帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【324話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は324をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

324話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【323話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は323話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 歴史の崩壊②

重い轟⾳が広範囲に響き渡った。

プリシラは残りの⼒で因果関係を逆転させようとしたが、この差し迫った災害を⽌めることができる⾏動⽅針は存在しない。

どんな⽅法を使っても、彼⼥は運命の未来しか⾒ることができなかった。

「この種の結末のために、私はすべて・・・、それはすべて無意味でした」

プリシラは全てを諦める。

数え切れないほどの犠牲を犠牲にして彼⼥が救いたかった世界は、彼⼥がそれを修正するために使⽤したかった⼒によって破壊されてしまう。

彼⼥にできることは絶望に陥ることだけ。

その時、デジールがアルテミスシステムの電源に向かって歩き始める。

「は・・・」

プリシラは落胆して微笑んだ。

終わりまであきらめないデジールはらしいと言えるでしょう。

しかし、今は以前とは違っていました。

「それは無意味です。それは不可能です」

いくつかの激しい戦いのために、彼の体調は完璧にはほど遠いもの。

マナは完全に消耗していたので、サードサークルの呪⽂を唱えることさえできないかもしれません。

神話の領域に到達した彼の魔法でさえ、そのような卑猥な量のマナを相殺するには⼗分ではなかった。

呪⽂を逆算させるデジールの専⾨でさえ役に⽴たないでしょう。

差し迫った災害は、制御不能に渦巻く純粋なマナ。

アルテミスシステムの電源にひびが⼊り、崩壊の兆候が現れ始めた。

轟⾳とともに⼤量のマナが空に⾶び出し、周囲の歪みが急増し、解き放たれ始め、世界は不可能な⽅法でねじれ、曲がっていく。

すぐにこのマナはドレスデン全体をむさぼり⾷うでしょう。

そしてその後、全世界をむさぼり⾷うでしょう。

この都市が侵⾷に陥った場合、それは世界の破壊の始まりを告げるでしょう。

それは避けられない将来のプリシラの予⾒だが、デジールはゆるぎない流れに逆らって彼の道を強制し続けた。

「プリシラ、あなたは⾃分が間違っていたという証拠が欲しかったのです」

夜明けの光で空が明るくなると、デジールから鳴り響く感覚が発せられ始めた。

彼が持っていた少量のマナは、1つの呪⽂を唱えるのに⼗分ではなく、彼の前の真の津波に対抗して震え始める。

「私は今あなたにそれを証明します」

 



 

