悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【112話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は112話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

112話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【111話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は111話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 謎の発言

「そ・・・、そんな・・・!」

ミエールの澄んだ緑色の目は涙でいっぱいだ。

口は言い訳を考えるために震え、イシースが去った席を見つめる。

彼女がいないということは、オスカーとの件も白紙に戻ることを意味する。

(私を守ってくれる父親さえいない・・・。どうすればいいの・・・!?)

すべてを失う寸前のミエール。

冷や汗をかいたまま、アースを見る。

(すべての元凶は皇太子)

彼がアリアと姿を消したから。

狂言とも思われる発言をしたくなかったが、ミエールには余裕がなかった。

「そういえば、邸宅で皇太子殿下を見ました・・・!」

「・・・私ですか?」

「殿下は・・・、お姉様と一緒に姿を消しました!あなたは突然現れました!超能力を使ったかのように!」

「はぁ・・・、何を言ってるのですか?」

「そうよね?メディアン令嬢とウェンディ令嬢?」

「「・・・え?」」

その反応は当然の事でしょう。

すでに沈みそうな船に誰が乗ろうというのですか?

彼女たちは首を横に振った。

ミエールは泣き叫ぶ。

誰もが彼女を支持しなかった。

ミエールを支持すれば、皇太子によって厳しく罰せられるのではないかと恐れているから。

 



 

  • 幻覚剤

「なぜ・・・、なぜ誰も私を信じないのですか?私は本当に彼⼥を⾒ました・・・、誰かお願いします・・・!」

法廷で鳴り響く叫び声にアースは舌打ちする。

「裁判官。彼⼥はかなり頭がおかしいと思います。今の彼⼥の状態を⾒てください」

「・・・確かにそうですね」

「そういえば・・・」

突然、アリアが顔を上げます。

誰もが彼女の発言に耳を傾けた。

「・・・どうやら彼女たちは夜遅くまで邸宅に留まっていたと聞きましたが、未成年の⼥性が遅くまでパーティーをしていたのは不思議です・・・」

「幻覚剤・・・」

アースは「幻覚剤」という言葉を言及した。

幻覚剤は、⼀部の貴族の間で秘密裏に消費されていたため、⼊⼿するのは難しくありませんでした。

もちろん、罰は厳しかったのですが、捕まえるのは簡単ではなかった。

それは皇室の権威が低く見られていたせいでもありましたが、今は違います。

「裁判が終わったら、調査するように依頼する必要があります」

女性たちは息を呑み、扇を落として驚きを表す。

「それは真実ではない」と⾔って意⾒を表明する⼈さえいました。

「殿下!誰かが幻覚剤を飲んだとしたら、それはメディアン夫人とウェンディ夫人でしょう!」

「そのとおりです!私たちは何の関係もありません!アリア夫人が邸宅に⼊るのを⾒ただけです!」

幻覚剤を服⽤したと⾮難されたメディアンとウェンディも、必死の⾔い訳をし始めました。

「今考えてみると、アリア夫⼈ではないかもしれません!」

「私もです!髪の⽑しか見ていません。彼女は金髪でした!だから私は彼⼥をアリア夫人と間違えたのだと思います!彼女が邸宅にいなかったとしたら、それは他の誰かだったに違いありません!」

「⾦髪の女性を⾒たから間違えたと?」

「・・・はい!私の見間違いです!」

「現場にいたもう⼀⼈の金髪の女性は・・・、1⼈しかいません。彼⼥は本当に⾦髪でしたか?」

この時になってウェンディは誰を売ったのか理解し、口を手で覆った。

 



 

  • 真実は?

会場が静寂に包まれる。

すべてを⾒守っていたアリアの⼝⾓が少し上がった。

「⾦髪の女性がお父様を押したということですか・・・?」

アリアは驚きの表情でそう尋ねる。

「え・・・?そ、それは・・・!」

ウェンディは答えるのをためらった。

見間違いだと言ってたら問題はありませんでしたが、金髪の女性を見たと彼女は言いました。

「ウェンディ夫人・・・?」

「あなたが知っていることを教えてください」

「そ、それは・・・」

全員の目がミエールに向けられる。

「・・・どうして私を見ているのですか?」

泣き止んだミエールはしかめっ面で対抗する。

それはこれまでに見せたことのない表情。

誰も彼女に言及していないが、彼らの視線はミエールを犯罪者に追いやった。

伯爵が階段から落ちたとき、3階にいた⾦髪の⼥性はミエールだけ。

「馬鹿げています!私はお姉様を見ました!」

「ミエール・・・」

本当の犯⼈がミエールであることを知っていたカインは、静かに⽬を閉じて視線を下げた。

彼が何か間違ったことを⾔った場合、彼も同様に告発されるでしょう。

皇太⼦がミエールを追い詰めようと決⼼した姿を見て、彼は⼝を開けることができなかった。

「あなたは顔を⾒ましたか?」

フレイが尋ねると、ミエールをちらっと⾒たウェンディは静かに⾸を横に振った。

⾔わなかったとしても、彼らは本当の犯罪者が誰であるかを推測することができました。

「そうですか。あなたに与えた最初の証⾔は、誰が階段から降りているのかはっきりと⾒たと⾔っていました」

「・・・それは」

偽証罪は重い罰です。

殺⼈未遂事件で虚偽の陳述を⾏い、⽣涯を台無しにする可能性があった。

彼らの意図が⾮常に悪意のあるものであることは明らかであり、⼤きな罰を避けられないことは明らかだった。

ウェンディのそばにいたメディアンは震え、恐怖を感じていました。

彼⼥は突然席から⽴ち上がって、「本当は・・・!言いたかったのに言えませんでした!」

その告発に、ミエールから表情が消えます。

フレイがメディアンを⾒て、「それはどういう意味ですか?」と尋ねた。

彼⼥はミエールをちらっと⾒た。

「それは・・・、ミエール夫⼈が私に⾔うように⾔ったので、私は脅迫されたのです!」

「何を言ってるのですか!?」

ミエールは席から立ち上がり叫ぶ。

ウェンディとメディアンは、突然涙を流し始めた。

アリアは、二人が実際にミエールを裏切ったことに驚く。

伯爵夫⼈の⽬は失神するかのように転がった。

 



 

もう見るに耐えない光景ですね・・・。

ミエールの負けは確実でしょう。

彼女は戦う相手を間違えましたね・・・。

そして、幻覚まで疑われる始末。

彼女の罪がどうなるのか気になります。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【113話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は113話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...