悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【135話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は135をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

135話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【134話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は134話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アリアの誕生日パーティー

その後、アリアは何度か砂時計を使用するが、その度に指輪は青く輝いた。

アースからの返信には指輪の件は記載されておらず、自分の考えに確信が持てないアリアは、不安な気持ちを抱いたまま、自身の誕生日を待つことに。

「お嬢様、何か不満なことがあるのですか?今日はお嬢様の誕生日なのに・・・」

アニーがアリアの髪を整えながら、そう尋ねる。

金の粉を散りばめた髪は、ブラシが通るたびに輝く。

ジェシーも不安げな表情で宝石を持ってくる。

「何かあったのですか?」

「・・・いいえ、大丈夫よ」

アースが到着したら指輪について尋ねようと考えたので、アリアは無理矢理笑顔を浮かべる。

彼女の笑顔を見て、メイドたちは安心し、着付けを再開した。

伯爵家の名の下で作られたドレスを着ると、世界に匹敵する相手がいない美しい女性が誕生した。

「ああ、神様・・・。あなたは天使のようです!あまりにも魅力的です、お嬢様!」

(本当は天使ではなくて、私を辱めた人々を罰するために戻ってきた悪魔なのだけれど)

アニーの適切な表現に、ジェシーを含む何⼈かのメイドが全員うなずいていた。

「もし私が秘密を隠していたとしても、それを許してもらえるくらいに美しいと思う?」

「秘密ですか・・・?もちろんです!お嬢様に会うためならば、どんな男性もあなたを許すはずです!」

「本当?」

アニーはその質問を聞いて、アリアとアースが喧嘩をしたのではないかと疑う。

しかし、そんなはずがないと信じて首を横に振り、自分自身を安心させる。

「はい!皇太子殿下も一層見惚れることでしょう!そろそろ皆さんが到着されたと思うので、一階に降りた方が良いです!」

「分かったわ」

まだ早朝ではあったが、大勢の来賓がいる庭へ向かうアリアの足取りは軽かった。

今日こそ、これまで語ることが出来なかった秘密を伝える。

秘密を話しても、アースは自分を信じてくれると確信して。

 



 

まだ早朝でしたが、ホール前の庭や屋敷は、アリアの誕⽣⽇を祝いたいという⼈で賑わっていた。

知り合いの貴族だけでなく、学院に通う⽣徒たちも招待したから。

何も知らない学生たちは、伯爵家の財産が空であることも知らず、アリアの善意に称賛と憧れを抱いていた。

「アリアお嬢様!」

「お誕⽣⽇おめでとうございます、アリアお嬢様!」

「ああ、神様。私がアリアお嬢様に会えるなんて信じられません!」

「ありがとうございます、アリアお嬢様。私は素晴らしい就職先に就くことができました!」

興奮して涙を流した⽣徒たちに⽬を向けたアリアは、お祝いに来てくれたことに感謝する。

「皆さん勉強で忙しいと思いますが、貴重な⼀歩を踏み出してくれて私は嬉しいです。ささやかではありますが、美味しいお⾷事をお召し上がりいただければ幸いです」

「あ、ありがとうございます・・・」

「それと、あなた方の訪問のためにちょっとした贈り物を⽤意しました。お口に合えば嬉しいです」

アリアはとても⼩さなお菓⼦を⽤意していた。

それは庶⺠がなかなか⼿に⼊らない贅沢なお菓子。

それが、伯爵家の財産をむさぼり⾷うアリアの誕⽣⽇パーティーの始まりだった。

 



 