その瞬間、マナの津波は急上昇し続けたが、流れを遮断するために巨⼤な壁が⽣じたかのように、突然減速して停⽌する。

いいえ、停⽌したように⾒えただけ。

マナは電源から発芽し続けていたが、放出されたのと同じ速度で消散していたのだ。

噴出するのではなく、彼らが互いに衝突するようにそれらをねじって回し、彼らに彼らの暴⼒的なエネルギーを互いに分散させていた。

「いや、いや、それは不可能だ。どうやって?」

その光景を⽬撃したプリシラは、ぼんやりと彼を⾒ながらしか話すことができなかった。

特定のシステムに従って編成された魔法で使⽤されるマナとは異なり、デジールの前にあったのは純粋なマナ。

パターンや所定の形なしに不規則に作られたマナの流れ。

そのフローの加法数は有限でしたが、無限の数のパターンに収束する可能性がありました。

つまり、それを相殺するには、考えられるすべてのフローを計算する必要がある。

無限に近い数。

デジールの計算能⼒は驚異的であったとしても、彼がそのようなものを⼀瞬で計算することは不可能だ。

しかし、それが彼が事前に準備していたものであるならば・・・。

それが彼が⻑年計算していたものであるならば・・・、話は変わる。

⽬の前にある⾚い宝⽯を⾒て、デジールはかすかに微笑んだ。

スカルマスクを除いて、彼はおそらく目の前の「宝⽯」を認識することができる現代の唯⼀の⼈。

それはスカルマスクの計画の核⼼であり、プリシラの理想の中核。

最も重要なことは、それが彼が戻る前に世界の崩壊を引き起こしたもの。

「ドラゴンハート」

⼈類を破壊したいくつかの⽣き物の1つであるドラゴンの心臓。

何千年もの間、それを構築した⾻、⾁、マナは歪んで化⽯化しましたが、その強⼒なマナの源は保存されていた。

ドラゴンハートの⾏動はアルテミスシステムの範囲外。

もしそれがそうすることができたなら、古代⽂明は消えなかっただろう。

「このようにまた向き合うとは知らなかった」

デジールは激動のマナに⾜を踏み⼊れ続ける。

マナが彼の周りを落ち着かせたので、⼩さな道が建設された。

最後の⼀歩を踏み出したとき、彼の⽬の前で何かが点滅する。

それは彼の⼈⽣。

つまり、彼の現在の⽣活、彼が戻ってから⽣きてきたもの。

ロマンティカ・エル。

前世では、ロマンティカは彼⼥の最初の年の終わりに第3サークルに到達し、それ以上進歩しませんでした。

この⼈⽣で、彼⼥はアカデミーを卒業する前に第4サークルに到達し、呪⽂の配列なしで魔法を呼び出す⽅法を学びました。

プラム・シュナイダー。

彼はシャドウラビリンスで死ぬ直前にキングクラスにほとんど到達しませんでした。

今回、彼はそのような若い年齢で、そしてそのような魂を壊すような逆境なしですでにキングクラスに到達していました。

アゼスト・キングスクラウン。

彼⼥は10年早く氷の中⼼を知り、それを⼊⼿することができ、いくつかの新しい⽅法で彼⼥のイメージマジックを実現するための完璧なツールを彼⼥に与えました。

そしてジョード・エグザリオン

彼は、⼈類がこれまで不可能だと思っていた層である第8サークルに到達し、デジールにまったく新しい魔法のシステムを構築する機会を与えました。

彼らの運命についてのすべてが変わりました。

シャドウラビリンスは出現せず、世界は絶滅を避けた。

この世界は紛れもなく変化したのだ。

この世界はプリシラが必死に望んでいた証拠。

デジールはドラゴンハートを掴む。

この瞬間でも、そこから⼤量のマナが噴出していた。

現在、彼は放出されたマナの流れを制御し、相殺していましたが、それは⼀時的な⼿段にすぎない。

永遠にその状態に留めることはできないでしょう。

「私は世界を変えるためにたくさんのことをしました。不可能だとは思わなかった⼒で敵と戦い、今までにない場所に⾏きました。しかし、結局のところ、私の最後の戦いは結局あなたに反対することになると思います」

シャドウラビリンスの終わり。

彼は無数の英雄を犠牲にしてそれの終わりに達した。

 



 

「当時、私はそれを処理する⽅法がありませんでしたが・・・」

ドラゴンの⼼臓には、出現してから数え切れないほどの期間にわたって⼤量のマナが蓄積されている。

今でも、惑星全体を包むことができる⼗分なマナを物理的に相殺する⽅法はありませんでした。

他の誰にとっても、世界の破壊を⽌めることは不可能な仕事のように思えるかもしれません。

【サークルシンクロナイゼーション】

デジールは、黙示録の獣を倒すために開発した魔法を利⽤して、マナサークルをドラゴンハートと同化させた。

解放されたマナを制御して相殺することは、しばらくの間しか続かない⼀時的な措置でしかない。

結局、根本的な問題を解決するには、ドラゴンの⼼臓⾃体を制御する必要があります。

ドラゴンの⼼臓が伸びて清算し始めたとき、恐ろしい轟音がその地域を取り囲む。

それはどんどん⼤きくなり、空中で徐々に細かく砕けていった。

突然、彼らはカチッと⾳を⽴てて、1万を超える魔法の呪⽂の配列に変化する。

それは互いに重なり始め、デジールの体を掘り下げた。

ドラゴンの⼼臓は不安定だ。

それに合わせて⾃分のサークルを変更することは不可能です。

それを吸収するために、彼はドラゴンの⼼臓を変形させ、それを彼⾃⾝のマナサークルと吸収しなければならないでしょう。

「うーん・・・!」

ドラゴンの⼼臓がゆっくりとマナサークルと融合するにつれて、デジールの全⾝は引き裂かれ、急上昇するマナによって⼀緒に保持されるだけ。

激しい痛みの中で、彼は意識が失われているのを感じ始めた。

⻭を⾷いしばって、なんとかそれらを掴む。

ようやく彼らにふさわしい環境が整いました。

ある時点で、⾚マナも調和し始めました。

和⾳は⼤きくなり始め、すぐに⼭を揺るがす途⽅もない轟⾳になりました。

共振。

2つの異なるマナソースが互いに共鳴するにつれて、ディールはゆっくりとマナを回転させる。

体の中で不安定な動きをしていたドラゴンハートは、だんだんと安定した流れを⾒つけ始めた。

その瞬間、マナの流出の急激な減少を感じる。

今、ドラゴンの⼼臓は爆発するべきではありません。

今、シャドウラビリンスの終わりを悩ませていた運命は征服されていた。

「終わりです」

デジールは、ドラゴンの⼼臓が彼の体に完全に同化したことを感じることができた。

成功を認めた瞬間、彼の⾜は諦め、彼の体は崩壊した。

夜が明け、朝が訪れる。

それは彼が守った朝。

この景⾊をもう⼀度⾒ることができればと思った。

起き上がろうとしたが、指さえきちんと動かない。

「私は・・・、今⽇が私の最後の⽇になると思います」

これまで耐えてきたのは奇跡に他ならない。

ドラゴンハートをマナサークルに強制的に同化させることで、全⾝は完全に破壊した。

なんとか⽣き残ったとしても、魔術師としての彼の時代は終わったでしょう。

しかし、ほのかな笑顔がデジールの口元に浮かんでいる。

不思議なことに、彼の⼈⽣そのものに⻑引く愛着はありませんでした。

前世では⾒えなかった結末が⾒えたからかもしれません。

いいえ、多分それは彼がずっとこれのために準備されていたから。

みんなを救うために死にかけている世界のハッピーエンド。

デジールの⽬はゆっくりと閉じ、すぐに彼の視⼒は完全に真っ暗に。

「・・・私は・・・あなたを、・・・それは殺します・・・⼤丈夫デジール?」

⼩さな声が聞こえた。

「これは・・・⼗分に・・・お詫びします・・・私に約束する必要があります・・・しないでください・・・」

声をよく聞くことができなかった。

しかし、確かなことが1つだけ。

それは、声がひどく悲しかったこと。

 



 

まさかの死亡エンド?

最後の声も気になりますが、デジールの安否が気になります!

帰還者の魔法は特別です【325話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は325話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【オークの樹の下】まとめ こんにちは、ツバサです。 【オークの樹の下】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっておりま...