悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【129話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は129をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

129話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【128話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は128話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ビカの言葉

しかし、皇太子は事前の約束も取り付けずに会いに来たので、ピアスト侯爵の判断に間違いはないでしょう。

そもそも、彼は自分に会いに来た理由を軽く受け止めていた。

しかし、改めて考えると違和感が残るので、彼はビカの言葉に耳を傾けた。

『殿下はあなたに確認したいことがあったそうです』

『何でしょう?』

『あなたの息子についてだそうです』

『・・・私の息子?』

(それはクロエのことだろうか?)

先日もクロエはトラブルを起こし、自分の妻はベッドに伏せていた。

それを思い出して嫌な気分になるが、ビカは話し続けた。

『ええ。あなたの息子にそっくりな女性が帝国にいるそうです。肖像画でしか確認できていませんが、その肖像画に描かれている顔と非常に似ているそうです』

『・・・どういう意味だ?』

『一度彼女の顔を確認する必要がありますが、殿下は、「ピアスト侯爵には孫がいるのか?」と私に尋ねました』

ピアスト侯爵は眉をひそめる。

『クロエに?馬鹿馬鹿しい!なぜ私が彼に爵位を継げないでいるか分かっているはずだ!』

(そもそも私は皇太子にクロエが自分の息子だと話していない・・・。なぜ彼はその事実を知っている?)

結局、当時はその話が馬鹿げているように聞こえて、彼は会話を終えたのだ。

 



 

  • 一つの可能性

「皇太子はどうやってクロエを知り、⼦供がいると主張しているのだろうか?」

馬車の中で、ピアスト侯爵は考える。

そんな事はあり得ないはずだが、もしビカが言ったように、その女性がクロエの子供だったとしたら、息子が最も愛した女性も一緒にいるはずでしょう。

そしてそれが本当なら、彼⼥は彼の孫娘になる。

「旦那様、邸宅に戻りますか?」

窓の外を見ると、⾺⾞はすでに宿舎に近づいていた。

焦りが生まれる。

「まさか、ローハン王が皇太子に全てを語ったのではないだろうか?」

それが本当だとしたら、これまでの事も納得できる。

便宜上、ピアスト侯爵はローハンに彼の私的な事柄について話していた。

そして、クロエとバイオレットの秘密を守ることを約束したのは故クロア王。

ローハンが秘密を話したところで、それは仕方がないこと。

そんな一つの可能性。

「旦那様、到着しました」

複雑な気持ちを整理している間に、⾺⾞は⽌まり、運転⼿の声が外から聞こえた。

彼は帝国で直接雇⽤した男性で、今ではやや馴染みのある声。

運転手の声は聞こえるが、ピアスト侯爵は馬車を降りることができずにいた。

「到着しましたが・・・」

しばらくして、ピアスト侯爵は確認すること決意した。

「申し訳ないが、向かって欲しい場所がある」

「何なりと」

は少しためらって⽬的地を話した。

「レイヤー伯爵の邸宅に向かってください」

「かしこまりました」

⾺⾞はすぐに新しい⽬的地に向けて出発した。

 



 

  • 二人の行き先

「ビカ様。ピアストと名乗られる方があなたに会いに来られました。いかが致しましょうか?」

「ピアスト・・・?」

(ピアスト侯爵のことだろうか?)

ちょうど彼に会いたいと思っていたので、ビカは喜んで彼を迎え入れるように使用人に命じた。

彼は皇太⼦に侯爵が密かに帝国を訪れたことを知らせ、真実を確認するように促されていたから。

皇太⼦は珍しく焦った顔をしていた。

『報告書で確認したが、血縁関係を確認したい。これが事実だと判明した場合、彼女を軽視してきた人々がどのように変化するのか楽しみで仕方がないよ』

皇太⼦の⾔葉を思い出したビカも、他⼈の変化に興味を持っていた。

彼⼥は素晴らしい能⼒を持っていたにもかかわらず、彼⼥の起源について述べると、人々は未だに彼女を軽視していたのだから。

下品な売春婦の娘が、実は侯爵家の血を受け継いでいるとしたら?

(それよりも面白い出来事なんてあるのだろうか?)

その後すぐに、ビカは嬉しそうな表情でピアスト侯爵に挨拶した。

「お久しぶりです、ピアスト侯爵。お探しの女性は見つかりましたか?」

見つかっていないから会いに来たのは明らかだが、ビカはそんな様子も見せずに平然と口にした。

少し不快な表情を変化するピアスト侯爵だが、彼は気を取り直した。

「いいえ、残念ながら、彼⼥を⾒つけられませんでした。ですので、私はあなたに会いに来たのです。あなたは以前に興味深い話をしてくれましたから」

首都で長い間探しているにもかかわらず、クロエが探している女性の影すら見つからず、ピアスト侯爵は焦っていた。

ビカも皇太子に満足のいく報告をしたかったので、回りくどい発言はせずに、本題に移った。

「彼女の顔を確認しませんか?」

「可能であれば、今すぐに」

「それは良かった。私もお見舞いに伺おうと考えていましたので」

それを聞いて、ピアスト侯爵の表情が明るくなる。

「今すぐ出発しましょう。太陽が沈む前に」

「そうですね」

二人とも事を急いていたので、迷うことなく、ロースチェント伯爵の邸宅に直行した。

近づくにつれて、ピアスト侯爵は緊張で唇が乾いていく。

とても静かで素早く、彼らはロースチェント伯爵の邸宅に到着した。

そして、仕事で忙しいカインはまだ家に帰っていなかった。

伯爵夫⼈が優雅に彼らを歓迎する。

「ようこそ。本日はどのようなご用件でしょうか?」

「伯爵が心配でお見舞いに来ました。夜分遅くにすみません」

「とんでもありません。ちなみに、こちらの方は?」

「ああ、彼は遠くから来た私の知⼈です。彼は過去に伯爵に⽀持されていたので、今日は⼀緒に訪れました」

「まあ、本当に?夫は多くの点で美徳を積み重ねてきたようですね。初めまして」

伯爵夫⼈は礼儀正しく明るい笑顔でピアスト侯爵に挨拶する。

彼は伯爵夫⼈の顔をちらっと観察する。

ブロンドの髪、緑⾊の⽬、そして美しさ。

彼の息⼦がいつも話していた外⾒と⼀致している。

クロエは絵を描く才能がなかったため、正確に特定することは困難だったが、彼⼥は元売春婦だったという噂がある。

伯爵夫人がクロエが探していた⼥性であった可能性は⼗分に考えられるでしょう。

「夫は部屋にいます。残念ながら、⾜がまったく動かないので出られませんが」

夫の不幸な状況を話しているはずなのに、他人事のように話す伯爵夫人は、ビカとピアスト侯爵を伯爵の部屋に連れて⾏った。

そこで、ベッドで伯爵の状態を⾒たビカとピアスト侯爵は、ショックを受けた息を飲み込んだ。

 



 

ビカの協力を得て、ロースチェント伯爵夫人に出会えたピアスト侯爵。

彼の目的は、彼女の顔を見たかっただけなのでしょうか?

それとも・・・?

悪女は砂時計をひっくり返す【130話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は130話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...