悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【145話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は145をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

145話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【144話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 反逆罪

パニックに陥った使用人たちは、カインが怒りを表明していたのでアリアを守った。

「・・・なぜ、なぜお兄様は怒っているのですか?・・・なぜあなたが怒っているのかわかりません!ミエールはオスカー様と⼀夜を過ごし、戻ってきました。その上、私は⺟の許可を得ているのです・・・」

いいえ、アリアはカインが怒っている理由を知っていたが、使用人たちを味方にするために故意に知らないふりをする。

おそらく彼らは、彼らの主⼈のカインが義理の妹に異常に取りつかれていることを少しずつ推測していたのでしょう。

床から⽴ち上がったカインは狂気で叫び、使用人たちは彼⼥の周りに集まり、⼈の壁を作った。

「分からない?よくもそんなことが言えるな!私を置いていくのですか?私を裏切るのですか?私を選ばないのか?私を愛していないのか?こんなにも私が愛しているのに!」

カインの必死の叫びを聞き、使用人たちは青ざめる。

「カイン様、落ち着いてください!」

「黙れ!」

パアアン!

⽬の前に⽴っていた使用人はカインを落ち着かせようとしたが、顔を平⼿打ちされて倒れる。

(カインは我を見失っているわね)

悪化する状況に怯えたふりをしたアリアがさらに涙を浮かべると、周囲の使用人たちの表情に怒りが広がり始めた。

⼼を持つことは理解できるが、誰も今のカインに同情することは不可能でしょう。

「カイン様、落ち着いてください!」

「アリアお嬢様はまだお若いので、寛⼤に彼⼥を許してください!」

「私は、アリアお嬢様が何を間違えたのかを彼⼥に伝えます。あなたの怒りを鎮めてください」

「可哀想なアリアお嬢様を許してください!」

頬を平⼿打ちされて倒れた使用人がいたにもかかわらず、多くの使用人たちがアリアを取り囲み、パニックではなく怒りを和らげるように頼んでいた。

しかし、それはカインのさらなる怒りを⽣み出しただけであり、彼が再び⼿を上げて何⼈かの使⽤⼈の頬を叩いたとき。

そして、アリアが彼が絶望して怒っているのを⼗分に⾒れたので、そろそろ遊ぶのをやめるべきだと思ったとき、一人の声が聞こえる。

その予期せぬ声に、カインの手が止まる。

「何が起きてるの?」

 



 

それは伯爵夫⼈であり、彼⼥は絶え間ない騒動で⽬覚め、ゆっくりとあくびをしながら現れた。

それから、アリアの部屋の前で起きている事件に驚き、彼女は声を上げる。

「アリア・・・!」

伯爵夫⼈は⼀歩前進して状況を確認し、そしてアリアの⽬に涙を浮かべているの見る。

彼女はアリアが演技しているとは思いもよらずに⾔葉を失う。

そして、カインが沈黙を破った。

「お⺟さんは・・・、ご存知だったのですか?」

伯爵夫⼈は真剣な表情で、アリアが望んでいたカインの絶望的な顔と声に尋ねる。

「何が?」

「アリア・・・、アリアが・・・、皇太⼦と⼀夜を過ごしたことです!」

伯爵夫⼈はカインがそのような些細なことで騒いでいるのか理解できない表情を浮かべる。

そして、アリアが演技をしているのではないかと考え、虚ろな笑みを浮かべた。

「なぜあなたは私にそれを尋ねるのですか?・・・いいえ、たとえ本当だったとしても、アリアの何が悪かったのですか?」

「・・・アリアは、アリアは未成年です!」

「それがどうしたの?アリアは皇太⼦と結婚するつもりです。私は彼⼥の⺟親としてそれは⼤丈夫だと⾔いました。そして、なぜあなたは⼤騒ぎするのですか?あなたはそんな心配をしてる余裕があるの?ミエールの事を心配するべきなのでは?」

伯爵家から得られるものはこれ以上ない。

さらに、反逆罪が確定した場合、彼⼥は伯爵と離婚することになっていたので、彼⼥の声色は冷たかった。

彼⼥はもはやロースチェント伯爵家を恐れず、気にしていなかった。

今、彼⼥はそのようなことなしに⽣きるのに⼗分なお⾦を持っていたのだから。

カインの顔は冷たい答えに応えて強ばる。

そして彼はアリアと同じ⾔葉を話した伯爵夫⼈を睨みつけた。

「・・・はぁ、下品な起源が問題だと思います。母が下品だと、娘も下品なのですね」

パアアン!