「そんなまさか・・・、平民と一緒の席なのか・・・?」

「・・・所詮は元平民だね」

しかし残念ながら、この誕生日を嫌う人物もいる。

彼らはカインと繋がりのある貴族たち。

本来なら来る必要はないのだが、伯爵家が滅びようとしているという噂を払拭するために、カインが彼らを招待したのだ。

のネットワークにやってきた貴族でした。

「⼀か所で平民とパーティーをする必要が・・・?」

貴族たちはあえて聞こえるような声で会話をして、軽蔑的な目をしていた。

それを聞いて学生たちの顔が青ざめる。

「アリアお嬢様・・・」

「あの・・・、お嬢様のお顔を見れただけでも十分なので、私たちは帰りますね」

アリアが優しくて繊細であることを知っていた学生たちは、心配そうな表情を浮かべる。

自分たちが誕生日パーティーに出席したことを悔やむ学生の姿も。

彼らは自分たちのせいで、アリアの評判に傷がつくことを悲しんだ。

軽蔑していた貴族たちは、彼女が自分の失態に気づいて赤面するだろうと嘲笑った。

(本当に残念な人たちね・・・)

「どうしてですか?今日のパーティーは私を祝うためのものです。あなた方は私が招待したゲストなのですよ?」

アリアは本質的に性格が悪い。

それはミエールと彼女のメイドによって生み出されたもの。

彼女たちが善良であったならば、アリアも悪行をする理由などないのだから。

「もしかして・・・、私が招待したゲストに失礼なことを言った人がいるのですか?」

みんなに聞こえるような大声を上げたので、状況を知らなかった人たちも注目し出した。

「失礼なこと?一体誰が?」

参加した⼈のほとんどはアリアを支持する⼈たちだったので、何が起こっているのかを鋭敏に観察する。

アリアを軽蔑した貴族たちはお互いに笑っていた。

「私は事実を言ったまでです。なぜアリアお嬢様がそれほど怒っているのか理解出来ません。平民が貴族のパーティーに参加するなんて、不謹慎なのでは?」

「私たちはゲストです。それにもかかわらず、アリアお嬢様は私たちを歓迎していないように見えます」

その発言に驚いた⼈々は⽬を開けて、この馬鹿げた状況について⼀⾔話した。

「彼らは何を言っているのでしょうか?」

「酷い・・・。同じ貴族として恥ずかしく思うよ」

喜びと賛美に満ちたはずのパーティーは、軽蔑と不快感に染まり始めた。

明らかに雰囲気がおかしくなったにもかかわらず、それに気づかないふりをしたアリアは、自分の言葉を失言として謝罪し、貴族たちを導いた。

「あなた方はカイン様に招待されたのですね・・・、申し訳ありません。ここは私のパーティー会場なので、カイン様があなた方のために招待した場所に移動した方が良いでしょう」

「そうさせてもらいましょうか。ここは寒いし・・・、冬の庭でパーティー?活発な平民には相応しいパーティーですね。私たちには相応しくないわ」

貴族の一人が、まるでこの場所が汚れているかのように扇でドレスを払い、正面玄関に移動しようとしていた。

アリアは使用人に命じて、正面玄関の前を塞ぐ。

「どういう意味でしょうか?誰が庭だけでパーティーをすると言いましたか?屋敷の中も私が招待したゲストなのです」

「・・・え?」

屋敷の正面玄関も塞がれた彼らは言葉を失い、アリアの発言に戸惑った。

彼女の言葉は、まるで彼らの居場所がないように聞こえたから。

「私が準備した場所からあなた方ができるだけ早く姿を消し、お兄様があなた方のために準備した場所を⾒つけることを願っています。残念ながら、彼は早朝に出かけたので、私にはその場所が分かりませんから」

アリアは彼らに⼤きな笑顔を与え、彼らに去るように促す。

執事は⾺⾞を準備する必要があるかどうかさえ、彼らに尋ねた。

まるで、屋敷の本当の所有者はカインではなく、アリアであるかのような振る舞いに見えた。

アリアや平民に不満を⽰していた貴族たちはしばらくの間⾔葉を失い、歪んだ表情を浮かべて去っていく。

「アリアお嬢様、素晴らしい立ち振る舞いでした!」

「私はアリアお嬢様が怪我をするのではないかと心配していました!」

 



 

カインは何処にいるのでしょうか?

おそらく仕事が溜まっていて忙しいのでしょう。

カインのゲストも消えたことですし、ここからが楽しいパーティーの始まりですね♪

悪女は砂時計をひっくり返す【136話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は136話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...