悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【121話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は121話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

121話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【120話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は120話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 見せしめ

アリアの演じる忌まわしい光景はミエールの怒りを深めた。

その瞬間。

突然、ミエールの頬に痛みが感じられ、一瞬で視界が変化する。

騒々しかったホールに沈黙が生まれた。

ゆっくりと頭を反対側に向けると、本当に驚いたかのように目を大きく開いて口を手のひらで覆うアリアの姿が見える。

「これ以上⼤騒ぎするようなら、私はあなたを帝国地下刑務所に⼊れます」

警告をしたのは皇太⼦。

何か汚れたものに触れたかのように、⼿を振って前に出る。

「ああ、神様。あの腫れた頬を⾒てください・・・!」

アニーの嘲笑の発⾔を残して、ミエールは引きずり出された。

初めての衝撃、恐れ、混乱が彼女の思考を⽌める。

調査はラウンジで⾏われることになっていた。

ミエールがホールと階段を通り抜けてラウンジに⾏くと、邸宅の使⽤⼈とメイドに何度か直⾯する。

彼らは皆、ミエールの⾚く腫れた頬を驚きの表情で見た。

「・・・!」

ラウンジの前で待っていたカインは、妹の頬を⾒て驚いたようだ。

アースは微笑みながら状況を説明した。

「彼⼥は指⽰に従わず、⼤騒ぎしました。彼⼥はまだ罪悪感を持っていないようですね。邸宅での在宅は私が思っていたよりも快適なようだ」

⾔葉に⼀瞬躊躇したカインは、ミエールから視線を逸らす。

「・・・お入りください」

そう答えたカインの表情はとても複雑だった。

怒りたいのに怒れない。

そんな表情に近かった。

「お兄様・・・!」

引きずり込まれたミエールは⼼配そうにカインに声をかけたが、彼はミエールに答えることができなかった。

 



 

  • 一方的な質問

ドアが閉まったラウンジには、アースとミエールと2⼈の騎⼠、そして、未知の貴族がいた。

テーブルの上には、カインの指⽰に従って使⽤⼈が事前に⽤意した軽⾷が置かれている。

アースは貴族から渡された書類を⾒て、その中の一つを口にした。

「あなたは成⼈ではありませんが、幻覚剤を服⽤していました・・・。それはかなり衝撃的な内容ですね」

「わ、私は・・・!」

ミエールが⾔い訳をしようとしたとき、彼⼥の腕を持っている騎⼠は力を加える。

⾔い訳をしてはいけないという意味のように。

(違うと⾔おうとしているが、それを持ち出すことすらできない!)

ミエールはこの状況にとても憤慨する。

「あなた以外に何⼈の⼥性が幻覚剤を服⽤しましたか?」

服⽤した事を前提として尋ねられる。

ミエールは激しく⾸を横に振ってそれを否定した。

「誰も服⽤していません・・・!」

「本当に?」

もう⼀度尋ねるアースの表情は⾮常に無関⼼だ。

それはまるで彼が役に⽴たない話を聞いているかのように。

隣の貴族も同様だ。

「しかし、否定できる証拠がないので、それを証明することはできません」

「私たちが使用したという証拠もありませんよね?」

ミエールはアースの主張に激怒したが、すぐに彼によって否定された。

「ありますよ」

「え?そんな訳が・・・!」

「あなたは、当時邸宅にいなかったアリア夫⼈を⾒たと強く主張しました。服⽤していなければ、そのような議論はなかったはず。実際、伯爵を押したのはあなたでしたから」

貴族はアースの⾔葉に肯定的に答える。

「おそらく、成分がまだ彼⼥の体の中にあったのでしょう。⾃分の部屋に隠して持っているはず」

「確かに。そのように書き留めてください」

「はい、アステロープ様」

貴族はアースの指⽰で紙に何かを書き始めた。

おそらく、ミエールがまだ幻覚剤を使用していると書いているのだろう。

彼⼥はそれに応えて奮闘した。

「やめて!私は本当に服⽤していません!信じてください!なぜ誰も信じてくれないの・・・!?」

ミエールは涙を浮かべて抵抗する。

その姿は本当に不当に思えた。

捜査官がアースでなければ、もう少し配慮していたかもしれません。

 



 

  • 最後のチャンス

「・・・そうですね。これから本当のことを⾔えば許しますよ。若い⼥性がこれほどに悲しまれると、私の心も痛みますから。あの⽇、アリア夫⼈に会ったのは本当ですか?」

意外にも、アースは真面目な表情でミエールに尋ねた。

それは最後のチャンスであるかのように。

(多くの質問の中で、なぜ彼はそれについてもう⼀度尋ねるの?)

疑問が⽣じた。

アリアの恋⼈がミエールを助けることはないはず。

しかし、目の前のアースはミエールを助けようとしている。

未知の貴族を含む2⼈の騎⼠たち。

正気だったら、彼らが⾃分の味⽅になれないことにすぐに気づいたでしょう。

しかし、今は切羽詰まった状態であり、彼女は適切に考えることが出来なかった。

彼⼥はアースを信頼し、彼に打ち明け始めた。

「ええ、そうです!私は本当にお姉様に会いました。彼⼥は部屋にいました。私は彼⼥に声をかけた。⽗も廊下にいました」

「じゃあ、あなたが私を⾒たとはどういう意味ですか?」

「それは・・・」

法廷でそのように叫んだ記憶を思い出し、しばらく躊躇ったミエールは頭をうなずいて、はいと答える。

アースの⾔葉を信じれば、自分が正直であれば彼は自分を許すと⾔った。

「・・・殿下が突然現れて、お姉様を連れて⾏くのを⾒ました」

「幻のように?」

「それは・・・、はい・・・」

「魔法のように⾒えたのですね?私が一瞬で現れ、アリア夫⼈を連れて姿を消したと」

「・・・そう、そうです!それは魔法のように⾒えました!殿下は本当に魔法を使ったのです!」

彼が魔法のように現れてアリアを連れ去ったことは明らかでした。

魔法を使い、瞬間移動した。

それは馬鹿げた仮定でした。

しかしそう仮定すると、すべてのパズルは合います。

(この事実が明らかにされれば、私の罪も消える。あの女の証拠は役に⽴たないでしょう。もしそうなら、私は聖⼈の称号を取り戻し、下品なあの女が邪悪な⼥性に戻る)

そんな思いを込めて明るく笑うミエール。

しばらくして、真剣な表情を浮かべていたアースが笑みを浮かべる。

ミエールの全⾝が強ばった。

(何かがおかしい!)

「幻覚剤を使用したのは本当だったのですね」

ミエールの腕を持った騎⼠たちは貴族の⾔葉にため息をついた。

彼らは彼⼥の⾔葉を非常識と⾒なしているように⾒えた。

「その通りですね。魔法・・・、馬鹿げた話だ」

「相当に強い幻覚剤のようですね。どれだけの貴族が使用しているのでしょうか?」

「今のところ、パーティーに参加した若い⼥性の調査を開始する必要があります。彼⼥が服⽤したのは事実です。彼⼥を徹底的に調査し、それがどこから来たのかを調べてください」

 



 

アリア以外には容赦のないアース。

ここだけ見ると、ミエールが可哀想に見えなくもないですが・・・。

彼女はこれまでアリアを何度も陥れようとしています。

恋人のアースから見れば、怒りを抑えられないのは当然でしょう。

悪女は砂時計をひっくり返す【122話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は122話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...