悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【114話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は114話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

114話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【113話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は113話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 同伴する皇太子

倒れたミエールは屋敷に戻らなかった。

おそらく彼女は病院で休んでいるのだろう。

彼女はアリアがいる邸宅に戻る勇気がなかったのかもしれない。

当然カインも戻ってこなかったので、アリアはリラックスして邸宅で過ごすことができた。

「・・・アースさん?どうやってここに?」

庭園でお茶を味わっているアース。

彼は優しい笑顔で彼女の質問に答える。

「もちろん、あなたに会いにきたからですよ」

隣のメイドは青白い顔で震えているようだ。

(皇太子がそんな理由で来ても大丈夫なの?)

事前に連絡もなく現れたアースに、使用人とメイドは大慌てだったそうだ。

「仕事は大丈夫なのですか?」

「緊急の要件はありませんので」

アースは席を立ち上がり、アリアに手を差し伸べる。

彼のリラックスした姿を見て笑顔が自然と浮かぶ。

アリアは有罪と下されるために法廷に行くわけではない。

一晩中心配していた使用人とメイドは、彼女が微笑んでいる様子を見て少しだけ安心することができた。

「行きましょうか?」

アースの提案に、アリアはうなずく。

 



 

  • 可愛らしいアピール

故意に準備されたように思われる皇室の馬車で法廷に向かう。

警備兵は少し離れた場所から追いかけていた。

通り過ぎる全ての道で、アリアは多くの人々を見ました。

(わざと見せびらかしている訳ではないわよね・・・?)

前回、伯爵邸を訪れた時もそうだが、彼は変なところでアピールしようとしている。

アリアは目を細めて彼を見つめる。

「どうかしましたか?」

「いいえ、ただ・・・」

アースの全てが可愛く見える。

彼の整った顔、自分の手を握る彼の手、そして彼の好奇心旺盛な目。

その上、彼はアリアとの関係を誇示しようとしている。

その全てに、彼女は心を打たれた。

「アリアお嬢様・・・?体調が優れないのですか?」

心配そうな表情を浮かべるアースに、アリアは少し微笑んでうなずいた。

「そうかもしれません。アースさんと話していると、心が変になりそうです」

「それは一体・・・?」

アースは馬車を止めようとしたが、すぐに言葉の意味を理解できた。

「・・・!」

彼は目を大きく開き、口を手のひらで覆う。

一瞬でアースの耳が赤くなったにもかかわらず、彼の視線はまだアリアに向けられていた。

⻑い間何も⾔わずに彼女を⾒た後、深いため息をつき、彼は⾸を横に振る。

「・・・あなたはいつも、思いもよらないところで私を困惑させますね」

「からかうつもりはありませんよ」

アースを見るたびに、彼女は心の隙間が埋まるような感覚に陥った。

自分が計算して話していることを彼は知らないだろう。

いつも自分の言葉に反応してくれるアースの姿をもっと見たいと考えるようになる。

 



 

  • 判決

そんな彼の表情を見て笑っている間に、馬車は法廷に到着した。

法廷の前には噂を聞いて訪れた人たち。

その中には、アリアが投資したビジネスマンと彼らの妻も。

「アリア夫人・・・!」

「忙しいのに、来てくださりありがとうございます」

彼らが心配しないように笑顔を浮かべたアリアは、アースの護衛の下で法廷に入った。

「・・・彼女が先に到着しているとは驚きですね」

カインとミエールは、既に席に座っていた。

彼らの後ろにいた女性たちは誰もいない。

「警備兵が彼⼥を促したのでしょう」

「なるほど・・・」

肩を落としているカインは、皇太⼦と⼀緒にやってきたアリアの姿に眉をひそめた。

ミエールも同様の表情を浮かべています。

その光景に機嫌が悪くなったのか、アースも一時停止した。

そのまま、アリアを自分のそばに引き寄せる。

そしてアースは嘲笑の笑みを浮かべた。

カインはそれでも視線を避けずに、歯を食いしばっている。

予想通り、彼はロースチェント伯爵の⻑男でした。

ミエールが厳しく罰せられるかもしれないのに、彼はアリアにしか興味がないようです。

(あるいは、彼は妹を救うために何か他のものを準備したのかもしれない)

席に座った後も、アースと仲良く見えるように振る舞ったが。

「・・・ここまでにしておきましょう」

アリアは我に返って、彼から離れた。

(私は今何をしていたの!?)

相手がアースだと気づいた途端に、恥ずかしくて顔が赤くなってしまう。

そのタイミングで、フレイが法廷に姿を現す。

アリアは謝罪のタイミングを逃してしまった。

アースも気まずそうな表情を浮かべている。

そんな二人を⾒たフレイは⼀瞬微笑んだ後、沈黙を破り⼝を開いた。

「二日連続ですので、皆さん疲れていると思います。ですので、すぐに決断したほうがいいでしょう」

彼⼥はいくつかの紙を取り出し、内容を詳細に⾒てから、正⾯を⾒つめた。

「まず第⼀に、ロースチェント伯爵家から告発されたロースチェント・アリア・・・。私はここに彼⼥が無実であると宣⾔します」

当然の結果でしたが、少し安⼼します。

これもすべてアースのおかげでしょう。

(彼がいなかったらと思うと・・・)

「証拠を確認したところ、アリア夫⼈が提出した⽂書はすべて真実であり、彼⼥と皇太⼦を⾒た⽬撃者が多かったため、犯罪を犯すことが出来ない事は明白です。したがって、ミエール夫人、メディアン夫人、ウェンディ夫人は偽証罪で有罪判決となります」

 



 

アースを手玉にとるアリアの行動。

彼を惑わすことが出来るのは彼女以外にいないでしょう。

そしてミエールへの有罪判決が下りました。

具体的な内容はどうなるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【115話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は115話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...