悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【143話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は143をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

143話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【142話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は142話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アースの嫉妬

「ですが、過去も含めて昔を振り返っても、そんな男性はいませんでした。もちろん、似たような髪の⾊の男性はいましたが、私は彼に惹かれたことは⼀度もありません」

自分にはアースだけと言ったつもりなのに、彼が答えを聞いたとき、彼の表情は微妙だった。

アースはあまり幸せそうに⾒えない。

「アースさん?」

不思議に思って彼の名前を呼ぶと、アースは固い表情のままため息をついた。

「・・・あまり嬉しくありません」

「どうして・・・?」

「アリアお嬢様が出会った男性が他にいたということですから。あなたは20代半ばまで⽣きて、過去に戻ったと⾔いましたよね?あなたは今とても美しい・・・、そして、私はあなたが⼤⼈だったあなたがどれほど美しいか想像できません・・・。男性たちはそのような美しい⼥性を⼀⼈にさせなかったでしょう」

アリアは⼝を閉じ、自分の発言が間違えていたことに気づく。

(私はアースを他の男性と比べていたように話していた?)

アースが他の⼥性と関わっているとしれば、自分も気分が悪くなるだろう。

しかし、すでに未来を知っていたアリアは、アースにはイシース以外の⼥性がいないこと、そして、イシースとの関係が良くないことを知っていたので、彼⼥は注意を払っていなかったのだ。

空気が急速に冷え込む

「私はアリアお嬢様の過去を⾮難したり、あなたに腹を⽴てたりするつもりはありません。しかし、私はただ・・・、その時にあなたに会わなかったことを後悔しています」

「それは・・・、私はとても愚かで邪悪な⼥性だったからです。・・・私と同じレベルの男性にしか会っていませんでした」

「そのように⾃分を卑下しないでください」

アースは少し眉をひそめ、彼⼥を慰め、不必要に発言した⾃分を責めさえした。

それは、アリアが⾃分を愚かで邪悪だと表現したからでしょう。

「さっきも言いましたが・・・、私は過去に会ったことのある男性の誰にも⼼を与えていません。私はパーティーで彼らに会い、彼らと話をしただけです」

「話しただけ・・・。もしそうなら、私は無駄に⼼配しているかもしれないと思います」

アースはまだ嫉妬していたが、アリアの話を聞いて、彼の表情はほっとしたように少しリラックスした。

しかし、過去のアリアは話だけで終わっていなかった。

過去では数杯飲んだ後、男性と少し触れていた、そして、時々彼⼥はそれ以上のことも行なってきた。

アリアは嘘をついた罪を犯し、以前に⾔ったことを訂正する。

「えっと・・・、考えてみると、私は彼らと話すだけではありませんでした」

「え?」

「・・・少し触れました」

 



 

アースの表情は「触れる」という⾔葉で再び真剣になる。

「どれだけ触れたのですか?彼らはあなたの⼿を握ったのですか?それとも、あなたの腰に⼿を置いたのですか?」

それは⼀種の親密なタッチでしょう。

アリアは⾸を横に振る。

「じゃあ、抱きしめたり・・・?」

「・・・」

彼⼥がしっかりと首を横に振ると、アースは不快そうに⾒えた。

彼⼥は抱擁以上のものを経験していると理解したから。

アースはアリアがより深いスキンシップをしたことに気づき、名前のない男性と彼⼥がしたであろう⾏動に嫉妬するかのように彼⼥に密着する。

「彼らはこれほど近くにいたことがありますか?」

彼の顔は近かった。

そして、額にキスをしたのは初めてではなかったが、これほど近づいたことに驚いたかのように、アリアの⼼臓は少し速く⿎動し始めた。

自然なふりをして、彼⼥はうなずく。

「・・・はい」

「誰かがあなたの額にこのようにキスしたことがありますか?」

アースはアリアの額に軽いキスをした。

何度も経験しているので、彼⼥は答えることができなかった。

「・・・頬はどうですか?」

彼の真⾯⽬な表情とは異なり、アースの柔らかい唇が彼⼥の頬に触れる。

(どうしよう・・・!)

