悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【107話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は107話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

107話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【106話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は106話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 妙な男

何が面白いか分からなかったが、ドアの外にいる男は⼤声で笑った。

とても妙な男です。

「安心してください。あなたが⾔ったように、後で戻ってきますから。あなたが⼀⼈なので、私は部屋に⼊ることが出来ません」

幸いなことに、男はそう言って、⾜⾳は消えていきました。

アリアは息を潜めていた事に気づき、彼女は帝国に戻りたいと考えた。

 



 

  • ローハン

アースは⽇中に出かけた後、⽇没後に戻ってきた。

表情が暗かったので、上手くいかなかったのでしょう。

けれど、彼はすぐに気を取り直し、沈んだ表情を見せないようにして、アリアと夕食に出かけた。

「どうでしょうか?お口に合いますか?」

「ええ。とても美味しいです」

「クロア王国を訪れる時は、必ず寄っていますから」

「じゃあ、私もそうしないとですね」

誰もいないレストランには、アースとアリアの⾔葉だけが聞こえた。

のんびりと⼣⾷をとるのはこれが最後だと考えると、アリアは少し残念に思う。

もはや都市に⽴ち寄る必要がなかったので、この後は⾸都に直⾏するつもりだ。

すぐに首都に到着するでしょう。

したがって、彼⼥がアースと⼀緒にいる時間はもうありません。

彼もそれは同じ考えのように見えます。

しかしそのタイミングで、邪魔者が入りました。

「アース」

「・・・ローハン?」

「なぜ最初に私に会いに来なかったのですか?」

見知らぬ人物の登場に、アリアは困惑した表情でアースを見つめる。

しかし、アースも困惑の表情を浮かべていた。

「ロースチェント・アリアはあなたが⼣⽅に戻ってくると⾔ったので、あなたに会いにきました」

アリアは目の前の人物が誰なのか、ようやく気づきました。

彼は、朝に訪ねてきた人物。

アースと知り合いのように見える彼は、許可を得ずに椅子に座りました。

「ロースチェント・アリアが私の話をしてくれていたら、こんな⾵にあなたを悩ませることはなかっただろう・・・」

不平を⾔っていたローハンは、⼀緒にいたアリアに視線を向ける。

「・・・」

すると彼は、突然黙りました。

その反応は、アリアにとって見慣れたもの。

「・・・単なる過度な噂だと思いましたが、そうではありませんでしたね」

彼ははっきりとアリアを上下に⾒た。

「あなたは私に、あなたの話をアースさんに話すように頼まなかったわ」

「・・・ええ、そうですね。私のせいです」

「・・・」

「なんて賢いのでしょう!あなたの名声は帝国を越え、クロア王国を興奮させました。神はとても不公平ですね」

そのまま彼は話を続けようとしますが、アースがそれを遮る。

「あなたの目的は何ですか?⼣⾷を中断する価値が?」

「いいえ、何もありません。あなたがクロアに来たので、顔を見せに来ただけです」

「それだけ?」

「ええ。この忙しい時期にクロアに来た目的は何だろうと思って」

アースはまだ疑いの眼差しを向けています。

「後でレインを向かわせます」

「今教えてくれませんか?」

「断ります。目障りなので、すぐにここから出てください」

警告すると、ローハンはようやく立ち上がり、肩をすくめた。

「そうですね。会う機会はたくさんあります。必然的に」

そう⾔ったローハンは、上半⾝をアリアに向けて、別れを告げる。

アリアが頭を下げようとした瞬間・・・。

「・・・!」

「ローハン!」

気が付く前にアリアの⼿を奪った男は、⼿の甲にキスをして逃げた。

「⼤丈夫ですか、アリアお嬢様?」

「・・・え、ええ」

アースは彼女の手を取り、額に皺を寄せる。

「怪我をしていますね」

彼はそう言って、ローハンがキスをした場所を、ハンカチで拭き取った。

不思議なことに、アリアの⼿の甲の不快感は少し消えていた。

「・・・休憩したほうがいい。彼を近づけませんので、⼼配しないでください」

「・・・分かりました」

「朝⾷後すぐに出発しましょう。私の能⼒で帝国にたどり着くのは難しいので、しばらくは馬車に乗らなければいけませんが」

アリアはアースの説明にうなずいた。

ついに休暇を終えて、邪悪な⼥性を罰する時が来ました。

 



 

  • ミエールの困惑

「・・・ええと、彼⼥はどこに消えたの?」

アリアとアースが幻想のように消えた後、⼀⼈残されたミエールは困惑していた。

皇太子は何処から現れましたか?

震える手には、アリアが身につけていたブレスレットが。

「夢ではない・・・。じゃあ、彼⼥はどこに消えたの?」

「どうしましたか、お嬢様!?」

ミエールの叫び声を聞いた⼈々が集まり、彼らはひどく⻘ざめ、⽬の前の恐ろしい光景に向かって叫んだ。

「きゃあぁぁぁぁぁぁ!」

「ああ、なんてことでしょう!」

「・・・伯爵!」

「すぐに医者に連絡してください!」

彼らがミエールを⾒つける前に、最初に伯爵を⾒つけました。

ミエールは気を取り直して、壊れたブレスレットを⼿に持って、災害の原因を宣⾔する。

「・・・お姉様が!お姉様がしました!彼⼥は突然、お父様を押して・・・、そして逃げました!」

青褪めた表情で泣いたミエールに、様々な反応が。

「まさか!アリアお嬢様が・・・?」

「彼⼥はどこへ逃げたのですか?彼女を早く見つけて捕まえないと!」

躊躇していた屋敷の使⽤⼈やメイドたちとは対照的に、ゲストは血走った⽬で声を上げ、ミエールはゲストの反応に⾸を横に振った。

「・・・私は何も出来ませんでした。ぐすん・・・」

使⽤⼈とメイドの顔には不信感が。

しかし、すべてが真実であるとは⾔えなかったので、彼らはそれを⼝に出すことは出来ません。

この状況に気づいて、ミエールは証⼈を作り始めた。

「メディアンお嬢様とウェンディお嬢様は⾒ませんでしたか?あなたたちは何か見たように思えます」

表情はとても悲しそうに⾒えたが、ミエールは恐ろしい目で⼆⼈の⼥性を指さした。

指摘された⼆⼈の⼥性は、下級貴族の出⾝。

無⼒な家系の⼥性であり、この状況では選択肢は一つしかありません。

「・・・二人は何か見ましたよね?」

 



 

ローハンはクロア王国の皇太子?

漫画の扉絵に出ていた男性でしょうか?

ついに帰国するアリア一行。

彼らとミエールの対決はどうなるのでしょうか?

アリアのブレスレットがどう影響するのでしょうか・・・。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【108話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は108話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...