悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【141話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は141をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

141話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【140話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は140話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 予想外の相席

「到着致しました」

「「・・・」」

予約したレストランは伯爵の邸宅近く。

運転手の声を聞いてアリアは手を離すが、アースが不満げな表情を浮かべているのに気づく。

彼女の温もりを名残惜しそうにしていた様子を見て、アースは再びアリアの手を握った。

「・・・」

「次回は、クロア王国のレストランを予約する必要がありますね」

彼は深くため息をつき、⼼の底から不平を⾔った。

「休むことなくクロア王国に行くには数日はかかりますよ?」

言葉の意味を少し仄めかしてから馬車を降りるアリア。

彼女はレストランに入る前にこう話した。

「わざわざ外出する必要がありますか?むしろ、どこにも出かけなくても良いと思います」

その言葉を聞いて、ゆっくり歩いていたアースが立ち止まる。

彼は黙ったままアリアを見つめる。

今すぐにでも行動に移しそうなアースの姿を見て、笑顔を浮かべて、彼の歩くように促した。

「後1年の我慢ですよ」

その笑顔の⾔葉は、彼を明らかに動揺させる。

「・・・ええ、その通りです」

アースが前に足を踏み出すと、彼の足音は少し荒れていた。

 



 

⼀緒に店に⼊ると、何⼈かの話し声が聞こえ、⾼級店だったのでスタッフが丁寧に対応してくれた。

アースは動揺しながら伝える。

「・・・他のお客様もいるようです」

彼はレストラン全体を借りたわけではないが、皇太子の名前で予約したので、レストラン側は他の客を受け入れたり手配したりしないと思っていたが、どういうわけかレストラン側はそれを行わなかった。

仮に貸し切っていなかったとしても、アースはいつも食事の後にレストラン全体を貸し切った金額を支払っている。

マネージャーは急いでアースの前に姿を出して、頭を下げながら⾔った。

「・・・本当に申し訳ありません。今日は食事が難しいと何度も言ったのですが・・・」

「いいえ、事前にレストラン全体を借りたわけではありませんから。強制するのはおかしいです。問題ありません」

マネージャーが床にひざまずきそうだったので、アースは⼤丈夫だと⾸を横に振る。

アリアは、震えながら謝罪する姿を哀れだと感じたと同時に、当然だと思った。

マネージャーはこの状況に直⾯することを望まなかったでしょう、そして彼は、ゲストを説得したに違いありませんが失敗した。

アースは目を細め、誰が食事をしているのか確認しようとする。

レストランの席に着くのは難しいと⾔われていたにもかかわらず、レストランのマネージャーが⾔っていることを無視したので、彼らが誰なのか疑問に思っているのでしょう。

同じ疑問がアリアにも当てはまっていた。

⾃分より身分の高い人物が訪れると⾔われていたとしたら、予約客の⾝分が⾼いほど⾷べづらいのは当然だったので、普通であれば帰るはず。

しかし、彼らはまだ残っていた。

考えられる二つの理由。

一つは、知っていながらもの居座る厚顔無恥な人物。

もう一つは、それを知っていても気にしないほど高い身分の人物。

そして、彼らが帝国で最も⾼価で豪華なレストランを訪れたのであれば、明らかなのは後者だろう。

そのため、アースはしばらくの間、彼らが誰であるかを考えていた。

そして、ゲストの1⼈は突然⼿を上げて、アースを知っているかのように接してくる。

「あれ?あなたは皇太子殿下ではありませんか?」

「・・・!?」

アリアは驚き、⽬を⼤きく開いて⼿を上げた男をじっと⾒つめた。

(帝国の王子に対して、そんな軽い言葉を吐くなんて!)

「彼が帝国の王⼦に失礼なことを⾔うなんてあえて︖」

全員の注意はすぐに挙⼿した男に向けられた。

男は彼らの驚いた視線に煩わされることなく、再びアースの名前を呼んだ。

「おうし座21番星、私が誰なのか分からないと⾔わないでくださいね」

「・・・ローハン」

アースは彼に挨拶し、彼の名前を呼ぶ。

 



 

(あの男は確か・・・)

クロア王国で会った男性。

彼はアースと親しげだった。

(そして、なぜ彼はイシース公女と一緒なの?)

