悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【119話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は119話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

119話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【118話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は118話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 自宅軟禁

「ミエール、あなたが邸宅で父さんを説得しましょう。あなたの後悔を⽰したら、彼はすぐに許してくれると確信しています。屋敷に着いたらすぐに父さんに会ったほうがいい」

カインはミエールに静かに囁く。

貴族にとって、⾃宅軟禁は悪い判決ではありません。

家の中で⾃由に滞在することは可能。

ゲストを招待することも出来ます。

今回の判決は、外に出れないという意味です。

それに、判決は20年から5年に減りました。

カインが⼀貫して保釈を申請した場合、ミエールは刑期を終える前に釈放されることは明らか。

その前に、伯爵が彼女を許すかもしれません。

カインの⾔葉で、ミエールは安⼼してうなずいた。

「・・・分かりました。ちなみに、イシース夫人から返事が来ましたか?彼⼥は何と?」

「それは・・・」

カインが答えることを躊躇ったとき、ミエールはイシスが自分を拒絶したことに気づく。

フレイは、その後、例外を追加した。

「しかし、2⼈の犠牲者と⼀緒に邸宅に滞在しなければならないので、拘留はこれまでミエール夫人が使⽤していた部屋に限定されます」

「・・・どういう意味ですか?」

「あなたが自分の部屋から出られないことを意味します。さらに、皇室からの要請がありました。幻覚剤について、定期的に調査する必要があります」

「何故ですか?不公平な判決です!」

屋敷の使⽤⼈やゲストが⾒守る中、服⽤してもいない幻覚剤について質問される?

部屋で⽴ち往⽣して、あの悪女が笑っているのを何も出来ずに聞くしか出来ない?

ミエールは前例のない判決のために床に倒れた。

彼⼥は目眩を起こす。

無意識のうちに、彼⼥の涙は床をびしょ濡れにした。

このような恥と屈辱に苦しむよりも、むしろ死ぬことを望みました。

⾃分で犯罪を犯したにもかかわらず、原因がアリアだったので不公平だと感じた。

(私は決して彼⼥を許さない・・・!)

判決が下るとすぐに、ミエールはその場所から連れ出された。

6⼈の警備兵に囲まれた古い⾺⾞がロースチェント伯爵の邸宅に向かっているのを⾒たとき、人々は⾺⾞の中の⼈物を想像して話していました。

「彼⼥は上訴するつもりだと⾔ったが、⾃宅軟禁に違いない」

「被害者と犯罪者が一ヶ所に留まるというのですか!?」

「知⼈が法廷で働いていて、彼⼥はが典型的な⾃宅軟禁ではなく、彼⼥の部屋に拘留されるであろうと⾔いました」

「部屋で?それもひどい罰です」

「幻覚剤についての告発があると聞きました。だから彼らは部屋に閉じ込めるのでしょう」

「噂はすべて反対でした。聖⼈と邪悪な⼥性の噂・・・、今回の事件は間違いなく真実であることが判明しました。邪悪な⼥性はミエール夫⼈であり、彼⼥は慈悲深いアリアに対してすべての罪を負わせていた。⼩説ではよくある話ですね」

馬車は古く、ミエールは彼らの噂がすべて耳に入ってきた。

彼⼥のわずかに成⻑した⽖が、手のひらのの⾁を引き裂く。

「何で私が・・・!」

 



 

  • 唯一のチャンス

邸宅に到着した後も、ミエールの状態は改善しませんでした。

「どうか、お父様に会わせてください!」

これが彼⼥の唯⼀のチャンスだったので、伯爵に許しを求めたかった。

しかし、彼⼥は伯爵夫⼈の冷たい答えを聞いただけ。

「残念ながら、伯爵はあなたに会いたくないのです」

「・・・どうして?お父様から直接聞きたい!」

アリアは突然現れ、ミエールの前で体をすくめた。

「ああ、神様、私は怖いです。お⺟様も、近づかないで」

「・・・あ、あなた!よくもそんなことが言えるわね!」

ミエールを⾍のように⾒つめているアリアの視線に向かって叫ぶと、屋敷に到着した警備兵が急いでミエールの⼝を閉じて抑えた。

「幻覚剤は本当に怖いです。・・・できるだけ早く彼⼥を調査して治療しなければなりません。そうですよね、お兄様?」

ミエールを救うカインは⼝を閉じ、腕を組んで状況を⾒ていた。

(どうして?)

