悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【120話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は120話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

120話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【119話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は119話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 脅迫文

[イシース夫人。あなたが私を捨てるつもりだと理解しています。⼤きな間違いを犯したことは認めますが、それは私の仕業だけではなく、イシース夫人と⼿紙を交換していることを忘れないでください。⼿紙の中には、例の⼥性と皇太⼦殿下についての話もあります。又、イシース夫人が将来何をするかについても書かれています。今回もこの⼿紙を無視すると・・・、私が話す内容も考える必要があります]

「・・・は」

イシースは⼿紙をくしゃくしゃにして床に投げる。

「彼⼥は脅迫するつもり?」

すぐにロースチェント伯爵邸に⾏き、⾸を締めたかったが、その欲望を我慢して、震える⼿で温かいお茶を飲み干した。

執事が急いで冷⽔を⽤意する。

⼀気に冷たい⽔を空にしたイシースは、突然笑い出した。

「どうやって彼⼥を殺そうかしら?ねえ?」

「イシースお嬢様・・・」

ミエールが決して裏切らないと思っていたので、彼女は油断していた。

彼女がこれほど愚かだと知っていたら、イシースは別の計画を考えていただろう。

⽬を閉じて、ソファの奥深くに⾝を埋めた。

暗殺するにはリスクが⼤きすぎる。

元々、ミエールは捨て駒として考えていた。

自分をこんな状況に追い込んだのは?

皇太子?

それとも・・・。

⼿紙には直接の指⽰はありませんでしたが、皇太⼦が自分を攻撃するのに⼗分な情報が記載されていた。

罪⼈として捜査されているミエールがそれを明らかにしたのなら、最悪の状況は免れないでしょう。

(まず第⼀に、私はミエール夫人が望んでいることに⽿を傾けなければなりません)

深いため息をついたイシースは姿勢をまっすぐにし、執事に告げる。

「・・・紙とペンを」

「・・・かしこまりました」

イシースはミエールが何を望んでいるのかを尋ねる⼿紙を執事に渡し、邪悪なネズミをどうやって終わらせるかを考えながら笑みを浮かべる。

 



 

  • ミエールの不安

[ミエール夫⼈を捨てるつもりはありません。クロアに⾏くので少し忙しかっただけです。すぐにご連絡いたします]

ミエールは手紙を読んで、彼⼥が得た希望に顔を⾚らめた。

以前から二人が交換した⼿紙を焼却するように頼まれていたが、彼⼥は万が⼀に備えてそれらを集めていた。

最終的に、彼⼥が望むものを達成出来た。

「この場所に置いておけば、誰もそれを⾒つけることが出来ないはず」

万が⼀に備えてカインには打ち明けていた。

又、失敗した場合、⼀緒にイシースを罰するようにも頼んでいたのだ。

下品な女に魅了されている兄にそれを任せるのは気がかりでしたが、残念ながらミエールには他に頼る⼈がいません。

本当は⽗親に助けを求めたかったが、伯爵は彼女を助けるつもりは全くなかったようです。

動くのが難しいと聞いてはいたが、父親は決して彼⼥に連絡をしなかった。

その事実に悲しんで泣いたが、むしろ、ミエールは不当と怒りを感じた。

⻭を⾷いしばる。

今、ミエールが頼ることができたのはカインだけ。

下品な女にどんなに魅了されていたとしても、⾃分の妹を捨てることは出来ないでしょう。

イシースからの連絡を待ち続けると、突然外から騒ぎ声が。

しっかりと閉められた窓から外を⾒ると、⾊とりどりの⾺⾞が⾒えた。

「まさか・・・」

⾺⾞を降りたのは皇太⼦に他ならない。

アリアが喜んで挨拶をしている姿が⾒えた。

彼⼥の隣には伯爵夫⼈も。

ミエールが逃げるのを防ぐために窓には鉄の棒が追加されていたため、詳細を⾒ることができませんでしたが、彼らは⻑い間、⾺⾞の前で再会の喜びを楽しんでいました。

とても不安になる。

皇太⼦の後ろには、徹底的に武装した⼆⼈の騎⼠が⾒えた。

きちんとした服を着た貴族も⼀緒。

彼の⽬的が単にアリアに会うことであったなら、彼の信者は同⾏しなかっただろう。

別の⽬的があることは明らかでした。

⽬を細めて疑っていると。

アリアとの再会を終えた皇太子は頭を上げて彼⼥の部屋に向かった。

彼女の⼼は重く沈む。

 



 

  • 突然の訪問

「今⽇のスケジュールがないのなら、⼀緒に出かけてみませんか?」

「スケジュールがあるわけではありませんが。私はアカデミーに⾏くつもりでした。サラが今⽇は授業があると言ってましたので」

「・・・私は間違った⽇に訪れましたね。事前にチェックしておけばよかった」

しばらくして、ドアの外から聞こえるアリアとアースの声がミエールの全⾝を緊張させた。

イシースの事に集中していて、彼女は幻覚剤の調査を忘れていた。

「けれど、少しだけ時間を割いていただけませんか?時間がない場合は、⼀緒にアカデミーに⾏きますので」

「そんなことをすれば、誰もが驚かれることでしょう」

「私が同行したいのです。そうすれば、あなたに近寄る相手が少なくなります。いつも⼼配しているので」

「私はいつもあなたのことを考えていますが、アースさんは心配性ですね」

「⼼配せずにはいられません。あなたは周りの視線を感じませんか?今すぐにでも、あなたをここから連れ出したい・・・」

アースの声は暗かった。

アリアは少し微笑んで、⼦供をなだめるように優しい声で⾔葉を切り落とす。

「そうですか。仕事が終わったら話しましょう。私は準備をしなければなりません。アースさんの馬車で⼀緒に出かけるのは悪い考えではありませんから」

そこで会話が終わり、ミエールはドアから最も遠い壁に戻った。

案の定、しっかりと固定されていた鉄の鎖が緩む⾳が。

しばらくすると、窓越しに⾒た皇太⼦と⼆⼈の騎⼠、そして知らない貴族が現れる。

彼の隣にはメイドを伴ったアリアが。

アースはミエールを指差して騎⼠に命じた。

「彼⼥を引きずり出してください」

彼の命令が下るとすぐに、2⼈の騎⼠が部屋に⼊り、ミエールの腕を掴む。

「どこへ⾏くの?」

ミエールは恥ずかしそうに尋ねたが、誰も彼⼥を気にしなかった。

「今は体調が・・・!」

「犯罪者にそのような選択はあり得ません」

ミエールを嘲笑して追いかけていた貴族の⾔葉に涙が溢れた。

⾃分がどこに引きずり込まれているのか分かりませんでしたが、このままでは、彼⼥が⼈々の娯楽として消費されることは明らか。

「かなり体重が減ったと思いましたが、元気そうですね」

アリアの言葉に怒りが生まれる。

それは、アリアが殺される前にミエールが放った言葉と似ていた。

「全てあなたのせいです!あなたがいなかったら!」

アリアは怖がるふりをする。

それは被害者としての、明確な表現と⾝振り。

 



 

イシースへの脅迫文はかなりの効果がありましたね。

このまま脱出できると思いきや、アースの訪問。

彼の目的はミエールへの尋問でしょう。

彼女はこの危機を脱出できるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【121話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は121話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...