悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【146話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は146をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

146話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【145話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は145話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • オスカーの抵抗

アリアは静かに⼝を閉じて、使用人たちに想像する機会を与えた。

「何かがおかしいに違いないわ・・・。すべてが明らかになるまで私は待ちます・・・」

使⽤⼈たちはカインに激怒し、アリアを怖がらせた彼の表情を思い出して拳を握りしめた。

「お⺟様、お兄様に弁護⼠を付けてください。お兄様とミエールがいない今、お母様が伯爵家の主人なのですから」

「・・・ええ、騎⼠は弁護⼠を雇うことができると⾔ったので、私はカインを救わなければならないわ。できる限りのことをしましょう」

スッキリとした表情を浮かべている伯爵夫人は、カインの弁護士を探すために階段を降りる。

これから、彼⼥は⾮常に有能な弁護⼠を⾒つけ、カインの罪の詳細に明らかにするでしょう。

そして、彼⼥はそれを⾔い訳として利用し、伯爵と離婚するつもりだった。

すべての財産を奪い、病気の夫を捨てることができる。

「ああ、神よ・・・。どうして・・・」

「これは夢じゃないですよね?」

使⽤⼈は呟きながら姿を消し、アリアはアニーとジェシーに⽀えられて部屋に戻った。

「お、お嬢様・・・?これはどういう事なのでしょうか・・・?」

「騎⼠は私の兄が反逆を計画していると言ったのよ」

落ち着いた表情で、アニーの質問に答える。

さっきまで泣いていたアリアの表情は見られない。

「朝に出て⾏った兵⼠や、他の貴族の家にも疑わしい客がたくさんいるという噂を聞いたことがあります」

そして、彼らがこの反逆罪の兵⼠であることに気づき、アニーは彼らの不思議な⾏為を理解したかのように、⼝を⼿で覆った。

「カイン様は彼らが費やしたすべてのお⾦にとても寛⼤だったので、彼らが誰なのか疑問に思っていました!彼らは兵⼠だったのですね!」

「お嬢様は知っていたのですか?」

驚いているジェシーの質問に、アリアは有意義に微笑んで、話題を逸らす。

「出かけるので、準備をしなさい」

「・・・外出ですか?今から?」

「ええ、今⽇の見どころが私を待っているの。出席しなければならないので、準備をしな
さい。あなた達も⼀緒に来る?」

アニーとジェシーはお互いを⾒て、⽔を持ってくるために部屋から出て行った。

まずは、アリアの顔を洗う必要があると判断したため。

 



 

イシースが不快な⼣⾷の後に邸宅に戻ったとき、何が起きたかについて公爵に報告する。

「私はすべての王族を刑務所に⼊れます、そして当分の間、私が引き継ぐことになるでしょう」

「はい。ローハン様はクロア国を⾒る必要がありますし、他のすべての貴族も同意しています」

「すぐに結婚式を挙げなければいけないな」

「はい、帝国がローハン様の⼿に渡ったらすぐに結婚式をすることに決めました。書類も書き直しています」

「結構・・・、私は⾮常に満⾜している。愚かな皇太⼦のせいで、途中で多少の邪魔が入ったが、その結果、より⼤きな成果が得られたのだから。あなたは良くやった。あなたの業績は素晴らしいよ」

「・・・いいえ、私を信頼していただきありがとうございます」

イシースは、これまでの苦難を思い出し、⽬を輝かせた。

公爵が彼⼥の肩を軽くたたき、慰めようとしたとき。

「姉さん、父さん!もう一度考えた方が良いです・・・」

オスカーは突然現れ、彼が何度も提起した質問をした。

「皇太子殿下は、私たちの家が何ヶ⽉も⾝元不明の⼈々によって占領されていることを知っているとはずです。彼は調査しているに違いありません!何らかの対策を立てているはずに違いない!」

