しかし、過去には、無数の⼈々が亡くなり、⼟地が奪われた⻑い戦争の歴史がありましたから」

「・・・そうですか」

それは、ローハンが帝国を恐れ、貴族派を排除するのを助けたことを意味した。

なぜなら、どのような状況であっても、⼤陸の中で最も領⼟と軍隊を持っていたのは帝国だったから。

「さて、今度は私の番です。どうしてあのようなお願いを?」

アースの少し焦った表情を見て、アリアはすぐに答えた。

「私がミエールを⼿放すと、彼⼥は明らかに絞⾸刑になります」

「私はあなたがそれを望んでいたと思いました」

「最終的にはそう望んでいます。しかし、考えてみると、この機会にとても感謝しているのです」

「機会・・・ですか?」

「「立場の変更」と⾔えば、分かりますか?」

アリアの表情は邪悪に満ちていた。

まるで、以前から欲しかったオモチャを手に入れたかのように。

彼⼥はミエールという名前のおもちゃで遊ぶ⽅法を考えていたのだ。

 



 

ミエールの地獄はここからのようですね・・・。

簡単には殺さないアリア。

彼女の復讐はここからが本番のようです。

ローハンの言葉の意味は気になりますね・・・。

再登場する可能性もあるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【150話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は150話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...