悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【138話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は138をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

138話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【137話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は137話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ローハンの訪れ

アースはとても陰湿だったので、アリアは彼の恨みを感じた。

これまで彼はアリアが未成年だと考えて戸惑っていたが、すぐに態度を変えてくる。

今の姿がアースの本当の姿だと思い、緊張と不安な表情を振り払うことで、アリアは元の姿を取り戻した。

「ようやく気づいてくれたのですね・・・、アースさんはとても鈍いのですから」

彼女の長くて豊かなまつ毛が、妖美に揺れる。

それはアースを何度も何度も虜にした仕草。

彼の⽿の先が熱くなっていることを確認したアリアは、そっと微笑んだ。

「それでも、私が正式に17歳であることを覚えておく必要があります」

「はぁ・・・、私の負けだよ」

アリアに勝てると思えなかったアースは、深くため息を吐いた。

まるで緊張感が全くないかのように、再び穏やかな空気が彼⼥の部屋に広がり、それはアリアをとても快適に感じさせた。

⼼地よい気分でお茶を⼀⼝飲むと、彼は表情を正して、思いがけない質問をする。

「要点に戻りましょう。しかし、誰があなたを過去に戻らせたのですか?」

話題が変わったと思ったが、それは⾮常に鋭い質問だった。

アリアの⼒を⾼めたきっかけ。

「少し⻑くなりますが?」

「あなたと長く過ごせるなら気にしません」

「でしたら私はあなたを信頼し、私の醜い過去と、私を過去に戻らせた最悪の邪悪な⼥性をあなたに話します・・・」

 



 

「イシース夫人!兵⼠を⽀援するお⾦がもうありません!そもそも兵⼠を収容するための新しい邸宅を⽤意したので、このままでは私たちは破産します!」

「本当に、彼らは兵⼠なのですか?」

イシースは、⽇常的に不平を⾔っている貴族たちに、事前に準備した⾔い訳をする。

「・・・⼼配しないでください。彼らは歴史に⻑く残る戦いの準備をしている兵⼠であり、恐怖を克服しようとしています。費やした費⽤はすべて国王が負担しますので、戦闘当⽇まで兵⼠の⼠気を⾼めていただきたいと思います。費やした⾦額を記載した書類を準備してください」

「えっと、あなたは本当に国王がすべての費⽤を⽀払うと⾔ったのですか?かなりの量ですが・・・」

彼⼥はかなりの数の貴族を破産の危機に瀕していた。

のんびりとお茶を飲み、⼆度と⼼配する必要はないと説明する。

「もちろん、帝国は陛下の⼿に渡ります、そうすればほんの⼀握りのお⾦になるのですから。実際、彼は帝国にやって来ており、あなたは彼のサポートをすぐに得ることができるでしょう。お急ぎの場合は、支援させていただきますので、リラックスしていただければ幸いです」

イシースがその事実を説明したとき、貴族たちは少し安⼼して家に戻り、彼らの不安な表情
を解放した。

その後、彼女はソファにもたれかかる。

彼らを落ち着かせるためにああ⾔ったが、状況はあまり良くない。

イシースは帝国に戻ってすぐに書類をチェックしたが、反乱の前に結婚も署名されていた。

強く抗議すると、ローハンは自分が間違っていたようであり、皇帝の城で⻑い歴史の中で記憶されるであろう素晴らしい結婚をしようと⾔った謝罪の⼿紙と⼀緒に⼤量の贈り物と資⾦を送った。

そのため、彼⼥は彼を叱責することができなかった。

結婚の準備の終わりにクロア王国を訪問することになっていた公爵と公爵夫⼈は、⾮常に早く帝国に戻ったイシースに尋ねてきたので、彼⼥は返答に苦労した。

幸いなことに、その間に届いたローハンの⼿紙、贈り物、資⾦は、まるで彼⼥のためのものであるかのようであり、彼⼥は困難な状況を回避することができた。

オスカー以外は。

「・・・姉さん、やっぱり変だと思う」

オスカーは、全員が去ったラウンジで休んでいたイシースに話しかけた。

「兵⼠たちが暴れ回っていて、クロアの王が⾔葉を変え続けているのは不思議です!」

「⼼配しないでください、オスカー。あなたは私の言う通りにすればいいの」

「ですが・・・!」

「じゃあ、あなたに何が出来るの?」

イシースの顔が鋭くなる。

「私は気分が悪いの・・・。オスカー、あなたが世界を知らなくても、あなたはそれを理解しなければなりません。そうではありませんか?」

「ひざまずいて皇太⼦に許しを請うつもりですか?」

愚かな弟の⾔葉に、彼⼥は笑った。

「皇太子が私たちが許そうとしても、待つのは⾼貴な⼈⽣ではなく、惨めな奴隷の⼈⽣になるでしょう。それでも⽣きたいのなら、あなたはこの家を去らなければなりません」

オスカーを甘やかすつもりはない。

彼は下品な売春婦の娘にとても魅了され、すべてを悪化させた元凶なのだから。

「す、すみません」

「いいえ、分かってくれて嬉しいわ」

 



 

数⽇後、ローハンは帝国を訪れた。

しかし、彼が持ってきた⼤量の⾦貨を⾒てすぐに、これまでの不安が洗い流されたかのように溶けて、彼は国王であるため、時間がかかるのだろうと納得した。

「お越しくださりありがとうございます、陛下」

公爵、公爵夫⼈、オスカー、イシースは、彼が豪華な⾺⾞を降りたときに挨拶した。

ミエールはローハンの側に⽴ち往⽣している。

彼女は変装とそばかすで⾝を包んでいた。

オスカーが⽬の前にいたとしても、オスカーに興味がないかのように。

彼女は、もはや何も恐れていないように⾒えた。

「いいえ、兵⼠を暴⾛させて申し訳ありません。ピアスト侯爵が急いで部下を外から集めたに違いありません」

「私は理解しています、些細なことですから。しかし私たちは⼤きな問題なくここにいます、そして、私たちはもう⼼配していません」

「そう言ってくださると、私は嬉しいです」

明るい笑顔を浮かべた公爵とは異なり、ローハンは微妙な表情でそう答えた。

まるで計画通りだと言わんばかりの笑顔だが、誰も違和感を感じていない。

「⻑い道のりで疲れたに違いないので、中で食事を取りましょう」

「ありがとうございます」

ローハンが家に入ろうとしたとき。

遅れて到着した⾺⾞から出てきた誰かが腰をかがめて、「陛下、少し離れてもいいですか」と尋ねる。

「ええ、どうぞ。早く会いに行ってください」

「ありがとうございます」

そして去る前に、男は確認するようにイシースを含む公爵家のメンバーをちらっと⾒る。

男の顔を見たイシースは、知らず知らずのうちに息を止めてしまった。

(なぜあの男性が、下品なあの女のように見えるの!?)

彼の顔は男としてとても美しいが、それはアリアのように⾒えた。

瞳はとても官能的でセクシーだったので、たとえ性別が異なっていたとしても、彼はアリアを思い出させた。

 



 

アリアとアースの関係がさらに深まりましたね!

久しぶりのオスカーでしたが、今の彼に出来ることは何もないでしょう。

最後に登場したのはクロエ?

彼の目的は?

悪女は砂時計をひっくり返す【139話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は139話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...