悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【122話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は122話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

122話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【121話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は121話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 見せしめ

ミエールの⽬は台⾵に遭遇した船のように揺れ始めた。

「私が正直であるならば許すと⾔った。しかし、なぜ私が幻覚剤を服⽤したという結論に!?私は正直に真実を話しました!」

ミエールは動揺しながらも、アースにそう尋ねた。

彼は冷ややかな表情で、彼女を見つめていた。

「あなたを許すと⾔いましたが、法的措置を取るとは言ってません。その上、私たちはあなたの⾔葉が真実であるかどうかを確認することはできませんよね?」

「その通りです。今確かなのは、ミエール夫人が幻覚剤を服用したということ」

その時、アースの発言が罠だと気づいたミエールは、言葉を失い、パニックで床に倒れた。

「今⽇はこれで⼗分です。私には重要な仕事がありますから」

「この無駄な仕事に時間を費やす必要もありません、殿下」

アースと⼀緒に来た貴族も、「捜査は順調」と書かれた⽂書を腕に抱え、騎⼠たちに捕らえられていたミエールは⽴ち上がることを余儀なくされた。

あらかじめ決められていた結果。

それは事前に仕組まれていたのです。

「ち、ちょっと待ってください!お願いします!私は本当に服用などしていません!」

ミエールの叫び声を聞く⼈は誰もいなかった。

短い尋問の後、アリアがアースの元に駆け寄る。

彼⼥はその結果に興味を持っていたようです。

おそらく結果ではなく、ミエールが流したであろう涙にですが。

「もう終わったのですか?」

「はい、彼⼥が幻覚剤を服⽤したことは明らかだったので、⻑い尋問をする必要はありません」

使⽤⼈とメイドも周りにいた。

彼らは驚きの表情を隠すことができない。

ミエールが⽗親を殺そうとし、幻覚剤を試したかもしれない。

そう考える人たちもいる。

一つ一つの噂というパズルが組み合わさり、悪女としての噂は広まっていくでしょう。

邸宅で起こった事件を話してはならないという規則は、幻覚剤とは別の話なのだから。

「そうですか・・・。信じたくはないのですが・・・」

アリアは後悔の表情を浮かべている。

さっきまでは冷たい表情だったアースも、今では、彼女に向けて笑顔を浮かべていた。

「調査と準備が終わったら、散歩に出かけませんか?お茶を飲みましょう」

「でも・・・、ミエールが⼼配ですから・・・。私だけが楽しんでも・・・」

「⼼配しないでください。彼⼥が犯していないことで罰せられることはないでしょう。私はあなたが倒れるのではないかと⼼配なのです」

頷くアリアを、ミエールは恐ろしい表情で見つめていた。

(誰が私をここまで追いやったと思ってるの?私が慰められるはずなのに!)

ミエールをちらっと⾒て躊躇したが、再び頭を頷いたアリアは本当に嫌だった。

自分の味方はカインだけ。

(彼が家⻑として⾏動し、アリアを閉じ込めると⾔った誓約はどこに?)

カインにはそんな余裕はなく、伯爵の仕事に終われる日々だったようです。

すべてが哀れだった。

誰もが愚かだった。

本当に罰せられるはずだった悪女が、幸せそうに笑っているから。

ミエールはチャンスという光を得なければいけなかった。

しかし、今の彼女には何もできない。

その時、誰かが邸宅に⼊るのを目撃した。

「・・・!」

とても馴染みのある⼈物。

彼はミエールが待ち望んでいた公爵家の執事でした。

 



 

  • 公爵家からの手紙

彼は⼿紙を持っていた。

彼自身が手紙を持ってきたということ。

それは、⼿紙に重要な内容が含まれていることは明らか。

執事はすぐにカインに⼿紙を渡した。

(それは私の手紙!)

「何の⼿紙ですか?」

アースはカインに⼿紙の内容について尋ねる。

ミエールは緊張して唾液を飲み込む。

カインは決⼼した顔で⾸を横に振った。

「それは個⼈的な内容です。殿下が知る必要はありません」

トゲのあるカインの返答に、アースは苦笑いを浮かべた。

「・・・そうでしたか。公爵家からの⼿紙だったので、⾏き先はあなたではなく、ミエール夫⼈だと思いましたから。私の誤解のようですね」

アースは⾃分の発⾔を誤解と呼んだが、彼の表情は疑惑に満ちていた。

⼿紙の本当の⾏き先はミエールだと疑った顔。

アリアも同様です。

ミエールを心配していると言った彼女の目は、手紙をずっと見つめていた。

ミエールは⾃分を救う⼿紙が悪女の⼿に渡るのではないかと⼼配し、震える声で⼝を開いた。

「これで調査は終わりですか・・・?部屋に戻りたい・・・」

⼼理的なプレッシャーと⽣きたいという願望の組み合わせは、とても悲しくて哀れに⾒える。

「ミエールは本当に辛そう。少し休ませたほうがいいです」

貧しいミエールのために、⼼の優しいアリアはそう⾔った。

しばらくすると、訪問を求めたカインが⼿紙を持って現れた。

事前に内容を読んだかのように、彼は真剣な表情を浮かべている。

「本当にこれを受け⼊れるつもりですか?」

「・・・別の⽅法があるのですか?証拠があれば、私は⾃分の罪から解放されるはず」

カインはミエールの返事に唇を噛む。

「ここで待って、反乱の後でもう⼀度試してみた方が・・・」

「いいえ、それでは間に合わない。お兄様が協力してくれれば、私はここから逃げ出せる。それと・・・、私はイシースに⾔いたいことがありますから」

彼女はアースの尋問で確信した。

これだけは必ず言わなければいけない。

ミエールがあの⽇に幻覚剤を服⽤せずに⾒たものを。

 



 

  • 脱出計画

[私はメイドを送りますので、彼女と入れ替わってください。クロアに直⾏しますので、チャンスは1回だけです]

ミエールが⼿紙の内容を読んで覚える準備ができるまでに、メイドが⾷事を持ってやって来た。

ブロンドの髪と緑⾊の⽬を持つメイド。

今までに⾒たことのないメイドを迎えた。

「⼣⾷をとってください」

「・・・ええ」

メイドが⾔ったように、ミエールは夕食を⾷べ始める。

何の⾳も出さなかったら、警備兵は外から彼⼥を疑うでしょう。

そして、ミエールは⾳を出すために⽫を砕いた。

その瞬間、メイドは腕から化粧道具を取り出し、ミエールの顔にそばかすを描く。

服を脱いでミエールと交換した。

完璧ではありませんが、身長もスタイルも似ていたので、よく⾒ないと気づかないでしょう。

[ここからまっすぐ出てください。邸宅の⼊り⼝で⾺⾞が待っています]

 



 

結局、自分の証言はすべて偽りと判断されたミエール。

その上、彼女は幻覚剤を使用したと確証されました。

確かにこのまま屋敷にいても問題は解決しないでしょう。

だからといって、脱出することが最善とは言えませんが・・・。

悪女は砂時計をひっくり返す【123話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は123話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...