悲しみと怒りに満ちたミエールの⽬から⾎が流れ出しそうだった。

彼女は引きずり出されたかのように⾃分の部屋に押し込められ、使⽤⼈とメイドの冷たい⽬を受け取らなければなりませんでした。

「調査が始まろうとしているので、余計な行動を起こさないように」

警備兵の冷たい声で、閉じたドアの外で鎖を巻く⾳がした。

離れていく⾜⾳が聞こえないので、警備兵が部屋の前を警備しているようだった。

「なぜ、なぜ!これはすべて、醜いあの⼥を元の場所に帰すだけだったのに!」

ミエールはすべてを失い、汚名を着せられ、⾃分の部屋で⽴ち往⽣した。

自分を助けると信じていたイシースとカインは、自分は関係がないように⾏動する。

危険物がすべて⽚付けられた部屋に閉じ込められ、ミエールはしばらく叫び、涙を流した。

⼀⽇中涙を流した後、ミエールは突然何かが起きたかのように、⾃分の秘密の空間を開いた。

アリアと同じように、彼⼥も⼀⼈のための秘密のスペースを持っていました。

その場所で箱を取り出したミエールは、⽬から涙を拭う。

この箱の中⾝だけが彼⼥を救うことが出来たから。

 



 

  • ミエールの手紙

「イシースお嬢様。⼿紙が届きました」

「本当に?誰から?」

「それは・・・」

執事はイシースの質問に⾔葉を失った。

彼女はまた、不快な相⼿が⼿紙を送ったことに気づいて、ため息をつく。

「すでに彼⼥を捨てたのに、なぜ彼⼥は私を悩ませ続けるの?」

ミエールについての噂はひどいものでした。

彼⼥と関わった場合、イシース⾃⾝にも変な噂が生じるでしょう。

できるだけ知らないふりをしたが、ミエールが毎⽇⼿紙を送ってくるので頭痛がした。

「彼⼥が⼿紙を送り続けるなら、一度だけ返事を送ってみませんか?」

執事からの注意深いアドバイス。

この厄介な繋がりを続けるよりも、⼀気に拒否する⽅が良いと考えました。

「⼤まかに読んで、要約を教えてください」

「かしこまりました」

そう指示を出したイシースは、再び目の前の⽂書に目を戻す。

それはクロア王国から送られた⽂書。

彼⼥はそれを注意深く調べて、このようにして⾃分⾃⾝、公爵、そして貴族派を作った皇太⼦を攻撃しなければなりませんでした。

彼が帝国を攻撃するという同じ⽬的をどれほど持っていたとしても、彼⼥の敵は国の王。

しかし、イシースの隣で、⼿紙を開いて内容を確認した執事の顔が⻘ざめ始めた。

「・・・イシースお嬢様。⼿紙は⾃分で⾒るべきだと思います・・・!」

常に威厳があり、公爵家の執事が、何故かどもりました。

「どうしたの?何て書いてあるの?」

「それは・・・」

イシースの促しにもかかわらず、執事は迅速な答えを出すことができません。

我慢できなかったイシースは、彼からの⼿紙を受け取り、執事をとても驚かせた内容を⾃分で読み始めました。

 



 

自身の部屋の中だけで5年は厳しいですね・・・。

外部との一切の交流が出来ない状況。

仮に5年耐えたとしても、そこからの展望に希望は少ないはず。

ミエールの最後の秘策とは?

彼女にも見せ場があるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【120話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は120話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...