悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【140話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は140をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

140話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【139話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は139話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 本当の父親

アリアが目を大きく見開き、何を話しているのか理解できないと答えると、伯爵夫人は質問を訂正し、もう一度尋ねる。

「再婚した父親ではなく、本当の父親のことよ。あなたと血が繋がっているお父さん」

(私の本当の父?)

それは考えもしていなかった質問だったので、動揺したアリアは何も答えることができなかった。

なぜそんな質問をするのだろうか?

しばらく黙ったまま、質問の意図を考えると、アリアはすぐにある仮設に辿り着いた。

それは非常に不快な仮説。

しかし、もっともらしい仮説でもあったので、アリアは⽬を細め、⺟親に尋ねる。

「私の本当の父親が現れたのですか?父は財産が欲しいのでしょうか?それとも、監護権を主張してきたのですか?」

無意識に棘のある声を出してしまう。

悪名⾼い過去には、父親は20代半ばまでまったく姿を現さなかった。

しかし、アリアが⼤⼈になる前から富と名声を得ていたために現れ、父親の意図が純粋であるとは信じられなかったのだ。

伯爵夫⼈は⼿を振って強く否定した。

「そうではないので、誤解しないで。離婚した後のことについて考えただけよ」

大袈裟な反応をする母親に対し、アリアの目は不信に満ちていた。

彼⼥の⾔い訳は嘘だろうと。

(⼀体何を隠しているの?本当の父親は今までに現れた?母がそこまで心配するような父親なのだろうか?)

それからアリアはアースの言葉を思い出す。

『その・・・、唐突な質問なのですが。あなたの実の父親が突然現れて、あなたを連れていきたいと言われたらどう思いますか?』

(本当の父親が現れたの?)

それでも何も変わらない。

すぐにアースと結婚をするのだから。

本当の父親が誰であれ、自分の将来の人生に影響を与えるような偉大な人物ではないはず。

本当の父親の愛を一度も受けたことがない彼女にとって、「父親」という言葉はあまり馴染みのない言葉だった。

彼⼥は親族関係に信仰と信頼を持っていない。

「私が⼤⼈になれば、結婚して家を出るつもりなので、あまり関心はありません」

「そうなの?」

「ええ。本当の父親に会っても、何も変わらないと思います」

「彼があなたを助けることが出来たとしても?」

「助ける?私はこれまで自分の力で頑張ってきました。ですから、もし私の本当の⽗親が現れたとしても、彼に邪魔されないようにしたいと思っています」

アリアの肌寒い答えに対して、伯爵夫⼈は気の毒に感じる。

実の⽗親のことを冷静に話す彼女を、⺟親は娘がとても哀れだと感じたようだった。

「私の答えは終わりました。なぜこんな質問をするのですか?」

「・・・いいえ。特に深い意味はないわ。気にしなくていいからね?彼があなたを煩わせない限りは。そして彼があなたを助けたとしたら・・・、あなたには受け取ってもらいたいの」

