悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【115話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は115話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

115話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【114話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は114話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ミエールへの罰

フレイが話し終えるとすぐに誰かが涙を流した。

それはメディアンでした。

彼⼥は⾃分が犯罪者になった事に信じられないかのように突然涙を流した。

「裁判官!それは本当なのでしょうか?お姉様は証人を買ったかもしれないのに!」

病気のふりをしたミエールの声が法廷を埋め尽くす。

証人を買ったのは彼女自身にもかかわらず。

「⾮常に厳密な調査を⾏ったので、アリア夫人の証言が真実であると確信しています。確認したい場合は、後で要求出来ますので。裁判所からの罰はこれで全てですが、3⼈は後で幻覚剤テストについて調査する必要があります」

自分が関わった事件がどれだけ愚かだったのかに気づいたウェンディが泣き始めた。

虚偽の告発をすることがいかに不当であるかを悟ったのでしょう。

「あなたの妹はなんて愚かな⼥性なのでしょうか」

「幻覚剤の件は・・・?」

「私に任せてください」

アリアの質問を待っているかのように、アースは笑顔で答えた。

貴族派の中には幻覚剤を使用している貴族は大勢いるはず。

追跡と調査が難しいため中々捉える事が出来なかったが、今回の件で多くの貴族を炙り出すことが出来るでしょう。

アースがそれに対処するならば、簡単には終わらないはず。

「最後に、ロースチェント・アリア夫人の告発の件ですが」

ミエールはとても緊張した表情でフレイを⾒つめていた。

彼⼥の⻘⽩い表情はとても深刻だったので、すぐに倒れる可能性がありました。

「伯爵が階段から落ちたとき、ミエール夫人は⼀⼈でそこにいたと聞きました。そして、⽬撃者はそこで⾦⾊の髪の⼥性を⾒たと」

フレイの⽬は少し間を置いて鋭くなった。

ミエールは息を飲み込み、アリアはアースの⼿を握る。

彼⼥はミエールが厳しく罰せられることを望んだ。

「あなたがロースチェント伯爵を殺害し、懲役20年の刑を⾔い渡そうとした本当の犯罪者であることを確認しました」

「懲役20年?」

貴族の⼥性に課せられた罰としては重かった。

ひどく震えていたミエールは、席から立ち上がる。

彼女はフレイの元に向かおうとしたが、その試みは周りの警備兵によって⽌められました。

「いいえ!犯人は私ではありません!犯人はお姉様です。こんな判決は馬鹿げています!」

12⼈以上の警備兵がミエールの周囲を囲み、彼⼥が移動するのを阻⽌した。

「裁判官!あなたに⾔いたいことがあります。彼女の告発を撤回していただきたい!」

予想以上に厳しい判決に⼾惑っていたカインは遅れて発言するが、フレイは⾸を横に振った。

「判決の執⾏は本⽇から始まります。異議がある場合は、後から⾏うように。これで裁判は終了です」

彼⼥が冷たく背を向けたとき、その背後に容赦はありませんでした。

ミエールが⽗親を殺害したというニュースは、すぐに帝国全体に広まる。

 



 

  • 早く大人へ

「本当に邸宅に戻るつもりですか?」

「はい、今はまだ私の家ですので」

アリアはアースの質問にうなずいた。

ミエールは罰せられたが、カインがまだ邸宅にいるので、彼は心配そうな表情を浮かべています。

それはミエールの後に続いたカインの表情を見たから。

彼の表情は殺意に満ちていた。

アースはアリアの⼿を離さず、再び彼⼥を説得を試みる。

「私の別荘に行きませんか?⾸都と森の中にもう1つあります。それが不便なら、別の場所を探しますから」

彼の心配が杞憂とは言えないでしょう。

ミエールに罠に嵌められそうになった今、どんな魔の手がアリアに降りかかってくるか分からないのですから。

アースが言うように、邸宅を離れることが最良の選択かもしれない。

「・・・いいえ、お母様がまだ邸宅にいますので。それに、使用人たちも心配していると思いますから」

アリアは苦笑いを浮かべ、伯爵夫⼈が邸宅に残っているという⾔い訳をした。

そう言うと、アースは何も反論できなかった。

「アースさんに心配をかけるのは心苦しいですが、まだミエールの判決が決まったわけではありません。邸宅にいれば、彼女の情報をより早く入手し、彼女の行動を知ることが出来ます」

