帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【326話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は326をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

326話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【325話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は325話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • エピローグ②

⼤陸の最北端は猛烈な寒さで荒廃しましたが、最南端はひんやりと無関⼼な地獄のような場所でした。

この不⽑の砂漠の中では、何百年も⾬が降っていません。

それでも、何らかの理由で、この場所は緑の砂の海と呼ばれていました。

それは正気の⼈間が冒険することのない場所であり、⼈間もモンスターも住むことができない物理的な現れ。

しかし、この地獄の⾵景を横切る⼀⼈の男がいました。

時々、無知な探検家は地獄の景⾊を横切るように⾃分⾃⾝に挑戦します。

もちろん、彼らは何ヶ⽉にもわたる徹底的な準備と数⼗頭のラクダの利⽤の後にのみ離陸しました。

しかし、彼は違います。

彼は⿊いフルドレスのユニフォームを着て、明⽩な物資なしで砂漠を歩いていました。

彼は⾮常に無謀に⾒えたが、これ以上の準備はできなかった。

彼の服には体温を調節する機能があり、極度の暑さに耐えることができます。

また、⼤量の⾷料やキャンプ⽤品を収納できる⽴体的なポケットがありました。

男、デジール・アルマンは、⽬的もなく散歩していません。

「記録によると、それはこのあたりにあるに違いない・・・」

【広がる⾵】

⽬の前に⻘みがかったマナが散らばり、集まる。

「ああ、ありました」

⻑い時間がかかりましたが、彼はついに広⼤な砂漠の中に隠されたものを⾒つけました。

それはオアシスでも、珍しい⽣き物でも、何年も前に埋められた貴重な宝物でもありません。

シャドウワールドをクリアしようとして失敗した結果、より具体的には、失敗が残し
た侵⾷の結果。

「・・・サイズに基づいて、それはレベル2のシャドウワールドでなければなりません」

デジールが⼊ると、⽇光は消えた。

感覚を失った後、暗闇だけがありました。

無。

彼は以前にこのような光景を⾒たことを思い出す。

ディバイドに戻ると、スカルマスクは、空間の断⽚しか存在しなかった世界の境界が確⽴される前に、彼をシャドウワールドに引きずり込みました。

損傷したアルテミスシステムによって世界は真の意味で侵⾷され、破壊されていました。

到着し、今や世界の範囲内に閉じ込められたデジールは、彼の前に腕を伸す。

不吉な⾚みがかったマナが彼から⾶び出しましたが、通常魔法の呪⽂に関連する澄んだ⻘いマナではありません。

マナの量は数倍に増加し、それが四⽅⼋⽅に広がるにつれてすぐに津波を形成し、暗い空間の無限の広がりを埋めようとした。

「・・・これが起こるとは思っていなかった」

コントロールするために彼のマナサークルをドラゴンハートと同化させた。

ドラゴンのハートが壊れたマナサークルに取って代わったとき、それは彼の体の⼀部になったのです。

⼼臓が制御不能になることを期待していましたが、代わりに彼はほぼ無制限の量のマナを残されていました。

無数の光の粒⼦が浮かび、⾚みを帯びたマナと反応する。

それらは、このシャドウワールドを構成する要素の断⽚。

王国はこれの結晶化された形を得るためにシャドウワールドをクリアすることを争うでしょう。

散らばったマナが⼀気に動くと、⼤きな振動が。

その後、⽩い光が⾚いマナと完全に混ざり始める。

これは、ドラゴンの⼼臓に同化した後、デジールが受け取った2番⽬の⼒。

彼はアルテミスシステムを制御することができました。

 



 

『お詫びするのに⼗分ではありませんが・・・』

デジールは、失神する前に聞いたかすかな声を簡単に思い出した。

それは、この壊れて粉々になった世界を諦めて、新たに始めたいと思った誰かの声。

かれはプリシラの理想主義を否定した。

彼らが戦ったとき、彼⼥は決して諦めませんでした。

彼⼥は、それが実りのない努⼒であったとしても、世界は根本的に壊れており、修正する必要があると本当に信じていました。

しかし今、Desirは最終的に何が起こったのかを推測することしかできませんでした。

「彼⼥は⼈類の可能性を信じましたか?」

マナの激しい流れが暗い霧の端をすくい取り、それを分離して空中に溶かしていく。

世界は⾃分⾃⾝を回復し始めました。

「完了しました」

⻘い波が世界を満たす。

暗い霧が完全に消えた後、エメラルド⾊の砂が海そのものと同じ⼤きさのサファイア湖を囲みました。

デジールは、世界を元の形に戻すことを決意した。

もし彼が侵略された⼟地を⼀つずつ復元し続けるなら、多分いつの⽇か⾃然は以前のように⾒えるでしょう。

それは明らかに簡単ではありません。

⼤陸の半分は、陰の侵⾷によって主張されていたのだから。

どれくらいの時間がかかるか誰も知りませんでしたが、それはデジールにとって重要なことではありません。

「世界にはあと何か所ありますか?」

アラーム音が鳴り、彼はアゼストの戴冠式に急いで向かう。

「私は⼿遅れではありませんか?」

 



 

