悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【144話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は144をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

144話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【143話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は143話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 嫉妬するカイン

家の使⽤⼈たちは彼らが目の前の光景にざわつき始める。

アリアが最初に別れを告げ、後悔を残した。

「アースさん、今日はありがとうございました」

「・・・ええ」

後悔に満ちた顔でうなずいたアースは、アリアと⼀緒に⾺⾞から降りる。

⾒守っていた使⽤⼈たちは、さよならを⾔っても解散せずに屋敷の前でぎこちない雰囲気を作っていた二人を誤解した時だった。

「・・・!」

「・・・お休みなさい」

アースは何もせずに戻ることができないかのように、アリアの腰をつかみ、盗むように軽くキスをした。

馬車で起こったことに⽐べると軽いキスだったが、それを⾒た⼈々、そして、それを予期していなかったアリアさえも⾚⾯させるのに⼗分だった。

「し、失礼します!」

アニーとジェシーは、唇が離れるとすぐに屋敷に姿を消したアリアを追いかけた。

屋敷の前に⼀⼈で残されていたアースは、⻑い間彼女の後ろ姿を⾒ていたが、何事もなかったかのように⾺⾞に姿を消す。

「お嬢様!ドアを開けて下さい!体を洗って着替えなければなりません!」

ドアの外からの二人の叫びは喜びに満ちていた。

彼らはすぐにドアを壊して、今⽇何が起こったのか尋ねたかったのです。

しかし、動揺していたアリアは、夜明けまで出てこなかった。

アニーやジェシーを含む邸宅の使⽤⼈たちは、⾒たものに加えて、想像⼒豊かな翼を持っていた。

 



 

貴族の家は夜明けに皇帝の城を攻撃しなければならなかったので、夜明けから⼤騒ぎだ。

兵⼠たちは戦いの準備ができていた。

凛とした勇敢な姿を⾒ると、⼼配事に満ちていた貴族たちは、表情に安堵の笑みを浮かべる。

散らばった兵⼠たちが集まって帝城を占領した後は、自分たちが現れて勝利を楽しむだけだと思ったからだろう。

「⼦爵様、時期尚早ですが、私たちが最初に⾏きます。お世話になりました」

「はは、構いません!私は家の中で静かに待って、終わったら出かけます」

「はい、それでは」

兵⼠たちは、何⼗⼈もの男性を邸宅から連れ出した。

もちろん、兵⼠たちは皇城の⽅向ではなく⾸都から出て⾏ったのだが、屋敷からは分からなかったので、誰にも⾒られずに⾸都から脱出することに成功する。

同時刻、夜明けまでベッドから出てこなかったアリアは、城の外で騒ぎを聞いてゆっくりとベッドから降りた。

楽しみにしていた⼈々の終わりを⾒なければならなかったので、今⽇は⾮常に重要な⽇。

彼⼥が⾃分の部屋に留まる予定はなかった。

アリアは窓を開けて外を確認する。

伯爵の邸宅を邪魔していた兵⼠たちは⾺に乗って旅をする準備ができていた。

そのうちの⼀⼈がたまたまアリアと目が合う。

「・・・!」

驚いて⾺から落ちそうになった兵⼠は、すぐに姿勢を正して、アリアに頭を下げた。

状況を知っている⼈への挨拶。

彼⼥は⼿を上げて、兵⼠が無事に戻ることを望んだ。

再び⾺から落ちそうになった兵⼠は、アリアの仕草に驚いていた。

他の兵⼠でさえ、彼の視線に続いて彼⼥に挨拶し始めた。

挨拶する⼈はかなり多かったので、アリアは⻑い間手を上げ続けなければいけなかった。

彼⼥を最後に認識したのは・・・、カインだ。

他の貴族と同じように、兵⼠の最年⻑と話していたカインはアリアを⾒上げる。

彼はかなり不快そうに⾒えた。

 



 