少し速く⾛り始めた彼⼥の⼼臓は、今や激しく鼓動していた。

少し距離を変えると唇が自分の唇に触れるからだったのでしょうか?

それとも、彼が彼⼥の頬に唇を置いて質問をしたからでしょうか?

それは両⽅かもしれない。

アリアは呼吸を⽌めて答えずにいた。

そして、アースの⽬は彼⼥の弱く震える視線に出会った。

⽬に⾒えて沈んだ彼の⽬は、暗黙の許可を探している⽬を含んでいる。

ノーと答えなければいけない。

そうでなければ・・・。

アースの視線が⽌まった場所は、少し濡れた唇である彼⼥の柔らかな湾曲した⿐の下。

アリアは嫉妬⼼がなくなったアースの顔を⾒て唾液を飲み込む。

彼⼥は年数の経験があるという利点があると思っていたが、彼はいつ⼥性をこのように魅了する⽅法を知っていた男性になったのだろうか・・・?

質問がなくなったアースは、ゆっくりとアリアとの距離を縮め、台⾵のように揺れている彼⼥の⽬を覗き込む。

最後の許可を求めるかのように彼⼥の真っ⽩な頬を撫でた。

拒絶すればすぐに彼を⽌めることができたのにそれをしなかった。

そして、アリアは頭を押したり回したりする代わりに、震える⽬をゆっくりと閉じる。

彼らの唇はすぐに重なった。

アースの柔らかい唇が触れるとすぐに、彼⼥の⼼は突然⽌まる。

過去では愛する⼈とロマンチックなキスをしている⼥性たちに鼻で笑っていたが、今では自分もとても熱狂して⿇痺し、何も考えられなかった。

嫉妬から始まったスキンシップは、今や⻑いキスになってアリアを悩ませ、優しく触れていた唇が変化していく。

彼⼥は抵抗なくそれを受け⼊れ、アースは彼⼥の頬を撫でていた⼿を⾺⾞の壁に当て、彼⼥にもっと深くキスをしたので、アリアは呼吸できなくなっていた。

「・・・ん」

快楽のための成熟したキスとは異なり、自分を欲しがる執着心に満ちていたキス。

アリアの⼿はそれを知らずに震えた。

⻑い間空中をさまよっていた彼⼥の⼿は腕を掴むだけで、これにイライラしたアースは耐えられないかのように彼⼥を深く押し込んだ。

「・・・んん」

彼のキスのせいで本当に息が切れているように感じる。

自分を所有したいというアースの願望と執着。

彼⼥の全⾝は飲み込まれたようだった。

アリアをむさぼり⾷っていた彼の唇は落ちて、⻑い余韻を残す。

彼⼥の小さな呻き声を聞き、アースは我慢できずに再び彼女の唇を盗んだ。

激しいキスに、アリアは狂ったような思いを抱く。

 



 

「・・・家まで送りますね」

⻑い間彼⼥を⾒つめていたアースが、絞りだした声で⾔う。

これ以上は止まらないと気づいたため。

「・・・はい」

アリアは彼から視線をそらして答えた。

(私を切望するあなたとどう向き合えばいいの?)

それにもかかわらず、彼⼥はまだ17歳であるという事実のために初めて⾃分⾃⾝を憎み、憤慨した。

(私のこの誕⽣⽇が17歳ではなく、18歳だったとしたら、伯爵の邸宅に戻る必要はなかったのに)

⾺⾞は⻑い間⾸都を回っていた。

そして、馬車がロースチェント伯爵の邸宅に到着したのは暗闇が世界に落ちた後。

 



 

今回、初めて二人がキスをしましたね♪

アースにはこれからも嫉妬し続けてほしいです(笑)

いよいよ明日はイシースの計画が始まる日。

果たして、どのような結末を迎えるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【144話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...