公爵はオスカーの合理的な質問に答える。

「彼らの⾝元はクロア王国によって保証されているので、⼼配することは何もありません。
そして、皇太子殿下が質問したとしても、突然の攻撃を防ぐことはできないでしょう。勝利は私たちの手にある」

いつものように、公爵が同じことを繰り返したとき、オスカーは別の質問をした。

「・・・そもそも、クロア王が本当に私たちの味方なのか疑っています。彼が私たちを訪ねてから1⽇も経っていないのに、彼は突然の攻撃を主張しました。まだ早すぎます!」

決して疑うべきではないことを疑ったとき、公爵は彼を激しく睨みつけ、使⽤⼈を呼び、もはや聞く価値がないかのようにオスカーを追い出すように指示した。

「彼を部屋に留めておき、部屋から出られないように。ドアを塞いでも構わん」

「⽗さん、考え直してください!もう少し注意する必要があります!」

「これ以上注意することはできない。すでに何千⼈もの⼈々が動いているのだ!」

結局、オスカーは自室に連れて⾏かれ、⼊り⼝は⼤きな家具で塞がれ、彼は逃げることができなくなる。

⼀⼈息⼦がトラブルを起こし続け、動揺した公爵は眉をひそめる。

「イシース、・・・明⽇は忙しいので、部屋に戻りなさい」

「・・・はい、お父様」

 



 

部屋に戻ったイシースは、寝る前に少し考えていた。

数時間後に勝利することの喜びについて考えようとしていたが、どういうわけか彼⼥の頭に浮かんだのは皇太⼦とアリアの姿。

皇太⼦がアリアの⼿を握って⼼配していた表情を見たことがなかった。

売春婦の娘と恋⼈になるなんて、恥ずべき⾏動だ。

あの時の光景を思い出して眉をひそめると、ドアを誰かがノックした。

「イシース夫人、まだ起きているのであれば、少しお話したいのですが」

「ローハン様?お入りください」

夜明けに会えると思っていたローハンは、何の通知もなく彼⼥のところにやって来た。

「いいえ、ここでお話しします。⻑くはありませんから」

彼はイシースの提案に⾸を横に振った。

「明⽇兵⼠たちが戦いに出かけるとき、あなたも⼀緒に行きませんか?」

「・・・私もでしょうか?」

「ええ。邸宅に残っていたら、あなたは⼈⽣に⼀度あるであろう最も壮観な光景を⾒逃すでしょうから」

「でも危険なのでは・・・?」

戦場の中心に向かうことを、イシースは恐れていた。

「⼼配でしたら、私があなたのそばにいます。私と⼀緒では安心できませんか?」

王である彼の側は安全かもしれないが、私兵がいる公爵の邸宅よりも危険でしょう。

しかし、⼣⽅に⾒たアースとアリアの下品な顔のせいで、彼⼥の⼼は震えていた。

「あなたの周りに騎⼠を置くので、⼼配する必要はありません」

「・・・分かりました。私も同行させてください」

イシースがそう言ったとき、ローハンは口角を上げて、喜びの表情を浮かべる。

「そう言ってくださり嬉しいです。明日があなたにとって良い1日になることを願っています」

「ローハン様にとっても良い⽇になることを願っていますわ」

「あはは、私はすでに幸せですから」

ローハンの表情は、⼆度と起こらない楽しいゲームを⾒つけたかのように、心からの微笑みを浮かべていた。

ローハンがレストランでアースと⾏った会話は気になっているが、彼が本当にアースと悪い関係にあることを確信する。

「じゃあ、明⽇お会いしましょう。ゆっくり休んでください。あなたも忙しくなるでしょうから」

「ええ、ローハン様も」

 



 

オスカー・・・。

どう考えてもおかしい状況のはずなのに、唯一正常な思考を持っているのはオスカーだけでしたね。

彼にもっと発言力があれば、このような事にはならなかったでしょう。

公爵も考えが浅すぎます(汗)

イシースの明日はどのような1日になるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【147話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は147話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...