会話の後、カインは兵⼠たちを⾒送り、再びアリアが⾒つめる。

彼は振り返り、すぐに屋敷に⾜を踏み⼊れ、階段を上った。

騒々しい⾜⾳で階段を上ったとき、⽬が覚めたばかりの使⽤⼈は彼をちらっと⾒たり、彼を追いかけたりする。

もちろん、カインが到着した場所はアリアの部屋。

「アリア」

カインは⾮常に激怒した声で彼⼥の名前を呼ぶ。

そしてそれは窓の外で兵⼠を⾒送っただけだったアリアにとって予想外の反応だった。

「どうされたのですか、お兄様?」

「・・・昨夜遅くなったと聞きました」

カインはアリアより遅く帰ったので、それについて彼⼥に尋ねることができずにいた。

アリアは何でもないかのように振る舞う。

「お兄様はいつも夜明けに家に帰ってきますので、あなたがそれについて私を叱責するのは正しくありません」

「私は家の⻑なので、仕事のために遅く帰宅します。しかし、あなたは・・・」

彼は猛烈に叫びかけようとしていたが、⾔葉を繋ぐのが難しいかのようにすぐに⼝を閉じる。

アリアはカインが伯爵の仕事に夢中になっていたので、彼が自分の事を気にかけていると思っていなかった。

しかし、彼はとても嫉妬している。

⽇が暮れたら、彼の⼈⽣は終わるのに。

彼の愚かな姿を見て、アリアの⼝⾓が上がる。

「お兄様は何について話しているのですか?私とアースさんが⼣⾷を⾷べて遅く帰宅するのはこれが初めてではないので、なぜあなたがそんなに怒っているのか分かりません・・・。他に何か聞いているのですか?」

そうでなければ、彼がそんなに怒っていることは理解できない。

カインはアースが彼⼥にキスしたというニュースを聞いたに違いない。

アリアは邸宅の前で公然とそれをした。

そして、使⽤⼈が夜明けまでそれについて興奮して話していたので、彼はそれを知っていたに違いないでしょう。

「何を言って・・・!」

案の定、カインは激怒し、再び声を上げた。

彼の心は嫉妬にまみれていた。

遠くで待っていた使用人たちが集まり始める。

ドアは開いていて、彼らはアリアとカインの対⽴を⾒ることができた。

使用人たちは彼⼥が危害を加えられるのではないかと⼼配している。

アリアは彼らが望むように⼤丈夫だろうが、危害を加えられるのは、⼤胆に反逆して帝国の権威に挑戦したカインの方だろう。

(カインは過去に義理の妹の頭を切る代償と、あなたが妹に性的欲求を持っているという事実を⽀払うべきね。どうすればあなたを罰せられるだろうか?ああ、そうだわ・・・)

彼が最も恐れていることについて考える。

その怒りの原因を。

時々餌を与えていたアリアが、完全にカインの⼿を離したことを彼に知らせるために。

彼が過去と現在の両⽅で最初に恋に落ちた⼥性によって拒絶されることを。

⽗親を売ってでも欲しかった⼥性は、すでに他の男との愛情で固まっていたことを。

カインにそれらのことを思い出させるために素朴な表情を浮かべて尋ねる。

「私に⾔わないでください。お兄様はまだ⼤⼈になっていない私に腹を⽴てています」

「何?それはどういう意味・・・?」

意味のある⾔葉がカインを固くし、部屋の外から⾒守っていた使用人たちも⽬を広げて注意深く⽿を傾けていた。

「アースさんに⼀⼈で会ったのはこれが初めてではありません・・・。お兄様はこれを知りませんが、私は自分の部屋で密かに彼に会いました。そして、私は彼と⼀緒にクロアに旅⾏しました。私たちは同じ部屋を使いました・・・。私はアースさんと結婚するつもりで___」

⽬が⾎に染まったカインが突然アリアに向かって駆けつけたのは、彼⼥の挑発的な⾔葉が終わる直前だった。

事前に準備していたアリアが急いで避けていなかったら、⼀緒に床に転がっていたか、窒息していたかもしれないでしょう。

「お嬢様!」

怯えたふりをしたアリアは、使用人の⼀⼈の後ろに隠れて、哀れな姿を⾒せた。

アニーとジェシーは急いで、彼らのほっそりした主⼈の肩を抱きしめる。

 



 

ついにカインの我慢の限界が・・・!

まあそう仕向けたのはアリアなのですが。

嫉妬に塗れたカインの行動は、どこまでエスカレートするのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【145話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は145話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...