もはや容認する必要がなくなった伯爵夫⼈は、カインの頬を叩きつける。

カインの殴打とは異なり、誰もがそれを当然のことと感じ、使用人たちは怒りの表情で彼を見ていた。

「あなたは何も知りません!あなたはその下品な起源よりも悪いので、あなたがその言葉を永遠に⾔う⽴場にあるとは思わないでください!」

伯爵夫⼈はめったに叫ばない。

そして、彼女の⾔葉は無知なカインにとって理解できなかった。

カインは、伯爵夫⼈を殺すかのように睨みつけ、もう彼⼥と付き合いたくないので使用人に命じた。

「アリアを⾃分の部屋に閉じ込めてください。そうすれば、彼⼥はこれ以上下品に歩き回ることができなくなります。彼⼥が抵抗するなら、手と足を縛ってください。そして、伯爵夫人をこの家から追い出せ。私はこの家の主人です」

「・・・」

しかし、使用人は誰もカインの指⽰に従わなかった。

それは、アリアがこれまでに彼らに与えた利益の結果。

もちろん、そうでなくても、これが⾃然な選択でしょう。

彼らがどんなに愚かであっても、兵⼠にすべての富を与え、経験の浅いカインの仕事によって台無しになると噂されていた伯爵家を追う⼈は誰もいないのだから。

むしろ、皇太⼦と結婚する帝国のスターであるアリアの側に⽴った場合、将来的にはもっと多くのものを⼿に⼊れることができるでしょう。

「何をしてる!?彼⼥をすぐに縛り上げろ!」

カインは再び叫んだが、使用人たちはカインに敵意を表明し、伯爵夫⼈とアリアを取り囲み、彼の⾔うことを聞かなかった。

「よくもそんなことができるな・・・」

カインが再び⼿を挙げたその時だった。

騒音が聞こえて、屋敷に到着すると、⽩い制服を着た騎⼠が速いペースで階段を駆け上がる。

彼らの胸に刺された王室の印章は、彼らが王室の騎⼠であることを証明した。

騎⼠たちは眉をひそめ、怯えたアリア、怒った伯爵夫⼈、そして使⽤⼈を観察する。

その間、胸にたくさんのバッジを付けた騎⼠が書類を取り出し、カインに「あなたはロースチェント・カインですか?」と尋ねた。

「・・・はい」

彼が答えたとき、怒りと凶暴さはすぐにカインの顔から消えていた。

兵⼠たちが帝国の城を攻撃するために去って間もなく、邸宅を訪れた王室の騎⼠たち。

カインの嫌な予感は正しかった。

騎⼠は彼に罰の始まりを知らせる。

 



 

「あなたが反逆罪に関与したとして逮捕します」

「・・・!」

⾔葉が終わるとすぐに、騎⼠たちはカインの体を拘束した。

反論する瞬間もなく。

彼らはカインの腕をロープで縛り、カインがアリアに行おうとしたことをする。

「ぐ!」

カインは、痛々しいほど叫んだ。

しかし、それを気にしない騎⼠は、荒い⼿で彼の背中を押す。

「あなたは⾃分の反逆の証拠を提出し、家の中に兵⼠を隠し、すべての費⽤を⽀えたので、あなたには弁護⼠がいますが、それは役に⽴ちません。使用人や家族にこれ以上悪いことを⾒せたくないのなら、静かについて来てください」

昨⽇、カインは兵⼠の⾷料、⾐類、避難所のすべての仕様を提出した。

それは王室の騎士たちにではなく、クロアの貴族に提出したはずでは・・・?

この時点で、彼は信じたくないという結論に達し、顔を⻘ざめる。

「これは一体・・・?」

「反逆罪・・・?」

「カイン様が反逆罪に加わったのですか!?」

カインが逮捕された後、廊下に残っていた使⽤⼈たちは、信じられないと⾔ってざわつきはじめる。

「殿下が調査中と⾔ったときに、私はお兄様を⽌めるべきでした・・・」

アリアは濡れた⽬を拭き、何かを知っているかのように⼝を開けた。

そして、この馬鹿げた状況への答えを知っていたので、アリアはすべての注⽬を集める。

 



 

カインも動揺してましたね〜。

これまでの思いを全て吐き出しちゃいましたから、それだけ動揺していたのでしょう。

伯爵夫人が話したように、ミエールへの心配はしているのでしょうか?

そして、まずはカインが反逆罪で逮捕されました。

公爵家はどうなっているのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【146話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は146話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...