刑務所で20年。

それは未成年の⾼貴な⼥性にとって厳しい罰。

判決が控訴を前提としていることは明らかでした。

さらに、裁判の終わりに、カインは告訴を取り消すと⾔っていた。

貴族にとってはそれほど難しいことではありません。

そしてもう⼀つの問題は、未成年の貴族が理由もなく家を出るのはそれほど簡単ではなかったということ。

アースはとても悲しい⼝調で「早く⼤⼈になってほしい」と語る。

⼿を繋ぐ暖かさから、彼が何を望んでいるのかが理解できる。

彼はできるだけ早く、アリアと⼀緒にいたいと思っていたようです。

「そうすれば、あなたを私のそばに置いておくことで、あなたを守ることができます。あなたが私の恋人であることを自慢することも」

「それは既に実行していませんでしたか?」

今日、アースは皇室の馬車で首都を行進したのだから。

彼は苦笑いを浮かべる。

「否定は出来ませんね。しかし、私が正式にあなたと⼀緒にいることができる場所があることを願っています・・・。だから、あなたには危険な行動を起こしてほしくない」

彼の真剣な表情に、アリアは少しだけ恥ずかしくなってしまう。

(なぜアースさんは甘い言葉で、私を誘惑するの?)

アース以外の男性の言葉なら、柔軟に対応できたはず。

しかし、相手はアースなので、彼女はそれが出来なかった。

だから素っ気なく呟く、「・・・善処します」と。

「しないと誓ってください」

「しません」

「良かった」

アースがようやく微笑んでくれたことに安堵し、アリアも笑顔を浮かべた。

彼女はようやく望んでいたことを成し遂げたのだから。

 



 

  • カインの焦り

「裁判はすでに終了しているため、キャンセルすることは出来ません」

「・・・それなら私は上訴します。保釈しますので、ミエールを解放してください」

こんなに⼤きな罰を予期していなかったカイン。

広い親交を持っていたのが伯爵だったら、物事に対処するのは簡単だったでしょうが、今回は伯爵が犠牲者であり、カインはアカデミーを卒業したばかりの貴族。

もちろん、簡単に解決できましたが、フレイが邪魔をしていました。

その上、皇太子も関係者の一人。

カインは⻭を⾷いしばった。

「ミエールはこれまでこのような場所に⾏ったことがないので、様子を見る必要があると思います。彼⼥はまだ若い」

「そうですか。ですがその前に、この書類に記⼊する必要があります」

かなり複雑な⽂書を完成させるまで、ミエールに会うことが出来なかった。

屋敷に⽐べると貧相な場所でしたが、貴族の刑務所だったので、少し狭い以外は不便なことはありません。

「お兄様・・・!」

「ミエール」

カインはミエールに近づき、彼女は涙を流して彼を迎えた。

裁判後もずっと泣いていたようで、彼女の⽬は腫れていた。

カインは急いでハンカチをミエールに⼿渡す。

「私はどうしたら良いのですか・・・?」

「すぐに連れ出すから、心配しないでください」

ミエールは声を出して泣き出し、再びアリアを呪い始める。

「私の⼈⽣が・・・、あの下品な⼥のせいで・・・!将来、みんなが私のことをどう思うか怖い・・・!オスカーはどう思うのでしょうか?婚約が破棄されたら・・・!?」

彼女は失ったもの全てをアリアのせいだと呪った。

 



 

懲役20年は重いですね・・・。

しかし、これで納得するアリアではないでしょう。

それはミエールも同じはず。

カインの上訴で、どこまでミエールの罪が軽減されるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【116話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は116話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...