悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【142話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は142をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

142話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【141話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は141話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ローハンの本心

「そんなはずがありません、イシース公女」

ローハンがそう答えると、アースも同意するように続く。

「私も同様です。公女は役に立たない言葉しか覚えないのですね」

二人が不機嫌そうに答えたことで、イシースが動揺しているのは明らかだった。

彼女は両者の関係を理解できていないようだ。

公然と侮辱したアースに対しても反論する余裕がない。

しかし、イシースとは異なり、クロア国でアースとローハンの会話を見ていたアリアは、この関係が親しみから来ていることに気づいていた。

イシースを欺く⾏為だと。

「友好的でないのでしたら・・・、どうして殿下をお誘いしたのですか?」

明日、彼らは殺し合うはずなのに。

ローハンは疑いに満ちていたイシースの質問に答える。

「私が彼らに干渉したいのです」

アースはその答えに憤慨するが、ローハンは話を続けた。

「それに・・・、これから会う機会はほとんどないので。公女でしたら、この言葉の意味は理解できますよね?」

ローハンの微妙な質問に、イシースは⼀瞬動揺した後、すぐに納得した。

明日の戦争でローハンが勝利を確信していることに。

彼女は理解したかのように大きくうなずく。

「最後の晩餐ですからね」

「その通りです・・・!」

ローハンの言葉に、イシースは同意した。

アースも不思議な表情で彼女を見つめる。

それは、自分がなぜこのような愚かな女性に振り回されてきたかという単純な疑問が浮かんだから。

(彼を彼女の愚かさを示すためにテーブルを共有することを提案したのだろうか?)

イシースが何も知らずにローハンに同意する光景を見るのは面白い。

しかし、国王の貴重な時間をそんな些細で幼稚な事に費やすとは信じられなかったので、疑惑の眼差しでローハンを観察すると、彼は本心を話した。

「実はロースチェント夫⼈に興味があるので、テーブルを共有したいと提案したのです」

 



 

「・・・私ですか?」

「ええ」

アースがすぐ隣にいたにもかかわらず、ローハンはそう答えた。

「・・・馬鹿げた事を言わないで頂きたいのですが?」

アースがローハンを睨みつける。

2度とそのような冗談を言わないようにと目で脅して。

「将来がどうなるか分からないので、現在のパートナーが気に⼊らない場合は、いつでも私を次の選択肢と考えることができますよ」

「ローハン!」

しかし、アースの激しい睨みを受けても、ローハンはまったく表情を変えることなく、話し続けた。

やがて、我慢できなくなったアースは怒りに駆られた。

もし可能なら、彼はローハンの⾸を掴んで地⾯に投げ込んだでしょう。

その結果を恐れて、アリアはアースとローハンの間で起こりうる不幸な事件を阻⽌するためにアースの⼿を握った。

「お⾔葉は嬉しいですが、誤解を招くような冗談はご遠慮ください」

アースに怒らないように目で訴えて、ローハンにこの時点で終了すべきだと付け加える。

「冗談?冗談ではないさ」

それでも、ローハンはまだ意味のある笑顔を浮かべていた。

アースが自分のそばにいる限り、ローハンは彼⼥にとって脅威ではない。

そう判断して、アリアは言った。

「ローハン様は私の好みではありませんので」

「本当に?あなたの好みは何ですか?」

「⿊い髪と⻘い⽬をした背の⾼い男性です」

「・・・」

怒りを鎮めようとしていたアースは、彼女が言及した男性が自分だと気づき、その場で固まる。

どう答えればいいか分からず、彼は振り返ってアリアを見つめ、今聞いたことが本当かどうか疑問に思っていた。

彼の怒りはすっかり消えていた。

イシースは⼝を⼿のひらで覆っている。

アリアが彼⼥の⼼を率直に告⽩したので、ローハンの怒りを想像することができたから。

そう期待していたが、彼はイシースの望む反応を起こさなかった。

「・・・あなたがそのような⾯⽩い答えを思いついた場合、それは私が持っていなかった興味を本当に⽣み出しますよ」

ローハンは、あたかもアリアの⼤胆な答えが気に入ったかのように、興味深そうな表情で彼女を見つめる。

「私は他の男性には興味がないので、他の⼥性に⽬を向けてください。私と話し続けるのは無駄だということを理解してもらいたいのです」

アリアがそう断言すると、ローハンは笑いを抑えきれずに、その場で大声で笑い出した。

彼が自分を無視して他の女性に大きな関心を示したことに、イシースは拳を握りしめて怒っている。

(あなたは明日あなたの恋人を失い、下品な女性に戻るのだから!)

こんな些細なことで台無しにしてはいけないと考えると同時に、目の前には皇太子もいるので、イシースには黙ったままでいるしかできなかった。

 



 

「・・・他の場所に移動しませんか?」

アースがそう提案する。

今でも、彼は⼈々の視界から離れて、アリアと二人きりでいることを望んでいたのです。

恋人と落ち着いた場所でいたいと思うのは当然のことでしょう。

「はい、アースさん」

そして、その考えはアリアにも当てはまり、彼⼥は喜んでそれを受け⼊れた。

もはやこの場所に留まる必要はないのだから。

彼⼥が答えるとすぐに、アースは彼⼥の⼿を握り、エスコートする。

「それでは、失礼します。楽しい時間を過ごしてください」

黙ったまま去ろうとしていたアースに代わって別れを告げると、ローハンはまだ笑顔のままアリアに話しかけた。

「私があなたに本当に興味を持っているのは事実です。あなたにクロア国に来てほしいのです。それだけは覚えておいてください」

言葉の意味が分からないまま、アリアはレストランから出た。

急いで⾺⾞に乗り込むと、運転⼿がどこへ⾏くのか尋ねる。

「どこにお連れしましょうか?」

「どこでも」

運転手への答えは正確な⽬的地ではなく、アースの意図を理解した運転手は、ゆっくりと運転し始めた。

「私たちはどこに向かっているのですか?」

アリアはどこに⾏くのか尋ねたが、アースは彼⼥の質問に答えなかった。

代わりに他のことを話す。

「・・・あなたは本当に⿊い髪、⻘い⽬、そして背の⾼い男性が好きなのですか?だから、あなたは私を選んだのですか?」

「ええ・・・」

「本当に?」

「気づいていなかったのですか?」

アースをからかうことが好きだったアリアは、挑発気味にそう答える。

「じゃあ、背の⾼い男性が私と同じ髪と⽬で現れたら、私を置き去りにするのでしょうか?」

「ええ、そうだと思います」

アリアの答えに、アースは眉をひそめる。

適度に彼をからかうべきだと思ったアリアは、優しい笑顔で⾔った。

 



 

ローハンは本気でアリアを狙っているのでしょうか?

そうだとしても、婚約者?のイシースの目の前で発言するとは。

イシースが少しだけ気の毒に思えました・・・。

悪女は砂時計をひっくり返す【143話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は143話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...