「ブリジット教授はどうですか?」

「教育省に関する限り、⼼配することは何もありません。それは彼⼥に合っているようです。彼⼥は教授だったときよりもさらに⼀⽣懸命働いています」

レオンハルト宮殿の後ろの庭。

アゼストとデジールが会話をしている。

ジョードの死後、デジールは魔塔主になった。

彼の役割は⼤陸周辺のすべての⽀部を監督すること。

「デジール、あなたは奨学基⾦を設⽴したと聞きました。あなたは決して変わらない」

「それが今年の私の⽬標でしたが、あなたが思っているほど無私ではありません。⼈類の未来に投資しているだけです」

魔塔は、彼らの未請求の予算が⼩さな国のそれに匹敵するほど⼗分な利益を上げ、デジールはそのかなりの部分を教育システムに「投資」するという評判を得ていました。

ヘブリオン帝国のシステムがそのような成功を収めた後、他の国々はそれに気づき、それに続いた。

その結果、帝国内だけでなく、⼤陸全体に最先端の施設を備えたアカデミーが。

もう少し時間があれば、それを望んでいた⼈は誰でも無料の教育を受けることができます。

デジールは、プリシラの世界のように⼀次元的な⽅法ではなく、彼の理想を実現することに成功しました。

そしてすぐに、他の⼈々も同じことを始めることができました。

「それでも残念だと思います。欲張りすぎなのでしょうか・・・」

「欲張り?」

「アゼスト、私はあなたを失いたくない」

「え?」

(最初はこんな感じになるとは思っていませんでした)

調整者。

シャドウラビリンスでは、アゼストの名前は伝説であると同時に⼈類への最後の希望の光でもありました。

彼⼥は、彼らが可能だと思った最悪の⼤惨事に直⾯して分裂し崩壊した⼈類を結集させた司令官でした。

彼⼥の⼒がなければ、彼らはシャドウラビリンスの最深部に到達することはなかったでしょう。

彼⼥はヒロインとしてみんなに賞賛された⼥性でした。

しかし⽪⾁なことに、彼⼥はいつも⼀⼈でした。

彼⼥は誰にも近づいたことはなく、感情を⾃由に⾒せることもありませんでした。

彼⼥は後悔の気持ちを抑え、世界の状態に興奮することなく指揮を続けました。

10年間の致命的な戦闘がようやく収まり、世界の最後の6⼈の英雄は、彼らが本当にリラックスできると信じていた後でも、彼⼥は微笑みませんでした。

彼⼥が知っていたのは、死にゆく悲鳴に満ちた⼈⽣だけ。

デジールは⽚⽅の膝をひざまずき、拳を地⾯に置き、恥ずかしそうに頭を下げる。

「私はあまりにも思いやりがありませんでした。憐れんでください、皇后」

アゼストはニヤリと笑い、⼀緒に遊ぶことに。

「まあ、私はあなたの罪を赦します。代わりに、あらゆる場所の市⺠の利益のために、帝国に専念してください」

かなり離れたところから⼤きな⾳が聞こえ、帝国の新皇后を祝うお祭りが本格化したことを証明する。

⼆⼈は話すのをやめ、空に向かって⼀瞥し、花⽕⼤会を楽しみました。

「デジール、私たちが最初に会ったときのことを覚えています」

「あなたは私が弱いと⾔ったでしょう?」

「⼼配だったのでアドバイスをしました。しかし、それは私の傲慢さと偏⾒に過ぎなかったことがわかりました」

⼆⼈とも昔を振り返りながら話し続けた。

振り返ってみると、ひとつひとつ忘れられない思い出。

アゼストの現在の⽣活は、彼⼥の前の⽣活とは完全に異なっていました。

この世界では、彼⼥はもはや⼀⼈ではありません。

彼⼥は真剣に話すことができる⼈々に囲まれていました。

彼⼥はそうする理由に⾃分⾃⾝を開いて喜んでいたので、彼⼥は微笑むことができました。

彼⼥は⽣きるためだけに⾃分の気持ちを隠す必要はありません。

それで⼗分でした。

他のすべてが失敗したとしても、その笑顔は、デジールがこのポイントに到達するために経験したすべての努⼒と苦労の価値がありました。

(でもどうして・・・?)

⼼の隅が痛んだ。

(なぜ私はこのように感じるのですか?)

デジールは彼⾃⾝の感情に疑問を呈した。

「予⾔は確かに正確でした」

「え?」

「私が 『アゼスト』になれる理由はあなたのおかげです」

空は何万もの星で満ちていた。

⾵が吹くと、スズランが波のように⽻ばたきする。

「アゼスト、あなたが存在したので、私は存在しました」

欲求不満で倒れそうになるたびに、彼⼥は自分のそばにいました。

世界が平和になった今、テロ組織や差し迫った黙⽰録がなかった今、デジールはついに⾃分⾃⾝を減速させて⼈間になることを許しました。

彼はついに⾃分⾃⾝を⾒て、彼の⼀部が⻑い間感じていたことに気づきました。

⼤気が穏やかに凍り始める。

スズランの静かな中⼼部に、輝く⽉明かりを映し出す氷の宮殿が建てられました。

「私はあなたのことを気にかけています、デジール・アルマン」

アゼストは顔を紅潮させて⼿を伸ばす。

「今、そして永遠に私と⼀緒にいたいですか?」

デジールは笑顔で慎重に⼿を取る。

彼⼥の⼿の甲は⽩く、柔らかく、とても暖かい。

「永遠に」

彼はそれにキスをした。

 



 

アゼストと結ばれてハッピーエンド!

これからもデジールのするべきことは多いですが、アゼストや仲間たちと一緒に乗り越えて欲しいですね。

 

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【オークの樹の下】まとめ こんにちは、ツバサです。 【オークの樹の下】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...