理解できない状況で⽬を⼤きく開いたアリアは、アースとローハンを交互に⾒つめた。

状況を理解できなかったイシースも同様で、ローハンに真っ⻘な顔で尋ねていた。

しかし、ローハンは彼⼥に答えを与える代わりに、アースに会えた喜びを表現するのに忙しかった。

「執事から、ここのマネージャーが不必要な⾔葉を追加し続けていると聞いたので、どんな偉⼈が予約したのだろうと思いましたが、それはあなただったのですね」

「・・・」

アースはため息をつき、マネージャーの説得にもかかわらず彼らが別のレストランに⾏かなかった理由に気づいたのはその時だった。

とても⾯倒そうな顔をする。

理由を知らなかったアリアとイシースだけがまだ答えを求めていた。

「折角ですので、一緒に食事をしませんか?」

そう提案するローハンの顔には、意味深な笑顔が浮かんでいた。

そもそもこれが彼の⽬的であるかのように、⾃然な推薦で。

「・・・参加するとでも?」

その提案が馬鹿げているかのように、アースは眉をひそめて尋ねる。

彼は明⽇からやることがたくさんあったので、今日はアリアと⻑く居⼼地の良い⾷事をすることを計画していたはずなのに、予期せぬ中断が発生した。

「お久しぶりに会いましたので、もし宜しければ」

「・・・アリアお嬢様!」

アースの⽬は、まるでそれが彼⼥の本⼼であるかどうか尋ねたかのように聞こえた。

「私は明⽇から忙しいので、あなたとあまり会えなくなります」

しかし、アリアはローハンの正体と、なぜ彼がイシースと⼣⾷をとっているのかに
ついて興味を持っていたので、笑顔を浮かべながらアースの手を握る。

「ダメでしょうか?」

「アリアお嬢様の言葉を、私が拒否できるとでも?」

⻑い間アリアを⾒つめていたアースは眉をひそめた。

それから彼は深くため息をつき、うなずく。

「・・・良いでしょう」

彼はアリアの⾔葉に従うしかないが、これらの侵⼊者と⼀⽣懸命準備した貴重な時間を邪魔されたので、アースの顔は冷たくなった。

好奇⼼で⽬を転がしていたアリアと、死ぬほど⻘ざめたイシースの間で、ローハンだけが笑っていた。

「・・・お二人は知り合いなのですか>」

⾷器が準備されている間、イシースは彼⼥の好奇⼼を克服することができず、尋ねる。

彼⼥は明⽇皇太⼦を攻撃しようとしていたので、尋ねるのは正常な判断だろう。

味⽅と敵がテーブルに加わり、決戦の前⽇に⼀緒に⾷事をしているのだから。

イシースの懸念とは異なり、ローハンは何でもないかのように答える。

「国王と皇太⼦が知り合うのは当然のことです。面識がないほうが変ではありませんか?」

「・・・国王!?」

これに驚いたのはアリアだった。

ローハンの正体を知らなかったのはアリアだけだったので、それは⾃然な反応。

嘘のように聞こえた発⾔で、アースを睨みつける。

「なぜあなたは以前にそれを私に⾔わなかったのですか?」と言う表情で。

困っていたアースは、アリアの顔から言葉を読んで答えた。

「申し訳ありません。あなたが知っておくべきではないと思うので、彼をあなたに紹介したくありませんでしたが、それは私の間違いですね」

「私をそのように扱うのは残念です!」

イシースは今、この状況で⼤きな不安を感じる。

ほんの数時間後に敵対するはずの2人が親しく見えたから。

「お二人は親しい関係なのでしょうか?」

不安と⼼配に満ちた顔をしたイシースが尋ねると、ローハンは不機嫌になる。

 



 

事前に待ち合わせをしていた訳ではないのですね。

この場で一番焦っているのはイシースのはず。

明日に攻撃を仕掛ける相手が目の前にいるのですから。

悪女は砂時計をひっくり返す【142話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は142話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...