悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【134話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は134をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

134話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【133話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は133話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 指輪の真実

とにかく、アリアは自分以外の誰にも惹かれず、たとえ彼女が自分の元を去ったとしても、アースは彼女を手放す気がなかったので、これからも尋ねる機会があるだろうと確信していた。

そのため、アースは自身の疑問を心の奥底に留めることを決める。

「遅くなりましたので家に帰りましょう、風邪を引くかもしれませんから」

コートで覆われたアリアの肩を包み、自然なふりをして話題を変えた。

あっという間に雰囲気が変わり、いつも彼⼥に⾒せていた優しい笑顔をアースは浮かべる。

「・・・はい」

そう答えるアリアだが、彼女はまだアースを疑っていた。

そう見せないように表情を作るのは得意で、アースは自分を疑っているとは思っていないだろう。

すぐにアリアの視界は自分の部屋に戻った。

まだ離れたくなかったアースは、何か話題を出すことに。

「全てはすぐに解決されるでしょう」

「・・・ああ、なるほど。もうしばらくかかると思っていたのですが、・・・ミエールが現れるのでしょうか?」

「恐らくそうでしょう。彼らは勝利を確信しているでしょうから」

「彼⼥ができるだけ早く戻ってくることを願っています」

アリアはまるで、新しい悪戯を思い浮かんだかのように喜んでいた。

(何がそんなに楽しいのだろうか?ミエールが滅びるから?それとも、ロースチェント伯爵家が滅びるから?もしくは、両方?)

世間の人々がアリアの笑顔に隠された残酷な気性を知っていたとしたら、彼らの見方は変わっていただろう。

しかし、アースにとってはそれを含めても、彼女は美しい女性に過ぎなかった。

「しばらく会えないと思います。アリアお嬢様のお誕生日にお会いしましょう」

「そんなに先になるのですか?」

アースは素敵な笑顔でアリアに尋ねる。

「ではお城に来ていただけますか?」

「それは・・・」

アリア自身も忙しく躊躇したので、アースは少しだけ微笑んだ。

「許してくれれば、時間があればこっそり今日のように訪ねてきます。できない場合は、必ず⼿紙をお送りしますから」

「・・・そうですか」

本当に夜も遅かったので、アースは後悔を残し、アリアの⼿の甲にキスをし、別れを告げて消えた。

 



 

アースが姿を消した直後、柔らかい⼥の⼦の顔をしていたアリアは、冷たい顔で自身の⼿を⾒詰める。

「指輪・・・」

アースがずっと気にかけていた指輪!

それは何世代にも渡る王室の指輪であり、アースが彼の⼒を使うとその⾊が変わると説明していた。

しばらくすると元の状態に戻るが、力を発動した直後は⻘く光っていたことを思い出す。

当時はあまり気にかけていなかったが。

「・・・まさか!」

ある考えが脳裏をよぎり、アリアの顔は固くなる。

砂時計を使⽤すると、指輪がアースの時と同じように輝くのではないかと考える。

「いいえ、そんなはずが」

前回、彼⼥は砂時計を使⽤していたが、今⽇は使⽤していない。

皇帝の城の池の近くを散歩しただけ。

それでも、万が⼀に備えて、箱の中の砂時計を取り出して確認したかった。

懐中時計で時間を計ったアリアは、ゆっくりと砂時計を回す。

その後、砂時計をテーブルに置き、震える⽬を下げて⼿にある指輪をチェックした。

「・・・!」

アースが⼒を使ったときのように、指輪は信じられないほど⻘い光を放っていた。

(・・・どうして?)

「なぜ・・・、なぜ指輪が光っているの?砂時計を使ったから?王室ではないのに、アースと同じ⼒を使っているからなの?」

指輪の青い光が唯一の答えだった。

「・・・私が砂時計を使用した直後の指輪を目撃した?アースがずっと前から知っていたの?」

そこまで考えて、顔が青白くなるのを感じる。

アースが自分の能力を知っている可能性は十分にある。

いつか伝えたいと思ってい他のに・・・。

「どうしよう?彼に話すべき?」

答えは見つからない。

何よりもアースが知っているかどうかすら分かっていないのだから。

さらに、砂時計を使っていたので眠気が襲う。

「・・・もう一度、彼に指輪について聞いてみよう」

アリアが自分の秘密を告白する時が近づいていた。

 



 

「お兄様、誕⽣⽇パーティーはもっと大規模の方が良いと思います」

突然話しかけられたカインは、アリアの発言に固まる。

「・・・え?」

彼は彼⼥が何を⾔っているのか理解できなかった。

アリアは少し⾺⿅げた微笑みを浮かべる

「友達だけでなく、屋敷に住む知⼈も参加するので、誕⽣⽇パーティーをもう少し⼤きくしなければならないと⾔いました」

兵⼠たちに⾔及した彼⼥の⾔葉の中で、それが何を意味するのかを理解したカインは、自然なふりをした。

「確かにその通りだ」

お金の問題を抱えていることは明らかなはずなのに、カインはアリアの言葉に納得する。

「執事長に伝えてもらえますか?お兄様が私に許可を与えたと」

「・・・分かりました」

その言葉にカインは満足する。

自分がロースチェント家の長として認められたように感じたから。

カインは知らないが、伯爵夫⼈はすでに伯爵家のお⾦のほとんど全てを奪い、伯爵家には誕⽣⽇パーティーに使うお⾦がなかったことを知らない。

家計が危機に瀕していることを知らなかった伯爵は、⼼を許した伯爵夫⼈に、⾃分の世話をするという名⽬で⾃分の財産を使うことを許可したのだ。

もちろん、伯爵夫人は彼の許可を得ただけで、誰にも報告していない。

(記録には残っていないから、カインは伯爵家のお金がまだ残っていると思い込んでいるわ)

これはすべて、カインが⾃分のビジネスを適切に⾏っていないことを伯爵に知らせておらず、アドバイスを求めていなかったため。

伯爵の調⼦が良ければ、何が起こっているのかは把握していたかもしれないが、不安定な状態にあり、適切な判断を下すことができないのでしょう。

様々なことが起きたロースチェント伯爵家は、誰かが指で軽く触れて倒れるくらい、⾮常に悪い状況だった。

「ありがとうございます、お兄様」

「そんなことはない。年に一度だけなのだから、帝国全体で最も素晴らしいものを作ることは悪くない」

カインに明るい笑顔を与えたアリアは、すぐに執事長にパーティーをより壮⼤にするように指⽰する。

「はい?当初の計画よりも⼤きくされるのですか?」

執事長は⼼配そうに⾒えたが、賢いアリアの指⽰だったので黙って従った。

「私はあなたを失望させないように最善を尽くします」

彼は本当にパーティーの準備に最善を尽くした。

冬だったので、庭は最⼩限の装飾だったので、邸宅内は完璧に装飾されていた。

その間、訪問を期待していたアースは現れず、アリアは一通の⼿紙を送った。

「彼も私の⼒を知っている必要があります」

 



 

相変わらずチョロいカイン(笑)

ロースチェント伯爵が健在だったら、こんな事にはならなかったでしょう・・・。

そして、ついにアリアが砂時計の秘密を話すことを決意しましたね。

面白くなってきました!

悪女は砂時計をひっくり返す【135話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は135話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...