悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【106話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は106話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

106話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【105話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は105話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • クロア王国

アースが計画したように、二人はいくつかの都市を通ってクロア王国に順調に到達することが出来た。

⾺⾞は国境に到着すると徐々に減速し、すぐに停⽌する。

「おうし座21番星」

外からレインの声が。

それは、二人に出てきて欲しいという合図。

皇太⼦の⾺⾞でしたが、公式訪問ではなかったため、以前とは異なり、正式な⼿続きを経なければなりません。

「私たちは外出する必要があります」

事前に訪問を知らせる使者を送っていたので、幸運にも、彼らは何も準備する必要はありませんでした。

顔を⾒せて、皇太⼦であることを証明し、そして署名するだけで⼗分なのです。

「何故か、外が騒がしく聞こえますね」

アースと⼀緒に出かけようとしていたアリアは、外の声に反応した。

アースは彼女の疑問に答える。

「たぶん、私たちの馬車のせいでしょう」

⾺⾞が列に並ぶことなく検問所の前で⽌まったので、⾺⾞が何であるか疑問に思ったに違いありません。

どんな偉⼈が乗っているのだろうか?

帝国の紋章が刻印されていたら頭を下げていたでしょうが、現在の⾺⾞には特別な紋章がなく、⼈々の好奇⼼は⾼まりました。

「アリアお嬢様、⼿を貸してください」

アースが伸ばした⼿を握って、アリアはゆっくりと出て⾏った。

人々の⽬は大きく広がり、息を飲み込む。

「あの美しい⼥性はいったい誰?」

いつもより⾒事に装飾されたアリアの姿は、人々の注⽬を集めるのに⼗分でした。

「クロア王国へようこそ。フランツ・アステロープ殿下」

そして、アースの正体が判明すると、ざわついていた群衆の表情が固まった。

「皇太子様!?」

⾒守っていた群衆は、⿐が地⾯に着くところまで、頭を下げる。

「このように私を歓迎していただき、ありがとうございます」

アースはすぐに彼の名前を書き留め、そして、今度はアリアの番でした。

「あなたはロースチェント家のアリア夫⼈ですか?」

「ロースチェント家のアリア夫人?」

アリアの名前は、帝国の助けを借りてすでに広まっていた。

投資家Aは美しい貴婦⼈だと⾔われていましたが、彼⼥の美しさが圧倒的で表現できないことに感動する。

検問官も同様で、アリアに美しさに目を奪われていた。

「どこにサインすればいいですか?」

「・・・はい、こちらです!」

アリアが微笑んで彼を⽬覚めさせた時、自身の無礼に気づいた男は再びお辞儀をし、アリアに⽂書を提⽰しました。

優雅に自分の名前を記⼊したアリアは、⽂書を返しました。

「宿の準備が出来ていますので、快適な滞在をしていただける事を願っています」

検問官はそう言って頭を下げた。

混乱のおかげで、帝国の噂がクロア王国全体に広まりました。

 



 

  • クロア王国の人々

「・・・外出することが出来ませんね」

貴族だけの贅沢な宿泊施設でしたが、⼈ごみで外は騒がしかった。

彼らのほとんどは、⼀度でもアリアを⽬にしたいと思っていた庶⺠。

帝国の⼈々は、アカデミーに出席するか、邸宅を直接訪問することによってアリアに会う機会がありました。

しかし、クロア王国の⼈々はそうではありませんん。

アリアは窓越しに⾒える光景に⾸を横に振ると、読んでいた書類を置いて笑った。

「それはあなたがとても素晴らしいからです」

「・・・あなたにそう言われたら、何も言い返せないですね」

「私たちは⻑い間⾸都を離れたことを証明したので、午後に最初の馬車を送ります」

「私たちはどうしましょうか?」

「明⽇出発するのはどうですか?今日は仕事があるので、しばらく外出する必要がありますので」

「仕事?」

(クロア王国での仕事かしら?)

イシース公女の対策の準備と考えて、アリアはそれ以上尋ねることなく、うなずいた。

「クロア王国には、腕のいい料理⼈がいます。コース料理が美味しかったのを覚えています。⼣⽅に⼀緒に食べませんか?」

「はい、楽しみにしています」

アリアはにっこりと答え、それと同時に、レインがドアをノックした。

「アースさん、彼の場所が判明しました」

砂時計の箱をしばらく⾒たアースは、⿊いマントを着る。

「時間が来たようです。数分後に戻ってきますので、しばらくお待ちください」

⾔葉を残したアースは、急いで部屋から出ていった。

何もすることがなかったアリアは、本を取りました。

 



 

  • 見知らぬ男

本をめくって時間を過ごしている間、誰かがドアをノックする。

(もう戻ってきたの?早すぎない?)

アリアが黙っていると、ドアをノックした相手の声が。

予想通り、その声はアースではありませんでした。

「アース、私です」

むしろ、彼はアースを探していました。

⾒知らぬ男の声に、アリアは体をすくめた。

「どうして答えないのですか?私です」

アリアは砂時計の箱を⼿に取り、いつでも時間を戻す準備が出来ました。

準備が出来たアリアは、訪問者にアースがいないことを知らせた。

「彼は先ほど出て行きました。ですから、しばらく後に来てください」

「・・・なぜ?私に会うのが最初ではないのですか?」

非常に奇妙な反応に、彼らはすれ違っているのではないかと考えた。

「約束をしたのはあなたですか?」

「いいえ、違います」

このような時、嘘をつくのが普通です。

彼はとても正直な⼈でした。

「じゃあ、後で戻ってきて下さい」

「・・・あれだけ協⼒してきたのに、・・・残念ですね」

彼の不平は、アリアの緊張を少し和らげた。

しばらくの間、彼はアースの悪⼝を呟き、突然の質問をしました。

「ちなみに、あなたは噂のロースチェント・アリアですか?朴念仁のアースが魅了された⼥性?」

失礼な質問でしたが、指摘出来ません。

「・・・では、あなたは誰ですか?」

「顔を⾒せてくれたらお知らせします。あなたは誰もが⼀⽬であなたを愛してくれる美しい⼥性だと聞きましたから、私は興味があります」

「いいえ、私はそれほど興味がありません。お引き取りをお願いします」

「はは。なんて⾯⽩いお嬢さんだ」

 



 

ついにクロア王国に到着したアリアたち!

アースの用事とは?

そして、ノックをする謎の男性の正体は?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【107話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は107話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...