悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【103話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は103話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

103話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【102話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は102話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 宿泊施設へ

「代償を払わなければならないと⾔うべきではありませんでしたね。ずっと前に⾃分の限界に気づいたので、それ以来、⾃分の⼒を使って倒れたこと⼀度もないので、あまり⼼配しないでください」

「でも・・・」

これまでの距離を考えると、気づかずに限界を超えてしまう可能性があるかもしれない。

アースはアリアの⼿をそっと握った。

「さらに、私は半神と呼ばれた最初の皇帝の⾎の⼦孫です。代々受け継がれてきた王室の⾎を引き継がず、外から連れ去られた者が大きな代償を払うという古⽂書を⾒てきました・・・。私はそれほど害を受けることはないので」

⼒を使って⼀⽇中眠らなければならなかったアリアとは異なり、アースは元気でした。

「・・・分かりました。けれど、無茶はしないで下さい」

アリアの⼼配する気持ちを理解して、アースは彼⼥の⼿の甲に優しくキスし、そうすることを約束した。

「あなたの⾔葉を考慮に⼊れます」

彼女は⼼配事から解放された。

「でも、今⽇は⼤丈夫なので、先に進みましょう。快適な⾺⾞を⼿に⼊れたら、馬車に乗って移動します」

「分かりました。あっ!それは自分で持ちますね」

アースの手にある砂時計の箱を取り戻した後、彼は力を使った。

視⼒の突然の変化は、もはやアリアにとって驚くべきことではありません。

アースは準備していた⿊いマントを彼⼥に⼿渡した。

「今のところは、このマントを着⽤してください。最初に服を購⼊して着替える必要がありますね」

その後、アリアは⾐料品店に⼊った。

シンプルなドレスを購⼊し、すぐに着替えた。

「・・・あなたの髪をすべて隠したい。顔も覆ったほうがいいと思います・・・」

アースは、シンプルなドレスに着替えても消せないアリアの美しさを隠したいと思ったようだ。

微笑んで⼼配事を和らげるように頼んでみる。

「髪を結ぶべきですか?」

「いいえ、それで解決するとは思いません」

「帽⼦をかぶって欲しいと?」

「いいえ。・・・人気のない場所に⾏きたいのです」

「人気のない場所?」

アリアが不思議に思って尋ねると、アースはうなずいて答えた。

「はい、宿泊施設を利⽤したほうがいいです」

「・・・はい?」

 



 

  • 休暇

思いがけない答えに驚いたアリアは、⼀歩下がって⾜⾸を捻挫し、アースは急いで彼⼥を⽀えた。

聞き間違いかどうか、もう一度尋ねてみる。

「・・・どこへ?」

「私たちが⼀⼈でいることが出来る宿泊施設です」

「・・・」

(何て勘違いを・・・)

アリアの顔が青褪めているのを見て、アースは彼⼥が誤解したかもしれない「宿
泊施設」の意味に気づいた。

「えっと・・・、あなたがこんなに⼤胆な⼥性だとは知りませんでした・・・」

「違います!」

真っ⾚な顔で声を上げ、アリアの⾏動がとても可愛いと思い、アースは⼤声で笑った。

アリアの不必要な⼼配とは異なり、2つの宿泊施設が取れた。

2つの部屋があるにもかかわらず、アースとアリアは彼らの部屋に留まりませんでした。

「久しぶりに休暇が取れたので、どうしましょうか?」

アリアが本を読んでいる時に、アースが尋ねた。

「休暇・・・」

彼⼥はこれまでの忙しい⽇々を楽しんでいました。

「えっと・・・、それについて考えたことがありません」

「うーん・・・、なるほど」

アリアの答えは、アースに少し同情的な感情を与える。

「アースさんはどうですか?」

「私ですか?」

「はい。どのように休暇を過ごしたいですか?」

「実は、誰にも邪魔されることなく、あなたと⼀緒に街を歩きたいです」

「街を?」

(そんな些細な事がしたいの?)

目を大きく開いた。

「はい、あなたはとても有名なので、⾸都では不可能だと思うので」

「それは本当の事ですが・・・」

アリアが皇太⼦よりも有名だったのは⽪⾁なことでしたが、それは仕方のない事でした。

「それなら、行きましょう」

やりたいことが決まったらすぐに、アースはアリアを誘った。

彼⼥は庶⺠が着ているシンプルなドレスを着ていたので、それを拒否する理由
はありません。

ただの散歩ですから。

「じゃあ、しばらく出かけましょうか」

「ありがとう、アリア夫⼈。 申し訳ありませんが、フードで⾝を隠していただきたいと思います」

「はい」

アリアは明るい笑顔で微笑んだ。

それはアースが望んでいたことだったので、彼⼥は喜んで受け入れました。

 



 

  • デート

宿屋から出てきたアリアは⽬を輝かせ始めた。

庶民だった頃を、少しずつ思い出すから。

「ああ、アースさん!あれを⾒てください!」

アリアの視線の先には、⼿品で⼈々を魅了した男が。

誰よりも散歩を楽しんでいたアリアが、すべての露店を⾒て、通りを飾っていたとき、アースは満⾜そうに微笑んで、優しく⼿を握った。

「あなたは迷⼦のように⾒えますから」

その時、アリアは自分がどれほど興奮しているかに気づき、顔を⾚らめ、アースの視線を避けました。

「あっ、すみません・・・。私はこれまで、このように出かけたことがありません」

「伯爵家に⼊る前のことですか?」

アリアがまだ庶⺠だった時期についての質問でした。

ゆっくりと⼝を開く。

「当時・・・私たちは貧しくて外出できませんでした。可愛くて美味しいものがたくさんあったので、いつも買いたかったです。それに、⼩さな⼥の⼦が⼀⼈で混雑した場所に⾏くのは危険でした」

売春婦は貴族だけでなく庶⺠にも恥をかかせていたので、いたずら好きな男性から厳しい⾔葉を⾔われることが多かった。

それが原因で、彼女は外出する事に消極的でした。

アリアの顔が再び暗くなり始めたので、アースは話題を変えました。

 



 

アースとアリアでは力の代償が違うようですね・・・。

皆さんならどっちが良いでしょうか?

アリアの勘違いで顔を赤らめるシーンは可愛いですね^ ^

アースも更に惚れたのではないでしょうか?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【102話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は102話をまとめま...
悪女は砂時計をひっくり返す【104話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は104話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...