「はい、それは嬉しいですが、彼が私を邪魔したり、私の道を塞いだりした場合、彼が私の実の⽗親であっても、私は決して許しません」

断固たる答えに、伯爵夫⼈は再び沈黙する。

アリアも黙っていると、彼⼥は窓の外で⾺の蹄の⾳を聞き、アニーがドアをノックして声を上げた。

「お、お嬢様!皇太子殿下が来られました!」

「殿下が来られたようです、私は夕食の予定があります。申し訳ありませんが、質問は以上でしょうか?他に何かありますか?」

「・・・分かったわ。退屈だったので聞いてみただけよ。早く出かけなさい。殿下をお待たせしてはいけないから」

伯爵夫⼈は、アリアが自分のせいで遅れるかもしれないと⼼配して、早く出かけるように促す。

アリアは急いで出かけようとしたが、突然⽴ち⽌まった。

⺟親が本当の⽗親の話を持ち出し、肌寒い⽅法で会話を終えたとき、アリアは不快に感じていた。

誰であるかも知らない本当の⽗親は、不快な存在であるに違いない。

けれど、伯爵夫人はそうではなかった。

彼⼥はあまり愛を与えていなかったが、自分を出産し、これまで育ててきてくれた大切な存在なのだから。

アリアは部屋を出る前に⼝を開けた。

「・・・それは私の意⾒ですが、本当の父親が現れて、お母様の⼼が震えているならば、あなたが望むようにしてください」

「・・・え?」

伯爵夫人はそれが何を意味するのか理解できなかったようだ。

アリアは自分の本当の⼼を⽰す。

「私は今、誰の助けもなしに⽣きることができるので、お母様の財産や地位について⼼配する必要はありませんので、お母様が好きなように⽣きてください。私は最近、周りの⼈によって⼈⽣がどのように異なるかを理解しましたから」

「アリア・・・」

伯爵夫人の⽬は波のように動いた。

 



 

会話を終えて1階に降りた後、アースはチューリップの花束を腕に抱えてアリアを待っていた。

(馬車の前で待っていると思ったのに)

予想に反して、彼は⼤きな花束を腕に抱えてホールに⽴っていた。

(何がアースをそこまで緊張させているのだろうか?皆に見せびらかさなくても、私は逃げないのに)

あまりにも魅⼒的な⾃分のせいであることに気づかなかったアリアは、優しい笑顔でアースに声をかける。

「アースさん」

「アリアお嬢様」

無表情で正⾯を⾒つめていた彼は、明るく微笑んでアースに向かって⼀歩踏み出す。

そばに⽴っていた使用人たちは、飼い主を待っていた⽝のように、顔を⾚らめながら彼をちらっと⾒る。

「早かったのですね」

「仕事は早く終わったからです。少し早かったのですが、あなたとお会いできるのが待ちきれませんでした」

アリアも⼀⽇中アースのことを考えて待っていたので、深い笑顔で応えた。

「私の部屋をたくさんの花で飾ってもらえる?」

「はい!お嬢様!」

アリアはアースと⼀緒に邸宅を去り、花束を⾒ていたメイドの⼀⼈に任せる。

 



 

アースは向かいに座って、アリアの美しい顔をしばらく⾒つめていたが、突然彼⼥の側に移動した。

それから彼は自分の手をアリアの指に織り交ぜた後に、「あなたの手を握ってもいいですか?」と尋ねる。

「すでに握っているのに、尋ねるのですね」

アリアは⼩さな笑い声を上げた。

「気に⼊らなければ手を放してくれるのですか?」

「いいえ」

アースの断固たる答えが、アリアは本当に好きだった。

「私は過去も含めて30歳くらいだったと説明しましたが、⼿を繋ぐだけで良いのですか?」

アリアはアースに寄りかかって、空いている⼿で彼の⽿に触れる。

「⽿の先が⾚いですね・・・、暑いのですか?窓を開けましょうか?」

密着されたまま耳元で囁かれるアリアの声に、アースは唾液を飲み込んで答えた。

「・・・いいえ、私はこのままの方が好きです」

「・・・そうですか?」

精神的に彼より10歳年上だとすでに告⽩していたからだろうか。

過去だったら、アリアにとって意味のない⾏動だと思っていたかもしれないが、今はそうではない。

これらすべてが計算された⾏為であることに気づき、アースはもはや彼⼥の突然の⾏動を避けたり、苦しんだりしなかった。

それにもかかわらず、法的には、アリアはまだ未成年であり、彼は⾃分⾃⾝を控えるべきだと考えているようだ。

アースは織り交ぜられた手の反対側の手で、彼⼥の頬を優しく撫でる。

しばらくすると馬車の速度が遅くなり、すぐに動きが⽌まった。

 



 

ロースチェント伯爵夫人はすでにクロエと出会ったのでしょうか?

彼女も過去の世界では無惨な死を遂げたので、今度こそ幸せになってほしいです。

アリアも母親を大事に想っていることが分かり、とても良いお話でした♪

悪女は砂時計をひっくり返す【141話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は141話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...