悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【102話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は102話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

102話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【101話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は101話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 首都の状況

室内庭園には、何故かアースが既にいました。

(彼も眠れないのかしら?)

彼の手には、多くの論文が。

アースは顔を赤らめながら、アリアの元に歩いてきます。

彼女はシンプルなドレスと、⼀着の上着だけの姿だったから。

「アリアお嬢様、ここはどうですか?」

「ロースチェント邸宅よりずっと快適です。けれど、少し眠れなくて散歩に」

⼩さなお城でしたが、城内は清潔でベッドもフカフカ。

その上、安⼼できる⼈と⼀緒にいるのだから。

アースの⼿がアリアの頬に触れる。

夜の空気で冷たくなった⼿は心地よかった。

「・・・それでも、⾃分の部屋に戻った方がいい思います。夜は危険ですので」

彼が⾔及している危険は外ではなく、彼⾃⾝であると知っていたにもかかわらず、もう少しアースと話したいので、アリアは気づいていないふりをして答える。

「どうして?アースさんが一緒にいるじゃないですか?」

「・・・」

純粋な答えで返した言葉に、アースは何も言い返せなかった。

深いため息をつきながら、アースは書類を片付ける。

「それでもです」

彼はアリアを部屋に送り返すことを諦めていません。

笑顔でうなずく。

「ところで、夜遅くに何をしているのですか?・・・私に関係が?」

「ええと・・・はい。明⽇の朝お話しするつもりでしたが、今お話しした方がいいですね」

「何が起きましたか?」

「はい。⾸都に⾏って状況を調べましたが、ロースチェント家が警備兵に苦情を申し⽴てたと聞きました」

「・・・」

アリアの予想以上に、状況は迅速だった。

もしアースがあの場所に現れなかったら、彼女は証拠なしに捕まっていたでしょう。

「幸いなことに、彼らはあなたがまだ⾸都にいると思っています。噂はまだ広がっていません」

「・・・その言い方だと、今のところ私は犯罪者として見られているのですね」

「今のところは。ですから、確実に国境を越えて急ぐ必要があります」

証拠はすでに作成されていますが、証拠をより明確にする⽅が良い。

又、国内よりも国外の⽅が遥かに良かった。

(アースさんには権力があるから、難しい事ではないはず)

アリアがそう思ってリラックスしようとしたとき、彼女は突然何かを思い出した。

「・・・!」

(彼は何回、⼒を使いましたか?私が砂時計を使⽤した後、⼀⽇中眠らなければいけないのに)

アリアは⼼配になり、アースにこう尋ねました。

「⼤丈夫ですか?何回あなたの⼒を使いましたか・・・?」

「この距離なら問題ありません。それほど遠くはありませんので」

「それを聞けて、ホッとしましたが・・・」

1⽇1回しか力を使えないアリアとは異なり、アースは⾃分で力をコントロール出来るようです。

それでも、⼼配していたのは事実だったので、アースの⼿を握る。

「アースさんも出来る早く寝て下さい。明日も朝は早いと思いますので」

「・・・そうですね」

アースが書類を全てチェックし終わった後、アリアはようやく部屋に戻った。

 



 

  • ふざけた公式文書

アリアとアースが早朝に出発した後、誰かが⼦爵の部屋のドアをノックした。

彼の忠実な騎⼠の⼀⼈が中に⼊って⼤騒ぎする。

「⼦爵様!聞きましたか?帝国の星と呼ばれたロースチェント家のアリア夫⼈が、昨夜伯爵を殺した話を!」

騎⼠の⼝からの衝撃的なニュースは、彼を⾮常に驚かせた。

「はぁ?昨夜?あなたは何について話していますか?ロースチェント・アリア夫人が昨夜ここにいたことをご存知でしょう!」

「え・・・?皇太⼦様と⼀緒に来た美しい⼥性ですか?」

「ええ!私は⾃分の⽬ではっきりと⾒ました!」

⼦爵は、ロースチェント・アリアによって署名された本を⾒ている。

「もしそうなら・・・変な話です。⾸都で犯罪を犯した後、こんなに遠くまで旅⾏することは出来ませんよね?」

「どんな噂が流れているのですか?」

「⾸都から直接⽂書を受け取りました。これを⾒てください!」

騎⼠はその⽂書を⼦爵に⼿渡した。

⼦爵はそれを信じられないように、何度も何度も⾒ました。

「何だ・・、この馬鹿げた内容は・・・」

印鑑も押された公式⽂書。

その後すぐに、⼦爵は⽂書をくしゃくしゃにしてゴミ箱に⼊れました。

「こんな無駄なことに気を配らず、仕事をしましょう」

「かしこまりました」

その後、何も起こらなかったかのように彼らは通常の生活に戻りました。

 



 

  • 証拠用の馬車

二人が最初の痕跡を残して子爵の領⼟を去ったとき、アリアはアースが能⼒を使うのではないかと⼼配しましたが、幸いにも彼は力を使いませんでした。

⼦爵の城の前で⾺⾞が待っていたからです。

アースがもう⼒を使わないことを望んでいたアリアは、ホッとした後、思いがけない人物に驚いた。

「おはようございます。アステロープ皇子、ロースチェント家のアリア夫人。次の都市に向けて出発しますか?」

それはレインに他なりません。

アリアとアースに挨拶した時、彼はどういうわけか疲れているように⾒えました。

さらに、アースの騎⼠であるソークがレインの隣に。

・・・おそらく、彼らは⾸都から⼀晩中⾛って来たのでしょう。

「・・・アースさん」

アリアは彼の名前を呼び、「⼀体これは何ですか?」と尋ねました。

「私たちが動いているという証拠を残すためです」

何を意味するのか理解していなかったが、アリアは彼が準備した馬車に乗った。

⼦爵と領土の⼈々が⼤きなお辞儀をする場所を去るとすぐに、再びアースに尋ねました。

「証拠を残すとはどういう意味ですか?そして使⽤⼈のいない⾺⾞・・・」

「この馬車は言葉通り、証拠のためです。私たちが国境を越えて出て⾏くときの証拠です。だから使用人がいません。必要もありませんしね」

(つまり、彼の力を使って移動するという事?アースさんは大丈夫なの?)

昨夜アースは⼤丈夫だと⾔ったが、アリアは砂時計を使うたびに代償を払わなければならないことを知っていたので⼼配し続けた。

アリアの表情が⾮常に暗くなったとき、彼は⼤丈夫だと付け加えました。

 



 

念には念を。

アースの証拠作成は徹底していますね。

このまま順調に進めば、アリアの疑惑も晴れそうですが・・・。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【103話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は103話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...